のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記III(6)~壁探訪6~
【2014/11/07 14:12】 海外旅行
【連合国博物館】
 観光地になっているチェックポイントチャーリーは壁崩壊後に建て直したレプリカです。んで本物が展示されているのが連合国博物館なのです。
 場所はここ。U3 Oskar-Helene-Heimからまっすぐ北に徒歩約10分。
徒歩10分位
 途中馬が躍動している像なんてのも有りますが、その内旧監視塔が見えて来たら到着。飛行機や車両も展示されてるけどそれよりも前に目につきます。
 この辺は壁の中だったのでこの監視塔も何処かから移築した物の様です。
旧監視塔が目印
 「連合国」の名の如くここは旧西ベルリンで、北から仏・英・米の3か国に統治されていた所です。しかも無料。
実は無料
 門の所に有る3か国のマークでもそれが判ります。
英・仏・米のマーク
 飛行機や車両のその先に…。
飛行機や車両も展示
 これが本物のチェックポイントチャーリーだ!!
これが本物だ!!
 レプリカに比べると結構長いですね。
レプリカよりも長い 
 比べてみると全然違うでしょ?
現在の様子
 中には入れない&ガラス張りで自分が写る為写真が撮り難いけど、中は案外フツーの事務所と言う感じ。
中には入れない
 この横に別館が在って中にもチェックポイントチャーリーが展示されています…表だけ。実は何回かVe.upを繰り返したそうで外に有るのが最終形態だとか。
 初期Ver.は案外カラフル…と思ったが、紫の部分は単なる支えで本物は白い部分ですね。
旧Ver.の一部
 裏に回ってもこれだけしか残っていません(笑)^^;
裏面はこれだけ^^;
 ここは壁その物よりも寧ろ戦後から壁建設前の方がメインの様で、ベルリン大空輸関連の展示が目立ってます。
ベルリン回廊
 ピストン輸送でどんどん運ぶよっ。
どんどん運ぶよっ
 ベルリン回廊が有って良かったねぇ~。
大空輸の図
 当然ソ連はこの大空輸が面白い訳も無く…連合国と冷戦の火花を散らすと。余談だけどワシはアメリカ仕様なのにハクトウワシでは無いのね。場所に配慮してイヌワシなんだろうな。
連合vsソ連の戯画
 この大空輸を記念して旧テンペルホーフ空港傍に飾られたモニュメント。今回空港共々行って来たので後日改めて紹介します。
記念モニュメント
 まあ連合国と言いつつ冷戦で一番目立っていたのはアメリカなので、実質米軍博物館みたいなもんで本館に飾られていた絵なんて、「米軍ヒャッハー!!」な印象を受ける物が多かった様な^^;
 これをソ連側に作らせたら逆に連合軍をコテンパンに貶した展示なのでは無いですかね ̄▽ ̄; 人間って「自分が正しい。あいつは間違ってる」と主張しがちだから…。(東側のDDR博物館は案外エンターテイメント性に富んでおり、「東の生活もそんなに酷くないよ」と言う感じですがね)
 でもただとは思えない位展示内容は充実しています。本館・別館合わせると1時間以上かかるのでは。
実際はアメリカの博物館だよな~
 この大空輸が終わっても米ソの冷戦状態は収まらず後の壁建設に繋がると。
 
 次回壁探訪最終回『涙の宮殿』。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1647-ab63eb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB