のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


今日は良い夫婦の日
【2014/11/22 08:05】 ハーロック@松本零士
 前日のカットに使う予定で描いてましたが、あちらはあちらで纏まった上に丁度良い機会なので…(笑)。ハロミメネタは自分の誕生日や結婚記念日に自給自足祝いとしてUPした事は有りますが、11月22日は未だやってなかった様な。
 とは言え今日いきなり思いついたん時間の都合につきラフ絵で御勘弁 ̄▽ ̄;

 元ネタは楓さんが誕生日祝いに贈ってくれた絵と話で、エメラルダス+ナノセイバーと言う彼女と私しか理解出来そうにない内容なんですけどね(笑)^^;
1Pで納めるの無理(笑)^^;
 要約しても意味不明かも知れないので元ネタ全文掲載。(許可済)

 『青い精霊』と呼ばれるとある惑星のみに群生する花が見頃を迎えたという情報を耳にし、
ハープを奏でながら花見酒と洒落込もうとミーメとともにその地へ降り立つハーロック。
 淡く青い光を放ちながら咲き乱れる花々で埋め尽くされた草原を酒瓶片手に進む二人。
 やがて小高い丘に差し掛かかり、より一層『青い精霊』が咲き誇るその頂きに辿り着くころ、
二人の前に小さな石碑とすぐそばに掲げられた十字架が現れた。
 それに『青い精霊』で作られた花輪とともに掛かっている弾痕だらけの帽子にハーロックが思わず亡き友の名を漏らす。

「トチロー・・・?・・・いや、違う。これは・・・」
「コレハ 誰カノ オ墓ミタイ。ホラ、ココニ 名前ガ刻マレテル。
 ・・・"深イ慈シミト優愛ニ溢レル暖カナココロヲ持チ、最高ノ技術ト精神ヲ兼ネ備エタ銃鍛冶師ノ娘、我ガ生涯ノ親友ニシテ最愛ナル恋人
『スロイ』、青キ精霊ノ加護ノモト、ココニ眠ル。我ガ命ト魂ニ懸ケ、ソノ眠リヲ生涯護リ抜クコトヲ ココニ誓ウ。-----Y・エメラルダス"
 ・・・エメラルダス? ドウシテ 彼女ノ名前ガ?」
「いや、これはあいつじゃない。偶然おなじ名前なんだろう。そうか、この墓に眠るのはトチローとおなじ銃職人の魂だったか」
「コノオ墓、トテモ綺麗ニシテアルワ。掛カッテル花モ マダ ソンナニ萎レテナイ。キット、コノ エメラルダス ガ 定期的ニ 手入レシテ
イルノネ。
 ソレニ・・・見テ、ココ。石碑ノトコロ、乾イテルケド涙ノ痕ガ残ッテル。ソレホド彼女ヲ愛シテイタノネ。彼女ヲ亡クシタ後モズット、
今モ変ワラズ愛シ続ケテ、揺ギナイ想イト一緒ニ・・・」
 
 そこへ一陣の風が吹き、千切れ舞い上げられた青い花びらが二人の視界を埋め尽くすように吹きすさぶ。
 そのなかに一瞬、弾痕だらけのつば広帽子を被った黒髪の眼鏡の少女の幻影が微笑み、吹き抜ける風にすぐに掻き消えた。

 ゆらゆら舞い落ちる『青い精霊』たちが織り成す幻想にしばし心を奪われ、やがてミーメは墓のそばにある岩に腰を降ろし、持ってきたハープを
静かに奏で始めた。

「鎮魂歌か?」
「エエ。スロイノ魂ガ、コレカラモズット安ラカデアルヨウニ」
「そうか。-----そうだな」

 小さく頷き、再び墓へと向き直る。先ほどの少女の幻影にどこか亡き友の面影を感じ、ミーメが奏でるレクイエムに耳を傾けながら、彼女の傍らで
ハーロックも見知らぬ少女の墓へ静かに黙祷を捧げた。

 …これだけの内容を1Pに収めるのは無理でした(笑)^^; 因みにナノセイバーの友希がエメラルダス化してますが、ビジュアル的にはOVAエメラルダスのバラルーダそっくりと言う ̄▽ ̄;
エメ友希
 なのでエメ友希とバラルーダの描き分けに困る(笑)^^;
そっくり(笑)
 因みに楓さんのオリジナル絵はこれ。初ハロミメだそうで御馳走様です>▽</
元ネタの方
 ついでに良い夫婦の日と言う事で大雑把に描いた絵^^; きちんと仕上げる暇が無かった為ラフでスマン ̄▽ ̄;
ついでに描いてみた

この記事に対するコメント

ひさしぶりにPinさんのハロミメ絵が見られてとても嬉しいです!!
笑顔でグラスを合わす姿がほほえましい♡
私も日付が変わる前にpixivに一枚upしたいです……増えろハロミメ人口!「ダイバー0」から「ニーベルング」まで、キャプテンに寄り添ってきたのはミーメという名の女性だ!!
【2014/11/22 16:44】 URL | ぽちゃ #- [ 編集]

ハロミメはらぶらぶに限る
 まさかあの話を漫画にしてくださるなんて、びっくり&嬉しさで小躍りしてしまいました。最後のスロイがとてもやさしげで、まさに私の考えてる彼女どおりです。
 私が思い描いていた小説の情景を見事に再現されてらっしゃる。流石Pinさん、ハロミメ愛に年季が入ってらっしゃるからこそ素晴らしい話にまとめられるんですね。本当にありがとうございます!ひゃっほぅい♪
 
 改めて自分のハロミメを見直すと、やはりPinさんが描かれたほうがハーロックが男前でかっこいいし、ミーメも可愛らしいです。
 最後の二人でワインを楽しむほんわか夫婦なハロミメ絵も可愛くて可愛くて。これは大事に保存しておかねば~(悦

 私はハーロック自身あまり視聴したことがない+男性キャラを描き慣れてないので、なるだけ原作に似せようと努力したものの、なんかこれじゃないハーロックに・・・。
 うーん、男前でニヒル?な松本キャラを描くのは難しい・・・もっと精進せねば・・・。

 今回はナノ+ハーロック(エメラルダス)でオリジナルキャラを加えて書きましたが、友希エメラルダスと本家ハーロック達はおなじ時間軸に存在してるものの、お互いが直接会うことはなく、でもこういった場面でふと見知らぬ相手の思いを馳せる・・・という感じで話を作りました。
 また折を見て、ハロミメもあわせていろいろ描いてみたいです。

 しかしこうして友希エメラルダスとバラルーダを並べると、やっぱりバラルーダが見た目そのまんまですよね。性格は違いますが(笑
【2014/11/22 23:27】 URL | 楓@若干回復 #fzXxwl2E [ 編集]

帰省移動時間大幅短縮!!
 3連休は帰省していた為レスが遅れてスイマセン^^; 出雲時代片道9~10時間(休憩込み高速無)かかっていたのが、1時間20分は劇的短縮ですよ!! 従来なら未だ帰り着いて無かったっすよ!!

>ぽちゃ様
 次元航海の感想書いてたら気づいたので急遽仕上げました^^; 腐な方々がトチハーだのヤマハーだの妄想を逞しくしてるんだから、自分ももっとハロミメ押ししても良いやんとは思うんですけどね(笑)(^^ゞ
 pixivの方にコメントしたので見てやって下さい。

>「ダイバー0」から「ニーベルング」まで、キャプテンに寄り添ってきたのはミーメという名の女性だ!!
 そうだそうだ!! マーヤに負けてたまるか!! ハロミメこそ究極の男女の在り方と信じて疑いません。


>楓さん
>ハロミメはらぶらぶに限る 
 究極の男女関係と確信しているからにはらぶらぶが根底に有るのは当然として、単なるカップルで済ませたくはないよな~と思いつつ、たまにはこう言う雰囲気なのも良いのでは無いかと。

>まさかあの話を漫画にしてくださるなんて
 サプライズで載せた方が良かったかな?(笑) 掲載許可は事後承諾で^^; 急に思いついて描いたからやっつけラフで申し訳無い^^; 全部描いたら5~6Pは必要な内容を1Pに収めるのは無理が有る(笑)。
 でも楓さんのイメージ通りに描けてる様だし喜んでくれてるから良いかな?(^^ゞ

>やはりPinさんが描かれたほうがハーロックが男前でかっこいいし、ミーメも可愛らしいです
 まあ年季入ってますからね(笑)。取り敢えず絵コンテの御礼の一部と思って受け取ってやって下され。

>ハーロック自身あまり視聴したことがない+男性キャラを描き慣れてない
 何事にせよ理解と愛と練習有るのみと思いますね。私も松本キャラを初めて描いた頃は人間描けなかったんで苦労したもんさ ̄▽ ̄; でも基本小説書きの楓さんの初描きとしては良く描けていると思いますよ。

>おなじ時間軸に存在してるものの、お互いが直接会うことはなく、でもこういった場面でふと見知らぬ相手の思いを馳せる
 これはこれで美味しい話が作れそうです。松本イズムに通じる所が有るし違和感無いかと。またハロミメ書いたら見せてね~自分も描くと思うから(笑)。

>やっぱりバラルーダが見た目そのまんまですよね
 友希の切れ長の目が松本ヒロインっぽいとは思ってたけど、まさか髪型や色までそっくりとは…(笑)。
【2014/11/24 19:11】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1655-74e6907e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB