のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記III(14)~グライスドライエック公園~
【2014/12/27 18:36】 海外旅行
【参考記事】
・暫定版
・ベルリン旅行記II(14)~続・アンハルター駅~
・ ベルリン旅行記II(15)~ドイツ技術博物館~

 では今回から正式に紹介して参りましょう…でもここと技術博物館で年越すのは確定だな^^;

 公園内をどんな風に移動したのか図解してみました。(注:西公園中心。)
こんな風に移動した
 アンハルター直行で隣の駅、Yorkstr.駅S2ホームから行くとこういう感じで公園に入る事になります。んで前回公園の出入り口の上を横切って行ってたのはU2ですな。
公園の中を走るU2
 因みに手前と奥は同じU2の線路です。この路線はGleisdreieck駅で曲がっているからこう見えるのです。
しかも曲がって行く
 暫定版で紹介した教会が見えますね。アメリカ教会(American Church in Berlin)と言うそうです。
ドイツなのにアメリカ教会
 頭上で電車が行き交うU2を眺めながら奥に入って行くと、何やら下の方で別の電車が頻繁に行き交う音がするので、手前の坂を登ったら…。
DBのトンネル
 お~DB(ドイツ鉄道)の南北トンネルの出入り口なのか~。ICEも走るでよ。Südkreuz(南十字:ICE停車駅)とポツダム広場駅間なのですよ…ここ。
ICEも走るでよ
 坂を下りても列車が来るたびに上り下りしてるとキリが無いので(笑)、適当な所で切り上げて線路の向こう側に移動。ポツダム広場のDB本社ビル(写真左。右はダイムラー)はここからも見えるんですね。
ポツダム広場のDB本社
 線路の向こう、U1の高架橋下の隙間からはベルリーナーフライヤー(観光用気球)も見えます。
ベルリーナーフライヤーも見える
 線路沿いに南下していくとちょっと坂になっていて、向こうから列車が近づいて来る様子が見られる地点発見。ここから先はフェンスが邪魔するし左の落書きが入らない様にしたら、結構撮影ポイントになると思って待機してたんですが…残念ながらその機会無 ̄▽ ̄;
撮影ポイントになりそうな
 颯爽と走って来るICEを撮ったら絵になりそうですけどね~。
他はフェンスが邪魔するんで
 これは依頼を受けて描いた様な気がします…既に落書きされてるけど ̄▽ ̄;
これは落書きではなさそう?
 技術博物館に向かう為、南に向かいます。出入り口手前のこの監視塔みたいな建物は「て子(信号)扱い所」と言う、線路のポイント切り替えの司令塔と思われます。昔は外の切替機を手動で操作していましたが、今は屋内でスイッチ一発切り替えです。便利な時代になりましたね~。
監視塔では有りません
 随所に元の線路が茂みに埋もれており往年を忍ばせます。
埋もれた轍
 途中で踏切発見。
公園内に踏み切り
 これが噂の何時走るか判らん特別列車の路線ですか。
噂の路線
 線路反対の博物館側。引き込み線の傍には貨物駅だった頃のホームと荷物用の倉庫も残ってます。貨車の床とホームの床が同じ高さになっており、この倉庫に貨車その物を横付けさせて直接荷物の上げ下ろしが出来る構造です。
ホーム跡も在るのね
 この線路を通過して倉庫の向こう側から左手に曲がり、技術博物館に向かう途中にも埋もれた轍が幾つも…。
更に埋もれた轍
 実は博物館の外周をぐるっと回ってるだけですがこれが案外歩かされます。子供広場を抜けてこの辺り(博物館の屋外展示の一部)まで来るともう少しと言う所ですね。
ここまで来ると博物館はもうすぐだ
 お馴染みの高架橋~。
何時もの高架橋
 さて次回から3回位に分けて技術博物館を紹介します。確実に途中で年を越します^^;

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1669-0cab75eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB