のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリン旅行記III(19)~集合住宅群II(1)~
【2015/01/24 11:42】 海外旅行
【参考記事】
 ベルリン旅行記II(8)~集合住宅群1~
 ベルリン旅行記II(10)~集合住宅群3~
 ベルリン旅行記II(11)~集合住宅群4~
アンクルトムの家1
  世界遺産・ベルリンのモダニズム集合住宅群は前回全部回ってますが、時間の都合で触りしか見られなかった、ヴォーンシュタット・カール・レギエン(Wohnstadt Carl Legien)、ジードルング・シラーパーク(Siedlung Schillerpark)、後自分の好みでガルテンシュタット・ファルケンベルク(Gartenstadt Falkenberg)を再訪問して来ました。

 …しかし世界遺産には選ばれなかった物の、未だに現役のジードルング(集合住宅)は幾つも在り、その中でアンクルトムの住宅(Onkel Toms Hütte)ブルーノ・タウトの代表作とも言えましょう。(…なので予告編の正解は3番目)
 場所はU3のOnkel Toms Hütte駅周辺。ついでに隣のOskar-Helene-Heim駅は、以前紹介した連合国博物館の最寄駅なので、時間の有る方はついでに立ち寄っては如何でしょうか。

 取り敢えず駅から出ると右斜めに見えるのが冒頭の店舗付の住宅。因みにFRISIERKUNSTとは理髪店の意味です。この辺一帯を適当にぐる~っと回ってみると…。
アンクルトム

ガルテンシュタットを思い出す
 これなんかガルテンシュタットっぽい配色。流石同じ設計者なだけある??
ガルテンシュタットっぽい
 この近辺(だったと思う)にこんな説明板も置いてます。
説明板も在る

カラフルでは有る

可愛らしい感じ
 ジードルング名物・基本構造は同じでも配色を変える事でアクセントを持たせる…ドアのカラフルさはここでも健在です。
ドアのカラフルさは健在
 こんな感じの青と白の配色は見た目にも清潔感が有るからなのか余所でも何度か見かけました。デザインは良く見ると違うけどパッと見はそっくり。
一番マシなアングルの写真かも
 駅向かい側の建物にはジードルングの名称が記されてます。
集合住宅群の名称付
 正面から見るとこんな構造。
前から見たらこんな構造
 色自体は緑・茶・青・黄(クリーム)・青白ツートンカラー…とカラフルでは有ります。ただ樹が結構邪魔して景観がイマイチな建物が多いんですよ…。
樹が邪魔してる
 それに青白は前述の様に余所でも似た様な家が在るんで、「ここでしか見られない!!」と言う程特徴的なデザインでは有りません。
 一番酷い…と思ったのが駅左手の緑の建物。樹に埋もれてます ̄▽ ̄; 時間も無かったしこの様子だと近寄っても似たり寄ったりと判断し、次なる目的地連合国博物館に向かうのでした。
樹に埋もれて見えやしない^^;
 これはシュトラウスベルク鉄道に乗ったついでに撮った物ですが、こちらの方が眺めが良い分アンクルトムよりもずっと絵になります。
シュトラウスベルク郊外のジードルング

正面から撮った物
 アンクルトムの家が世界遺産に選ばれなかった理由が何と無く解りますな~。でも住む人にとってはこれでも快適なのかも知れません。あくまでも観光客が外から見てどう感じるか否かだけの話ですからね。
 
 次回は順番で行けばカール・レギエンかな?

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1681-e2a58dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB