のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


佐賀野鳥日記
【2015/02/27 21:26】 鳥関係
 今日は天気が良かったので石井樋公園と言う所に行って来ました。自転車で片道30分程度なので運動も兼ねてます。
 佐賀市は随所に用水路が在ってそのせいで道が複雑なのですが、治水関係では昔から力を入れていた様です。
周辺地図
 この地図見ても川の流れが複雑なのがお判りでしょうか。
 ただまあ…今回は治水よりも野鳥のお試しだったのでそっちは適当に(笑)^^; ゴルフ場の傍に林が在るのは解ってたので、そこでへれ~っと鳥を待つか?…と思ったら、そこは保護の為立ち入り禁止の竹林でした。

 とは言え川沿いに遊歩道は在るんで通って行くと…早速何か居る!!
 エナガ戴きました!!…しかし藪の中を動き回ってる為マトモに撮れん^^; ピントが全然合わんTДT; 因みにここは先日佐賀城公園でヒドリガモ撮ってる時に、出会った御爺さんに教えて貰ったポイントの一つなのだが「オナガ」と言われたんすよね。
ただでさえ撮り難いのに動きが速い
 オナガはカラスの仲間ですがここはカササギ地区なので居たとしてもレアな筈です。…とゆー事でエナガと間違ってましたな、やっぱり ̄▽ ̄; (基本昆虫派だけど冬は居ないので代わりに鳥を撮ってるんだそうで、私が撮ってないお宝写真も持ってた代わりに時々名前を勘違いしていたし^^;)
 それはともかく実は野生のエナガを見たのは初めてなのである。何度か通えばちゃんとした写真も撮れそう。
 因みに北海道産亜種のシマエナガは萌え死にます´▽`
シマエナガは萌え死ぬ
 更にずんずん進んでさが水ものがたり館の手前に到着。但し今回は遠巻きに見ただけで入らず。
さが水ものがたり館
 この辺小規模ながら結構風光明媚なので、時期が合えば山の鳥と水の鳥両方観察出来そう。
鳥が来そうである

結構眺めが良い
 そこに1羽の鳥が飛んで来て樹に止まります。望遠で見てみると…。
キレンジャク初撮影成功
 おおヒレンジャク!! 近縁のキレンジャクも見た事有るけど、実は撮影に成功したのは今回が初めてだったんすよ!!
腹が若干黄色い
 連雀の名の如く結構群れる鳥なんですが今回はせいぜい5~6羽程度。3月に入ったらもっと群れてくれますかね。

 更に進んで行くと「象の鼻」「天狗の鼻」の説明板が。
説明板

こうなってるらしい
 奥が象の鼻だそうですがここから撮っても良く判りませんね^^; 展望台から見ないと無理そう。
展望台から見ないと良く解らんな
 遊歩道の突き当りに「通行止め」と書いて有る道が在って下に降りる事が出来ます。そこから先程の象の鼻&天狗の鼻の分岐する所が見られます。右のカーブしているのが象の鼻ですな。
下から見た
 川(嘉瀬川)にはカモが居ましたが、生憎アングルが悪い&遠過ぎる為マトモな写真が撮れず。まあコガモとマガモとカルガモではあまり撮る気にもならなかったが ̄▽ ̄;
 まあ今回はあくまでもお試しですから(笑)^^; 他にも鳥を見に行った地点が在るんで機会を見てまた紹介するでしょう。

 陸に上がって餌を採るオオバン。この鳥は長い間海外でばかり見ていたのですが、去年出雲で見かけて以来佐賀でも割とフツーに見つかります。何故これまで日本で見る機会が殆ど無かったんだろう?^^;
陸に上がってるオオバン
 河原に居たセグロセキレイ。そうだよな~この鳥本来こう言う所に居るんだよな~。出雲ではハクセイキレイとフツーに共存して、スズメよりも目立ってたけど(笑)。
セグロセキレイ正面
 ついでにゴルフ場にツグミも居ました。羽毛のバリエーションが豊富な鳥ですが、長い間単なる個体差異とされてきたのが、最近の研究で年齢や性別に因る違いと判って来たそうで黒っぽいのは雄らしいです。
ツグミ雄?
 ではこっちは雌かい?
ツグミ雌?
 以前楓さんの実家でツグミを保護していた事が有ったんですが、戴いた画像を見る限り雄だったんじゃないのかなぁ…ちっち。
在りし日のちっち
 ちっち…真夏に逃げちゃったそうなのでとても生き延びたとは思えないんだけど、話を聞く限り中々味の有る子だったよなぁ…。 

この記事に対するコメント
ぼてちはいまどこに・・・
 シマエナガってぽわぽわ真っ白雪大福に黒胡麻チお目目の鳥でしたっけ。
 ヒレンジャクは頭の羽が特徴的ですね。インコみたい。
 
>ツグミ
 たしかに写真と比べると首周りの色の特徴が似ていますね。
 なにぶんツグミを間近で見る機会がまったくなかったため、仮に見かけていたにしろ、それの種類がさっぱりでしたから。

 ちっち・・・母が面倒見て羽が生えそろいかけたころにはすっかり肥えて「ぼてち」になってましたが(笑)、ぶどうの木でぼてぼて遊んでたと思ったら、網の隙間から飛んでってしまった・・・。
 
 そんなちっちの数あるエピソードのなかでも、まだ羽が生えかけでもっぱら脚でちょんちょん家の中を飛び回ってたころの話ですが、床をちょこちょこ飛び回るちっちに母はことあるごとに「この部屋(寝室)から出ちゃだめよ!」と言い聞かせてたそう。
 実家は脱衣所やトイレ含めてすべて引き戸になってて、部屋というより引き戸で空間を区切ってる構造で、あるとき寝室から台所に繋がる引き戸を開けたままトイレに行き、そのときトイレの扉をすこし引いてたら、寝室からちょこちょこちっちが台所まで歩いてきたそうです。
 それで母が観察していると、テーブル付近をちょんちょん跳ねながら様子を伺っていたちっちと目が合い、ちっちは「あ、やべ!」と驚いた様子でそのまましばらく固まったあと、こそこそ早足で寝室に戻っていった。
 トイレから戻るとちっちは何食わぬ顔で、自分がほじくったミズゴケの巣に納まってたそうです。

 なにかと楽しい話題を残していったちっち。
 東北の夏は、それでもやはり暑いですから、ちっち自身が気候慣れしてて近くの山にでも避暑できて、上手く渡っていってることを願うばかりです。
【2015/02/28 01:56】 URL | 楓 #fzXxwl2E [ 編集]

ぼてちがあの猛暑を乗り切れたか
>楓さん
>シマエナガ
 そうです。マシュマロみたいなやたら可愛い鳥です。

>ヒレンジャク
 成程言われてみればインコの様でも有り。近縁のキレンジャクはもっと派手ですけどね。

>>ツグミ
 記事を書き始めた時はツグミの話をするつもり無かったんですが、ふと思い出したんで楓さんなら反応有るだろうなぁと。
 冬鳥では普通に見かける種類なので、気付かなかった&知らなかっただけできっと居たと思いますよ。ヒヨドリと大きさが似ているから混同する人も居る様だけど。

>ちっち
 以前聞いた話でもかなり面白い奴でしたね。『とりぱん』では餌台面子の中では「小心者の苛められっ子(主にヒヨドリに)」と言うキャラで、どちらも其々の味が有って面白い。

 ただあの年も猛暑だったし、ただでさえ冬鳥のツグミが耐えられるとは思えないのに更に「ぼてち」でしたからねぇ…。
 ろくに飛べなくなってた上に警戒心も薄くなっていただろうから、生き延びている確率は極めて低い…。

>ちっちは「あ、やべ!」と驚いた様子でそのまましばらく固まったあと、こそこそ早足で寝室に戻っていった。  
 ツグミも結構知能が高いんですかね? 「あ、やべ!」の後何事も無かったかの様に誤魔化した辺りが人間臭い(笑)。。
 こう言う誤魔化し行動は犬猫インコみたいに一般的に知能が高い動物でしばしば有る様だけど、ツグミがこれやった例は寡聞にして知りませんぞ(笑)。

 あんな面白い鳥が無事に生き延びてまた庭に来てくれてたら良いんだけどねぇ…。
【2015/02/28 16:37】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1698-569cfb38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB