のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


質問の嵐の末にミス発覚
【2015/03/09 12:22】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
 例の依頼原稿の質問用に作成した画像。1つ2つ確認するつもりが作ってる間に芋蔓式に疑問が浮かんでしまい、予想以上にゴチャゴチャしてしまいました ̄▽ ̄;
芋蔓式に疑問が浮かぶの図
 しかし原稿描くのにここまで依頼主に質問し捲ったのは初めてですよ^^; これまでは募集要項(原稿サイズ・頁数・締め切り等々)を確認したらお任せで通用したと言うのに。
 そんでもって先程も何度目かの質問をしたのですが、文章書いてたら資料にした絵が間違ってた事が判明したと言うね-Д-;
 
 強志はまあ良いんだけど問題は恵の方。この戴いた資料の左の女性(犬連れてる方)を見て描いてたんですよ。
実は陸軍だった
 つまりこれの元ネタなのは良いとして(笑)。
何だかんだ言いつつ練習
 ところが自分でも色々調べて行く内にデザインや配色が違う様な…?と思っていたら、これ陸軍の制服だったんすね∑( ̄□ ̄Ⅲ;)
 強志がドイツ空軍のエースパイロットで大尉設定なので、そこに陸軍持って来ちゃ駄目だろうと^^; 何故解ったかと言うと胸の鷲のマークが違うんですよ。
 陸軍と海軍は国章でもあるこんな感じの鷲章なんですが…。
陸・海軍用鷲章
 空軍は空を飛ぶ躍動感の有る独特のデザインな訳ですよ。金が将官(少将~元帥)、銀が兵と下士官・将校(少尉~大佐)が付ける物だそうで、大尉設定の強志なら銀になりますね。
空軍用鷲章
 …その事を踏まえて上の資料を見てみると…。
違うじゃねーか!!
 違うぢゃねーか!! 寧ろ右の方がよっぽど空軍っぽい…と言う事で恵は全面的に描き直さないといかんですな ̄▽ ̄;

 こんな調子で締め切りまで10日(正しくは22日締め切りだが自分が不在なので前倒ししている)で描けるんだろうか…T∇T;

この記事に対するコメント
資料系あるある
 お疲れ様です。
 質問用の原稿を拝見するだけでも今回の意気込みと描き込み具合の深さがうかがい知れます。
 これはますます完成が愉しみですっ!

>資料にした絵が間違ってた事が判明した 
 普段あまり描かないジャンルで資料集めしたとき、参考資料そのものが間違っていた・・・というのは結構あるかと。
 そのジャンルに精通している方であれば違いがわかるのでしょうけど、そうでないとPinさんのように途中で気づくこともあれば、最後まで気づかない場合もあるでしょうし。

 ドイツや旧ソ連のように現存する写真や情報が大量にあれば、調べるうちに違和感や間違いに気づけると思いますが、そうでない場合は専門家でも判断しづらいこともあるようです。
 またしても艦これの話で恐縮ですが、各イラストレーターに依頼したとき、渡された資料と依頼された艦がまったく別物で途中気づいた運営側があわてて正しい資料を渡した、なんてこともちょこちょこあったそうです。

 それにしても改めてしっかりドイツ軍の階級章をみると、やっぱりかっこいいですねぇ。
 原稿、がんばってくださいまし~
【2015/03/09 23:27】 URL | 楓 #fzXxwl2E [ 編集]

更に質問したが未だレス無
>楓さん
>今回の意気込みと描き込み具合の深さがうかがい知れます
 意気込みと言うよりも初めてのジャンルなので手間がかかってるだけです。いや~引き受けた時はこんなに大事になるとは…^^; 

 昨日芋蔓式に質問した後、今回の間違いに気づいてその件も連絡し、大体ペン入れも終わってPhotoshopで試作しようと思ったら、指定されていた原稿サイズが間違ってる疑惑が発覚するし-Д-;
 それで昨日3連発でメールを送ったのですが、御本人が原稿大詰めで多忙なせいか、一晩経っても返事が来なくて作業出来ません ̄▽ ̄;

>普段あまり描かないジャンルで資料集めしたとき、参考資料そのものが間違っていた・・・
 依頼主は私よりも詳しい筈なんですが、事前にラフ送った時に「これ陸軍だよ」と言う指摘も無かったし、間違いに気づいたのも自分なのも何だかなぁ ̄З ̄;
 でも本当に知らなくて資料が間違っていても気づかず、そのまま描いてしまう人は結構居るんでしょうね。

>そうでない場合は専門家でも判断しづらいこともあるようです。
 うわーそうなのか。軍事系は細かいミスも容赦しない印象が有るけど、前の記事に書いたハーロックIIですら手本が間違っていた事が、今回の依頼で初めて判った位だもんなぁ。知らないまま一生終えていたかも知れんのか^^;

>渡された資料と依頼された艦がまったく別物で途中気づいた運営側があわてて正しい資料を渡した
 人気作品でもそう言う事が起こり得るとは ̄▽ ̄; 軍事系に限らないけど絵が上手い=そのジャンルに精通しているとは限らないので、結構適当になってる例は散見されますね。

>改めてしっかりドイツ軍の階級章をみると、やっぱりかっこいいですねぇ。
 ナチスと言う事で偏見持ってましたが、案外今着ても通用するデザインでは無いかと言う気がしています。特に婦人部隊はCAみたい(と言うか元ネタ?)なので、スタイル良い人だと様になるでしょうね。
 まあ結構太ましい方も多いですが(笑)^^;

>原稿、がんばってくださいまし~
 有難うです~。入稿はグレースケールですがフルカラーで描く予定なので、その内お見せしますわ~。
【2015/03/10 09:57】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

知識は常に不十分
・Pinさん
>御本人が原稿大詰めで多忙なせいか、一晩経っても返事が来なくて作業出来ません
 それはメールを確認してる暇がないか、確認してても返答できない状態なんでしょうね。
 ひとつ間違いに気づくと次々疑惑が見つかる・・・恐ろしいことです。

>依頼主は私よりも詳しい筈なんですが、事前にラフ送った時に「これ陸軍だよ」と言う指摘も無かった
 依頼主が軍事全般に詳しいのか、そのなかでも特定の軍事関連に特化して精通してるかでも大きく違ってくると思いますよ。
 たとえば同じ種類でも生息地域や季節によって色柄や個体差が激しい鳥の写真を並べられたとき、鳥全般に詳しいPinさんでも判断しずらいことがあるかと思いますが、
 それとおなじで、軍隊だと年代、場所、地域や各所属でかなり細かく分かれてる(階級章の位置なんかも地域によってかなり違う@元現役談)うえ、時々戦乱のごたごたで各軍ごっちゃになってることも珍しくなかったっぽいので、もしかしたら依頼主の方も急いでて気がつかなかったんじゃないでしょうか。

>でも本当に知らなくて資料が間違っていても気づかず、そのまま描いてしまう人は結構居るんでしょうね。
 それは大いにありうると思います。
 なにせ長い間正しいとされていた資料が何十年何百年経ってから実はまったく別物だったと判別した、なんてことも珍しくありませんし。
 
 軍隊とか建造物とかまだ現状でなんらかの痕跡が実在するものならまだしも、伝承や神話とか伝説・空想上の存在が題材だったりすると、解釈含めてそも『正しい』がないから厄介極まりない・・・・。 

>絵が上手い=そのジャンルに精通しているとは限らないので、結構適当になってる例は散見されますね。
 逆に全体的に観て上手いのはもちろん、装備してるものに着目したときざっくり描かれてるようで細かい部分の描写がキチッとしてると、大体そのジャンルに精通ないし得意とされてる方なんだろうなってわかりますしね。
 
 むぅ、しかし資料というのはあるだけ集めて比べて違いを見つけて取捨選択する作業が一番重要かつ面倒であると再認識いたしました・・・。

 写真の鷲の勲章扱ってるお店あったなぁ、今度行って探してみようかしら・・・かっこいい!
【2015/03/10 11:18】 URL | 楓 #fzXxwl2E [ 編集]

週末までには何とかしたい
>楓さん
>それはメールを確認してる暇がないか、確認してても返答できない状態なんでしょうね。
 少なくとも最初に送った質問のみだったらともかく(冒頭の質問時は判らないと言われたので)、その後自分で気づいた分に関しては確認は格段に軽減された筈なんですけどね。
 ただ仕事や御自分の原稿も有る訳だし…まあ2~3日待ちますわ。その間ペン入れの精査と別の作業でもしますかね。

>ひとつ間違いに気づくと次々疑惑が見つかる・・・恐ろしいことです。
 でも漫然と貰った資料を見つつ描いてたら気づかないままでもおかしくない。

>依頼主が軍事全般に詳しいのか、そのなかでも特定の軍事関連に特化して精通してるかでも大きく違ってくると思いますよ。
 確かに。絵を見た感じだと軍服と乗り物関係は細かく丁寧に描かれる方ですが、私の題材が得意ジャンルとは限りませんからね。

>同じ種類でも生息地域や季節によって色柄や個体差が激しい鳥の写真を並べられたとき
 そうですねぇ…写真が不鮮明だったりすると厳しいですね。時々ダンナのフォロワーからどんな鳥?と質問を受けるんですが、今まではほぼ即答で済んだとは言えその内判らない物も出るでしょうから。

>軍隊だと年代、場所、地域や各所属でかなり細かく分かれてる
 それは痛感しましたね。一口にメッサーシュミットBf109と言っても、配属で全く塗装が違うし、同じ部隊でもカスタマイズもザラだった様だし。
 全時代世界中全ての軍事関係に精通している人なんて殆ど居ないのでは…。

>なにせ長い間正しいとされていた資料が何十年何百年経ってから実はまったく別物だったと判別した
 例えば恐竜の復元図もゴジラが登場した時代と今では全然違いますからね。生き証人も居ない昔の僅かな資料から推測するんだから、ちょっと新しい資料が出ただけで解釈が激変してしまいかねないし。

>装備してるものに着目したときざっくり描かれてるようで細かい部分の描写がキチッとしてると、大体そのジャンルに精通ないし得意とされてる方

 本当に詳しい人は省略の仕方も要領を心得ていて特徴を抑えていますからね。
 『フィールドガイド日本の野鳥』(日本野鳥の会)と言う野鳥図鑑は、著者が絵は本職で無いので画力は少々微妙なれど、鳥の特徴を良くご存じな方だったので野外での注目ポイントをきちんと明示して有るんですよ。これまでの「絵は上手いけど特徴はハッキリ描かれていなかった図鑑」とは一線を画しています。
 なので今でもバードウォッチャーからは「バイブル」と評価高いです。(故人なので増補版は別の上手い方が描いてますが)

>資料というのはあるだけ集めて比べて違いを見つけて取捨選択する作業が一番重要かつ面倒
 創作の世界でも資料集めと取捨選択が一番大変ですからね。その次にネームそして下描き。後はひたすら仕上げて行くだけなので或る意味つまらない ̄▽ ̄;

>写真の鷲の勲章扱ってるお店あったなぁ
 軍事関係の店も沢山在りますがドイツ軍は意外とリーズナブルな気がしますね。カッコいいので見つけたら買うのはアリでしょう。
【2015/03/10 12:22】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1702-7fc1ac9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB