のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


長崎ペンギン水族館(2)
【2015/04/06 11:37】 鳥関係
 *前回の記事

 ペンギン全種を巣立ち後1年の若鳥・孵化後2~3週間目の雛・卵・成鳥…と徹底図解。
全ペンギンを雛ごと解説
 でも入りきれないので是非現地で確認しませう。
解説2

全ペンギン解説3
 中々続きが書けない内にヒゲペンギンが来た様ですね。これで世界最多の9種になった訳ですか。
 大分前に海外で「ペンギン全種飼育してる」と豪語し、「あちらにはコウテイペンギンが抱卵中~」と言ってる番組を見たのだが、その後居なくなったのか記憶違いか話を盛っていたのかどれですかね?(笑)

 しかしペンギン全種が17~18種(コガタペンギンを別亜種ハネジロペンギンと分けるか否か)なので、1ヶ所で半分見られるのは世界に誇って良いです。
 実際かなり前に出たイギリスのペンギン本の「世界のペンギン飼育私設」の項で、旧長崎水族館が載っていた位ですからね。数10年前から世界的に定評が有ったのです。

 旧長崎水族館に居たぎん吉とペペの剥製。ぎん吉と同期だった「いさむ」は何故か展示されておらず。でもリニューアル直後のバーチャルシアターは「いさむ」が亡くなったばかりで、彼がナビゲーターやってたんですよねぇ…。
ぎん吉とペペの剥製

解説
 亜南極ペンギンプールの2階。ガラスがかなり汚れていて写真が上手く撮れない^^; 寧ろ見所は1階の餌やりの方ですからね。でも中ではディスプレイ中のオオサマペンギンが見放題。
繁殖期ですからね
 そんな仲間を見つめるオオさん。「畜生…リア充め…(笑)」。
リア充め…
 何となく似てるので記念写真を撮るエルさん。
記念写真
 ああ痒い。
ああ痒い
 換羽中のオオサマペンギン。換羽中は羽根が防水仕様では無く、野生では餌が採れない為絶食するんですよね。その習性は飼育されていても変わりません。
換羽中です
 そうこうしている間に1階の「温帯ペンギン」のコーナーで餌やりの時間が来ましたよ。ここは向かって左からフンボルト・マゼラン・ケープのフンボルトペンギン属3種が飼育されています。
 野生では絶滅の危機に瀕しているフンボルトペンギン属ですが、日本の気候が合う様で日本人は彼等の飼育がやたらと上手いのです。
 勿論見分けが付かない人の為に図解もしてありますから御安心を。
フンボルトペンギン マゼランペンギン ケープペンギン
 飼育係のお姉さんの後をゾロゾロついて行くフンボルトさん達。
早く飯くれ~ゾロゾロ~
 そんな様子をじ~~っと見つめるケープ群。
じ~と見るケープ群
 次はマゼランさんの番だよっ。
次はマゼランの番だわ~いわい♪
 じ~~~っ…。
じ~~~っ
 わ~いわい♪
るんるるん♪
 更にじ~~~~っ…。
更にじ~~っ
 何故っ何故にケープさんだけこんなに焦らされるのか? その答えは次回に♪

この記事に対するコメント
ペンギンまみれ
 ペンギン=寒い地方の鳥という概念があるとはじめは驚くかもしれない温帯に生息するペンギン。
 昔豊橋に住んでたころ、隣町くらいにある『のんほいパーク』って動植物園で初めてフンボルトペンギンを見たとき、独特の鳴き声が印象的でいまも記憶に残っています。
 日本の気候が合ってるということは、それこそ慣れれば日本沿岸で繁殖する可能性もあるのかしら・・・といっても、日本の自然環境に適応しなければやはり難しいんだろうなぁ。

>換羽中は羽根が防水仕様では無く、野生では餌が採れない為絶食する
 これは冬羽から夏羽に換羽してるとこでしょうか。ふこふこのファーの襟巻きにも見えますが、このくらい羽毛の厚みがあるんですね。
 人工飼育下でも、生まれ持った習性が変わらないというのも興味深いです。
【2015/04/08 14:50】 URL | 楓 #fzXxwl2E [ 編集]

あちらは4種類だそうで
>楓さん
>のんほいパーク
 公式サイトによるとキング(オウサマ)・ジェンツー・イワトビ・フンボルトの4種が居るそうですね。遊園地や自然史博物館も在るとか。

 フンボルトペンギン属には他にガラパゴスペンギン(国内で飼育してない)が居ますが、このペンギンは赤道直下に居るので生息地の極一部は北半球だったりします。
 
 この仲間はペンギンとしては暖かい所に棲んでて、夏場を除けば外でも飼えますし、正規の手続きを踏めば個人でペットにも出来ます。…但し1羽数100万円らしい。

>それこそ慣れれば日本沿岸で繁殖する可能性
 後日取り上げる予定ですが、ペンギン水族館では「ふれあいペンギンビーチ」と言う、一部のフンボルトペンギンを実際に海で泳がして間近で観察出来る、世界初の試みをやってます。
 
 他にも台風で逃げ出して暫く自活していた例は有るので、全く不可能では無かろうけど、生態系の破壊にも繋がるのでお勧め出来ませんね。

>これは冬羽から夏羽に換羽してるとこでしょうか
 多分そうでしょう。キングペンギンの換羽は繁殖期前に行うのですが、雛が育つまで1年半かかる為年中どれかが繁殖中してます。
 野生では9~1月に換羽するそうなので、北半球で言えば3~7月つまり春~夏に相当しますから。

>ふこふこのファーの襟巻きにも見えます
 タイミングが良ければモヒカン状態だったりして笑えますぞ(笑)。

 モヒカンの例。
http://art25.photozou.jp/pub/313/254313/photo/208411276.v1407255802.jpg
【2015/04/08 18:53】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1715-9ac7af1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB