のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


『この映画が観たい』 by松本零士
【2015/05/30 13:57】 ハーロック@松本零士
 スカパーでやっていた『この映画が観たい#21~松本零士のオールタイム・ベスト~』を観ました。

 先生が影響を受けた映画についてはファンにはお馴染みの物が多かったと思います。(『くもとちゅうりっぷ』を手塚先生と実は知らずに一緒に観ていた事にも触れてました)
 今時の漫画やアニメーターは漫画やアニメ見て描いてるけど、大御所と言われてきた方達はかなり多くの映画を観ていて、そこから発想を広げて描いて来た訳です。やはり多彩な方面を勉強した人は表面だけ齧った輩とは世界観が違うわ。

 内容的にはこの本と基本は同じ感じですが、こちらはスカパーが見られない人でも入手可能だし、漫画の絵が随時入ってるんで読み易いです。先生の頁も結構有りますし他の作家のファンでもある人はお勧めかと。


 この原画展のハーロックの絵は私が福岡で見たのと同じかな?
福岡の物と同じか?
 同じ物っすね。絵は使い回しとしても開催日も全く同じと言う事は上の写真は福岡開催時の物?…で、先生がトークショーをやった時にサインを書いたよと。
 何か私が撮った写真の方がマシですな。(先生居ないけど) 画像を番組に使うならもっと光源考えて撮って欲しかったな。 
ふむ。これか

生サイン
 所々先生の昔の漫画とか写真も出て来ます。これもファンにはお馴染みの物ばかりですが、やはり先生の昔の絵は手塚先生の影響が色濃いですね。もっとも当時の漫画描きの大半が手塚フォロワーでしたが。
手塚先生っぽい
 しかし若い頃の先生って当時としては結構イケメンですよね。おいどんはあんなだけど^^;
先生、当時としては結構イケメンでは?
 これがハーロックに大いに影響を与えた海賊映画か~。成程…爽やかな笑顔に相俟って台詞もカッコいいぜ。
ハーロックの起源か~
 『わが青春のマリアンヌ』は松本先生のみならず多くのクリエイターに多大な影響を与えたんだとか。マリアンヌと『悩ましきアルカディア』が『わが青春のアルカディア』の元ネタになったのは言うまでも無いでしょう。
わが青春のアルカディア
 フランス映画だけど男性総入れ替えでドイツ語版も同時製作されたそうですね。ロケ地はキネマ旬報DB「この幻想的な雰囲気を出すために、マリアンヌの住む謎の館にはオーストリア、フッシェル湖畔の旧家が選ばれ、少年達の屯する館には、バヴァリア地方に残っているリヒアルト・ワグナーに関係のある館を選んだ。」と有るので、舞台はオーストリアだけど別途ドイツ(バヴァリア地方=バイエルン)でもロケしている訳ですか。
 
 …この城は実在すると言ってたけどホーエンシュバンガウ城‎ だったんですね。
 成程。最初調べたら「オーストリアを舞台に」とか書いて有ったから、作中のハイリゲンシュタットはウィーン近郊のあちらか?と思いましたが、バイエルン州ならハイリゲンシュタットは沢山在りますからね。どのハイリゲンシュタットなのは多過ぎて判りませんが(笑)^^;
 でもハーロックの故郷はハイルバートハイリゲンシュタットと思ってます。
実在の城なのね
 因みにマリアンヌが住んでいたフッシェル湖は正しくはフシュル湖(Fuschlsee)だそうです。

 んで先生がマリアンヌをイメージして描かれたのがこれですが…うーん…。メーテル含めヒロインが全体的にロリ丸顔になってて、両目が寄ってしかも曲がっているのが違和感の元ですかね。
先生版マリアンヌ
 メーテルも近年の絵なのでやっぱり何かおかしい。丁寧に描いてはいるんだけどね…。
メーテルも違和感
 ただ『戦艦大和』と合わせて出たヤマトの絵の方はもっと酷かった-Д-; 古代と雪が完全に別人…。
しかしヤマトの方がもっと酷い
 髪型も違うけど何で2人共釣り目なの?-Д-; 古代も切れ長になってオカマみたい。
ヤマト抜粋
 こんなに劣化してるなら自分はプロットだけにして絵は上手い人に描かせた方が良い気もしますがね。(その為の次元航海)
だったら描いて下さい!!
 ただ先のラスト台詞「この先、生涯を懸けて描いておきたいと言う物語 きちんともう出来てますんでね。後は描くだけです。を聞いて「だったら描けよ!!」とツッコみたくなりました ̄▽ ̄;

 巨匠だ何だのともてはやされて結構大きな事を言ってはいるけど、実際は原画展だのトークショーだのイベントばかりやってて、ろくに漫画を描いていないと口先みたいに思えてしまうのです。(実はこっそり描き貯めていて時期を見て発表する気かもしれないが)
 年齢的な劣化は仕方無いけどじっくり時間をかけて描けば、未だそこそこ描けるときも有るんで、あまり先生をイベント等に引っ張り出さずに漫画描く時間を与えて欲しいです。

 地方在住民はそうホイホイと都会の原画展だの交流会だの行けないし(オフィシャルサイトの交流会は6/20が6/13になった為、航空券やホテルを手配していた人はさぞかし困ったかと。)、そこで高額な限定グッズを販売されるよりは、全国の書店で普通に買える本を出して欲しいと言うのが本音です。

 私は松本零士のファンでは有るけど狂信者では無いので、先生の色紙目当てに高額グッズを買ったり、劣化している絵を過剰に褒め称えたりする事には興味有りません。御尊顔は…機会が有れば拝見出来るに越した事は無いけど、交流会等で直接話したら文句の方が出そうだし。
 
 せめてその「生涯を懸けた物語」とやらを水面下で本当に描き進めているなら良いのですけどね。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1739-d7d92a17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB