のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ベルリンIV決定
【2015/06/25 23:34】 海外旅行
 本日予想通り決定しました ̄▽ ̄;

 …と言う事で一応の日程は以下の通り。予想はしていたがハードスケジュール過ぎる…TДT; 自治会の仕事も重なって来る為、呑気に海外に行ってばかりもいられんのですがね-Д-;

8/1~7 ブリスベンIII
8/13~25 ドレスデンII
9/4~9/12(13?) ベルリンIV+ポーランドII
    9/5~9/9   ベルリン
    9/9~9/12? ポーランド


 ただ今回ベルリン滞在は9/6~8の事実上3日間なので、6日にブッコー小鉄道に乗れなかったら大したネタは無いと思われます。(あくまでも従来のベルリン旅行記比)

 尚、来月から怒涛の海外遠征の準備及び、絵の方でも色々描きたかったり頼まれたりしている物が多くて、ぶっちゃけここの更新が重荷になっているので、9月まで更新を休む…とまでは行きませんが、不定期更新になる事を予め御了承下さい。

 日曜にベルリン&ポーランドの航空券手配の為に旅行代理店に行く予定です。ネットで済ませようと思ったけど経路が少々ややこしいので直接相談した方が良いかなと。

 それでどんな旅行代理店が在るか探したら、JTB、日本旅行、近畿日本ツーリスト、読売旅行、西鉄旅行…等々、出雲と違ってメジャー業者が結構在るぢゃないっすか!!(笑) 出雲時代はローカル代理店しか無かったのに!!^^;
 取り敢えずJTBから行ってみようかと。

この記事に対するコメント
怒涛のタイムスケジュールだ・・・
 お、おお・・・ついに日程が決まりましたか。
 こうして見るとほぼ丸一ヶ月遠征に向かう計算になるでしょうか。
 ブリスベンからベルリン・ポーランドにかけて間の時間がもっとあれば幾分緩和されたのかもしれませんが、これはハードすぎる・・・。
 これから諸々の準備等でてんやわんやになられるでしょうから、どうか無理なさらず、体調や思わぬアクシデントに気をつけてくださいね。
【2015/06/26 00:46】 URL | 楓@青春のアルカディア鑑賞 #fzXxwl2E [ 編集]

ご購入おめでと~
>楓さん
 幾ら何でも集中し過ぎで終わった時ヘロヘロになっていそうなのがなぁ…-Д-; 去年の悲劇は繰り返したくないのでマジで無事を祈っててTДT;
 毎度毎度濃いネタを提供してくれたベルリンは今回はオマケと思って下さい。

 アルカディアGETおめでとうです。御覧になった印象は如何でしたか?
 画質に拘るならBDがお勧めですが、特典がショボくて実は未だに円盤持ってません(笑)^^; ハロミメ要素が無い上にマーヤに魅力が乏しくって ̄▽ ̄;
【2015/06/26 12:22】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

ハーロックは熱い漢だった
・Pinさん
 本当にPinさんが心身的な疲労で倒れないか心配ですよ~(涙
 致し方ないとして過密すぎるスケジュールは過度な疲弊を招きませんから。

>アルカディア
 中古ではありますがBD版を入手できたので昨夜鑑賞しました。
 Pinさんの本に使われていた二人の遺伝子から過去を遡り、祖先の二人の記憶を垣間見るシーン。他にもPinさんがネタとして扱われていた箇所が出るたび、心の中で一人興奮していました(笑
 やはり元ネタを知ると、より一層楽しめますね。

 原作のハーロックをよく知らないので、個人的に他のキャラ達の設定が細かいところで違うのが面白かったです。
 特にエメラルダスはアルカディアで「宇宙自由貿易人」という存在で、本格的な海賊ではなかった?のと、恐らくまだメーテルと姉妹という設定ではなかったと思われるのですが、顔についた傷もアルカディアだと処刑を免れる最中に負ったものであったり、赤い海賊旗がこのときマーヤの血で染め抜かれたものということが判明したり、他のエメラルダスや999などと違う、また引き継がれてる箇所が多く、こちらも非常に興味深かったです。
 アルカディアに登場するラ・ミーメはTV版のミーメとおなじ種族なのでしょうか。姿や顔つきなどの特徴が似ていますが、会話するときに胸元が光ったり生い立ちなどに若干の違いが見受けられるように思うのですが・・・。
 マーヤは最初に登場したとき胸元のペンダントをみた瞬間「お父さんだー!(999でメーテルがしていたそれ)」と二人で突っ込んでました(笑
 弱い身体をおしてハーロックの船出を見届けたり、最後は愛する人の胸で息を引き取ったり、その時々でハーロックのマーヤへの想いの深さを垣間見せられたように思いますが、もう少し深く二人の関係について掘り下げて描かれてもよかったかなと思いました。
  
 アルカディアはストーリーやキャラはもちろん、メカニック描写に力が入っていてアルカディア号が出航するシーンは圧巻でした。
 次はPinさんの本を片手に鑑賞したいです♪

・私信:贈っていただいた資料のメールの返事はもう少しお待ち下さい。
 いろいろネタが浮かんじゃってもう心が躍りまくりなもので(^^;
【2015/06/26 14:39】 URL | 楓 #fzXxwl2E [ 編集]

辛い時心に響いたアニメ
>楓さん
 今日の夕方頃から腹痛に見舞われてて体調がイマイチなんですが、怒涛の海外遠征に対する一種の拒絶反応でしょうかねTДT;

>わが青春のアルカディア
 元ネタの一部の謎が解けましたね(笑)。旧TV版(『宇宙海賊~』)や劇場版999に比べるとかなり骨太な映画だと思います。

 哀しい哉当時の松本アニメでは興行成績最低で、翌年に予定されていたエメラルダスがお蔵入りになったと言う経緯が…。
 そもそもハーロックと言うキャラは劇場版999みたいに、美味しい所を掻っ攫って行く客演向けの存在で、いざ主人公にすると途端に動かしにくくなると言われています。

 本作は「若きハーロック」と言いながら劇画タッチになって寧ろ老けて見えたし、トチローとの出会いやアルカディア号誕生等々で、本来の松本ワールドから逸脱しているんで、好きか?と聞かれると返答に困ります(苦笑)。

 でもリブートが賛否両論飛び交う中、頭の中ではこの映画の色んなシーンが繰り返し再生されてました。完成度には難が有りますが「ハーロック」と言うキャラの世界観はちゃんと踏襲していましたからね。

 後、去年の「ベルリンの悲劇」で打ちのめされていた頃、リアルタイムではそれ程思い入れの無かったマーヤの、「生きていればきっと会える。笑って太陽を見る日がきっと来る」が凄く身に沁みました。
 
 この映画は落ち込んだ時の方が共感を覚えるのかも知れません…。

>特にエメラルダスはアルカディアで「宇宙自由貿易人」
 作品によって設定が全く違うので独自設定と思った方が良いかと。勿論この設定を元に浮かんだネタを描いても良いんですけど。

 顔に傷が付く展開も作品によって違いますし(苦笑)。ただ他の作品(原作&OVA)では、敵に情けをかけた甘さへの戒めとして傷が付いたのに対し、本作ではマーヤを助けようとしてですから、どちらが好みかと言う事ですね。

 因みにハーロックの傷の方はその昔松本先生が、「トチローとエメラルダスを、特にトチローを助けようとして付いた物で、ハーロック自身はこの傷を誇りに思っている」と仰っていたので、アルカディアの展開はどことなくこれを彷彿させる気もします。(但しこの設定が今も生きているかどうか不明)

>ラ・ミーメ
 一応ミーメの妹と言う裏設定が有りまして、本来は続編のTVシリーズSSXでミーメと交替する筈…だったんですが、打ち切りで結局お蔵入りに。当時の私が無念の涙を流した事は言うまでも無いTДT; …いや今でも悔しい。色々間違って残念になったのがSSX。
 最終的には「ミーメを意識したそっくりさん」でしか無かったですね。

>マーヤ
 あのペンダントは同志の証なので999と繋がってるのは確か。(お父さんはデザインが違うぞ(笑))
 コバルト文庫の方では2人がLOVE過ぎてハロミメ派としては読むのが辛い^^; ただ映画ではイマイチ存在感が無く、予備知識無で見たらハーロックとどう言う関係か解らなかった人も居るのでは。

>アルカディア号が出航するシーンは圧巻でした。
 あそこのBGMは今は亡き『火曜サスペンス劇場』そっくりでしてね。…何の事は無い。作曲者が同じなんですよ(笑)。
 因みに私は発進前にハーロックがマントを着て艦橋に入って来た時、足元だけ映るシーンが好きです。さあいよいよ飛び立つぞ~!!ってな感じで。

 何はともあれ気に入って戴けた様で良かったです。中古で安かったら買うかな~。でも当面物入りだしなぁ…。

>メールの返事
 お時間の有る時で構いませんよ。私の方も事情が事情なだけにレスが遅れるでしょうし、あまり早く戴くと寧ろ申し訳無いやら、早く返事書かねばと追い詰められた気分になるやらですから ̄▽ ̄;
 戴いた携帯メールのレスもお待ち下さい…。
【2015/06/27 20:51】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

お気を付けて行ってきてください!
海外遠征、トラブルなく行ってこられると良いです。
我が青春のアルカディア、青臭くツッコミ所もありつつも、健闘作だと思っています。
そうそう、この作品は、自身が順境の時はバタ臭さが目立ってしまうけど、やるせない思いがあったり、気落ちしたり挫折感があるときには無性に見たくなる作品です。
上映当時よりも、いろいろ経験した今の方がそのことが良くわかりますね。
エメラルダスは設定が細かく違っても、「らしさ」は良く出ていたので好きですよ!

更新のペース、ご無理無いところで。過去ログも楽しみながら、また更新を楽しみにしたいと思います。
【2015/06/28 16:21】 URL | ウリカエデ #2rcSbDOc [ 編集]

去年の悲劇は繰り返したくない
>ウリカエデさん
 お気遣い有難うございます。去年到着初日に悲惨な目に遭ったので、あの悲劇は繰り返さない様気を付けるつもりですが、こうも日程が集中されると終わった頃にはどうなっているやら…。

>この作品は、自身が順境の時はバタ臭さが目立ってしまうけど、やるせない思いがあったり、気落ちしたり挫折感があるときには無性に見たくなる作品です。

 正にそうですね。リアルタイムでは私も未だ若造だったのでイマイチと思ってましたが、自分が打ちのめられた時に初めて価値が解る映画なんですよね。
 コメントのマーヤの台詞に加え、ハーロックの「俺達は負けたが滅びた訳では無いからな…」も身に沁みました。

 エメラルダスの設定は当時ちょっと驚いたけどこれはこれで良いかと。ただトチローとの馴れ初め等々が上映時間の関係でカットされた15分に入って居た為、本編ではぶつ切りでちょっと解り難い気がします。BDに収録されていたら良かったのに。

 東映の円盤は特典がショボイ事に定評が有る様なので(リブートはその点では大健闘)、『アルカディア号の謎』を入れたからには、宇宙海賊BD化の可能性が絶たれた訳ですし…。

>過去ログも楽しみながら、また更新を楽しみにしたいと思います。
 過去ログもかなりの読み応えが有ると思うんで、更新が滞っている時は最初から読み返してみて下さいね。新たな発見があるかも知れません。
【2015/06/29 18:23】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1748-56debac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB