のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


無事帰国@飯テロ付(笑)
【2015/08/25 23:05】 海外旅行
 台風の影響も無く昨日無事に帰国しております。

 旅行記はブリスベン同様現地からダイジェストでお送りしておりますし、ドレスデン滞在中に松本作品関係で困った事態が発生した為、次元航海の感想と合わせて近日中にそちらについて先に語らせて戴きます。
 
 場繋ぎにドレスデンの飯テロをお楽しみ下さい(笑)。
 「マリネした骨付き豚肩肉ローストに炒めた玉ねぎ・ベーコン・フライドポテトのビールマスタード添え」。
骨付き飯テロ
 「カリカリのローストチキン胸肉に新鮮なマッシュルームのクリーム和えと溶かしたトマトが乗ったパスタのパイ包み焼」。パイ包み焼うま~>▽</
パイ包みうま~
 ビールは地元で有名な銘柄(多分)ラーデベルガー・ピルスナー。
ここはビールの国
 グラスにはしっかり目盛りが付いてました。量もバッチリです。流石ビールの国。
しっかり目盛り付
 因みに旧市街のフラウエン教会付近は沢山のオープンカフェが並びますが、多分基本的に何処を選んでも外れは無さそうです。
外れは基本無いと思う
 エルベ川沿いの店は意外と無いし場所のせいか割高なので、「どうしてもっエルベ川を見ながらでないと嫌!!」な方を除けば、教会付近の店で席が空いてる所に行けば良いでしょう。 観光地の激戦区ですし半端な店はとっくに駆逐されてると思いますから。
 大抵の店に日本語メニューも有る様だからドイツ語が解らなくても安心。
日本語メニューも有るでよ 
 それにしてもフラウエン教会は何度見てもつい写真を撮っちゃうねぇ~。
フラウエン教会

傍の街並みも良い

この記事に対するコメント
美味そう・・・
 これはなんという飯テロ・・・(涎
 そう、こういうのを食べたい。牛肉なら脂身の少ない赤身を極限まで真っ赤なレアで、豚肉なら脂身と赤身の比率が1:4くらいの1.5ポンドくらいあるようなどーんと分厚いローストが食べたい・・・。厚みが5cmくらいあればなおよし。
 オツベルと像でオツベルが昼飯に食べる六寸のビフテキとか、松本作品の短編集で最後にヒロインが主人公の砂場に投げてよこしたホロホロ鶏の丸焼きとか。とにかくがっつり肉が食べたい。 

 やはりドイツはシンプルながら旨さを存分に引き立たせる調理法に長けてるように思います。写真からでも匂いが感じられるようです。

 ああ・・・いつか必ずドイツにいってあれこれ腹いっぱい食べたいなぁ・・・
【2015/08/26 01:10】 URL | 楓 #fzXxwl2E [ 編集]

豪快な盛り付け
>楓さん
 今回は結構飯テロが実現してますよ(笑)。まあ脂身だらけの肉よりは赤身多目でガッツリ肉感を味わいたいですね。日本の料理は変に上品過ぎ。
 ブリスベンの骨付きラムを焼いた時は最後は漫画肉の様に齧りつきましたし(笑)。

>オツベルと象
 あのステーキは豪快でしたね。松本作品のホロホロ鶏の方は記憶に無いけど、丸焼きは色んな作品に出てたし何と無く想像はつきそう。

 ドイツ料理って一皿にど~ん!!と盛り付ける傾向が有りますね。そしてメニューが素材だけの事も多い。(例えばバイエルン州名物シュバイネハクセは「豚脛肉」の意味しか無い)
 以前楓さんから「ドイツでは数100のレシピを物にしないと結婚出来ない」と聞いた事が有りますが、同じ素材をアレンジする技量に長けているんでしょう。

>ああ・・・いつか必ずドイツにいってあれこれ腹いっぱい食べたいなぁ・・・
 豪快感ならヨーロッパではドイツが最適なのかな? アメリカも豪快だけどとてもヘルシーとは言えない場合が多いし。
 でっかい骨付き肉にはビールが似合う。

 でも次回はポーランドの素晴らしい朝食が待ち構えている!!(予定)
【2015/08/26 14:18】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1769-4b9305c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB