のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ドレスデンII(5)~ヴァイセリッツタール鉄道2~
【2015/11/14 14:57】 海外旅行
 フライタール・ハインスベルク(Freital-Hainsberg)駅を出ると一旦S-bahnと並走し、やがて南西方向に分かれて行きます。水害前はこの併走区間がもっと長かったそうで線路を敷き直したのだとか。(写真は復路なので線路の位置関係が逆)
S-bahnと並走
 隣のFreital-Coßmannsdorf駅付近はちょっとした集落になっていてショッピングモールが隣接されてます。
隣りの駅は集落
 SLに乗って買い物に行けるショッピングセンターってここ以外にも在るんでしょうか? 建物にもしっかり描かれてます。(ただ駐車場に車が一杯有ったから大半は車で買い物に来るんだと思う)
ショッピングセンター
 しかしここを過ぎると線路は一気に森の中に入って行きます。
森の中~
 車内は綺麗だしトイレも有りますがそのまま線路に落っこちるタイプで、しかも水が出ないので使えるけど手が洗えないと言う…。
綺麗だけどトイレの水は出ない
 次のRabenau駅周辺はペンションだかレストランが幾つか在って、地元民か宿泊客か知りませんがSLを見つめる老夫婦?がいらっしゃったり。
ペンション?

地元民だろうか?
 Rabenau駅の別のホームには使ってない車両が繋留されています。交換可能な駅なので昔はここで行き違うSLを見る事も出来たのではないでしょうか。
多分使ってない車両
3つ先のMalter駅。ここも乗降客の影は無し??
乗降客は無し?
 女性車掌さんがホームに降りて確認してます。(何故か皆太ましい…(笑)^^;) ここも交換可能ですが今のダイヤでは到底その様子は拝める筈も無く。
ホームに降りて確認
 次は約10分で暫定終着駅のDippoldiswalde。ここまで片道約45分。
暫定終着駅

暫定終着駅
 イベント告知。行ったのが8/17なのでこの時点では未だ開催前。今ならクリスマスイベントの告知してるんではないですかね。
イベントが有った模様
 機関車は早速切り離されて奥の方で給水してます。
給水~
 駅の先にも線路は続いています。ここだけ見たら普通に走れる様に思えますが、復旧には莫大な予算が必要だし実際部分復旧している区間も、寄付によって漸くここまで出来たらしいので完全復旧は何時の事やら。
線路は続いているが…
 さて給水が終わると機関車は反対方向のホームから客車を連結します。
機回し

機回し
 到着して13分で全ての作業が終わりここからは復路になります。行きはろくに客が乗ってなかったのに帰りはポツポツ乗って来ます。
帰りは人が乗って来た
 途中駅でもチラホラ乗降客が居るし…周辺はハイキングコースなのでそう言った客が結構利用するみたいです。
降りた様だな
 そうこうしている間にオープンカーは人で埋まりました。
オープンカーは埋まってしまった
 そんな事も有ろうかと雨も上がったし既にオープンカーに居たので、帰りの方が良い写真が撮れたのです(笑)。森の中どころか崖の傍を走るの図。
崖の傍
 良くもまあこう言う所に線路を通した物です。客として乗る分には絶景ですが工事は難航しただろうな。しかもこう言う風光明媚な所に限って自然災害の影響を受け易く、維持費が半端無くかかると言う。
森の中~
 日本でも高千穂鉄道や鹿児島交通等、水害で壊滅的打撃を受けてそのまま廃止になった所が幾つか有りますが、この秘境鉄道が良くぞここまで立ち直ったと褒めてやりたい気分です。
 さて…冒頭のショッピングセンターを見た後、起点駅に戻ったらこんな新聞記事を発見。
全面復旧決定??
 「2016年」の文字に遂に来年復旧確定か!!と思いましたが、当初やる予定だった工事が延期になったっぽい。如何せん当然ながら全部ドイツ語だしGoogle翻訳がカオスなので全文訳す気になれません ̄▽ ̄;
 ドイツ語が堪能な方で「よしっ私が訳してやろう!!」と仰る方の為に拡大版を載せておきます(丸投げ(笑))。
拡大版
 …と言う事で次回は『レスニッツグルント鉄道(1)』です。
 前にも言った様に秘境度はヴァイセリッツタールの方が上と思うので、どちらか一方しか行けない方にはこちらをお勧めします。観光地が在る向こうの方が客は多いけども。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1801-d7a930e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB