のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


クロツラヘラサギを求めて(3)
【2016/01/18 21:29】 鳥関係
 実は1/10の初訪問の3日後、1/13にも自転車で行っていたのです。片道1時間で行ける事は判ったがその後腹の出来物が悪化した為、今それをやるのは結構辛い…しかもここの所佐賀も天候に恵まれませんからね。
 この日は朝から雨が降っていて別の日にしようかと思いましたが、潮汐表的にはこれを逃すと24日まであまり観測に向きそうにも無く、24日が良い天気とは限らない(実際寒波が訪れそうな予報)為、雨が上がると共に予定通り決行しました。
 着いたのが満潮の50分位前…クロツラさんは前回よりも少な目とは言え、相変わらずあっさり見つかりますねぇ(笑)。
相変わらず動かないが
 ただ時々1~2羽が動く以外は相変わらず寝てばかり。
若干はウロウロ
 これはヘラサギかな?
これはヘラサギか?
 今回はユリカモメも散見されました。殆どズグロカモメと思ってたので意外? 上の1羽がユリ、下の2羽がズグロ。嘴の色と長さに注目。更に風切り羽がユリの方が黒い部分が多い&大きい事で見分けがつくかと。
ユリとズグロ
 メダイチドリもチラホラ。
メダイチドリ
 何か用?
何か用?
 シギ類の大中小。(上からダイシャクシギ、ダイゼン、ハマシギ) 一緒に居ると大きさが全然違いますね~。
大中小
 ダイゼンは今回初めて見た…かも。ムナグロとよく似てますが、ダイゼンの方が白っぽいのと干潟や河口に居る事で判断出来ます。(ムナグロは田んぼや草地)
背中の模様が美しい
 ミヤコドリは今回動いてました。ダイシャクシギと一緒。
ミヤコドリとダイシャクシギ
 今年は6羽来ていると聞いていましたが今回全部確認出来ました。(下の白黒の鳥)
全ミヤコドリ
 時々ハマシギやツクシガモ等々が一斉に飛び立ったりするのですが…。
時々一斉に飛び立つ
 クロツラさんは動きません ̄▽ ̄; 到着してから寒風と足元のぬかるみで足腰が冷え捲る中、2時間半待ったけど動く気配無。
動かん…
 その内潮が引いて来たのにやはり大して動きません。私以外にも何人か年配の方が観察に来ていて、内1人が「引き潮になって移動する瞬間がチャンス」と仰ったんで待ってたのに…根負けしました ̄▽ ̄;
水が引いても大して動かん
 今回の教訓。「動くクロツラヘラサギを見たいなら満潮から1時間位後の方が良い?」…つまり満潮の時に家を出ればクロツラ待ちでも30分~1時間程度で済む…筈(推測)。
 今度行く時は敢えて時間をずらして見ようと思います。

 さて、これは初回(1/10)に貰ったパンフより。2014年世界一斉個体数調査の2726羽から2015年は3259羽と大幅に増加しているクロツラヘラサギですが、不幸な事故で命を落とす例が絶えないそうです。
クロツラパンフ
 捨てた釣り糸に絡まる鳥の事故は各地で散見されてますが、クロツラヘラサギも例外では無いのです。釣り糸やごみは持ち帰りましょう。
受難のクロツラ
 早急に保護して手当てすれば助かる個体も居ますが、流石にここまで傷つくと野生で生き延びるのは厳しい…。
流石にここまで傷つくと…
 国内の主な飛来地。東よか干潟と早津江川&筑後川河口は結構近いので行き来している個体も居るかと。
主な飛来地
 それとクロツラヘラサギとは直接関係無いですが、先日地元の新聞にこんな記事が載ってました。
シオクグ根絶作戦
 東よか干潟はシチメンソウの最大の自生地ですが、最近ここにシオクグと言う別の塩生植物が増えてるんだそうで。今の時期はシチメンソウは枯れて芽がチラホラと言う感じの中、緑の部分が問題のシオクグ。
 元々周辺に生えてる植物らしいので野鳥が持って来たのは無いかと。
緑の部分がシオクグ
 熊本では純絶滅危惧植物だそうですが、東よか干潟的にはシチメンソウを保護したいので今月末に根絶するんだとか。パンフをくれたガイダンスルームの職員さんは「寧ろ熊本にあげたい位だけどね~」と仰ってましたが、取り去ったシオクグを熊本に送る訳にもいかないんでしょうね。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1835-ff2b5901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB