のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ブリスベンIII(1)~軽くおさらい~
【2016/01/21 13:15】 海外旅行
 腹の傷は痛いが治るまで待つと埒が開かないしいい加減始めましょう。明日は二度目の診察に行く予定ですが当初よりも患部が広がってる気が…。

 今回3回目のブリスベンでしたが訪れたのは2010年の9月以来5年ぶりでした。と言うのも2010年末~2011年明けにブリスベン川が氾濫する大洪水が起こり、街の中心部が学会会場含め思いっ切り浸かった為、暫く学会のオファーが来なかったからです。(代わりに2013年にメルボルンに行った)
 久し振りに訪れたブリスベンは「洪水? 何の事やら?」と言う位、元の通りに復興していた様に感じました。
 今回は概ね晴天に恵まれたのは良かったですね。何しろ過去2回は大抵雨がちでしたから ̄▽ ̄;
高層ビル群
 本来なら2010年内に撤去される筈だった観覧車も健在です。洪水の影響なのか利用者から存続希望が出たのか、実は結構採算取れてたりするのかは知りませんが。
観覧車も健在
 川の反対側・サウスブリスベン駅の近くから撮った観覧車。相変わらず日本の観覧車に比べると速くて乗降が大変では無いかと思ったり。
実は結構速い
 フェリーから見た観覧車。
フェリーから見た観覧車
 ただ傍のクイーンズランド・パフォーミングアーツ・センターは外の飾りが無くなってシンプルに戻ってました。
飾りは無くなっていた
 2010年当時はこんなブロックの登る人達が居たんですよ。
2010年当時
 25周年記念で作った模様。…だったら2015年は30周年で何かやっても良かったのでは?…いや工事中だったしこの後何かやったのかも知れんけど。(未確認)
登る人達
 もう1回川を渡ってホテルの最寄駅・サウスブリスベン駅舎。学会会場のエキシビジョン&コンベンションセンターはすぐ裏です。
サウスブリスベン駅
 サウスブリスベン駅高架下のアート。ブリスベンも線路沿いに落書きは多い物の、ここはきちんと管理しているらしく、イーストサイドギャラリーに比べると保存状態は良いですね。
 『駅下ミュージアム』に比べたらコンパクトだけど、あれはあちらの方が凄いのであって…。
サウスブリスベンの高架下アート
 高架下アートはここに限らず散見されましたが、悪戯防止の為か他は基本柵で囲われていて絵になりませんね~絵なのに ̄▽ ̄;
高架下アート
 でも夜は夜で夜景が美しいのでお勧め。(別途紹介する可能性有)
夜景
 ブリスベン市庁舎もライトアップ。
ブリスベン市庁舎
 お約束(笑)。
お約束(笑)
 次回は一応時系列に沿ってマウント・クーサの予定。
 カテゴリは『海外旅行』ではなく多分『鳥関係』か『生物全般』になりますので御注意を。(ただマウント・クーサはあまり写真が無いので軽くやって、次のデイジーヒル・コアラセンターに行く可能性有)

 うちの海外旅行記をずっと御覧の方はお気づきかも知れませんが、オーストラリアは独自の生態系が有る為、他の国よりも生物度が高くなるのが私のジャスティス(笑)。
 纏めて読みたい方は『海外旅行』ではなく『ブリスベンIII』で検索する事をお勧めします。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1836-256cb704
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB