のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


次元航海18話補足
【2016/02/25 14:34】 ハーロック@松本零士
 前回言い忘れましたが松本先生は何時から服のハイライトを簡素化されたんですかね?
ハイライトも手抜きだなぁ
 原作1巻からの抜粋ですが、松本漫画のハイライトは元々こんな風に手が込んでいた物なのに。アニメだと動かすのが大変だから簡略化するのは解るし、私もアニメ版準拠で描いてますが生みの親自ら何時の間にかこうなっていたとは…。
従来の松本ハイライト
 *指摘されて気付きましたがどうも先生は昔から「服が真っ黒の場合はペン画ハイライト、そうでない場合は暈しを入れられる」様です。
 つまり塗り方によってハイライトも使い分けてると言う事で私の勘違いでした。お詫び致します。

 さて、17話に出て来た「巡」を見て、私は真っ先に999UJ(GALAXY EXPRESS 999 ULTIMATE JOURNEY) 上巻ラストに出て来た「大地巡」を思い出した訳です。
見た人どれだけ居るんだろう?
 しかし『透明宮への旅』は全く記憶に無かったのでイベント限定作品の1つかと思ったら、SKD(松竹歌劇団)によるミュージカルだったとは。『銀河鉄道999 in SKD』ならTVでやったのを見た事有りますが、こちらを見た人ってどれだけ居るのでしょう。ソフト化もされて無い様だから今となっては幻の作品では。(当時の様子

 …これまたマイナー所を持って来たなぁ…と思ったら、更に『アレイの鏡』ですよ。左の女性が「まゆ」ですが大山まゆとは全くの別人なんですけどねぇ。ゼロも別人だし…一番潰しが効くのは巡ですね(笑)。
アレイの鏡
 しかし松本作品には他にも「巡」が登場するのです!!
火星ホテル表紙
 こちらの「星野巡」は苗字でお解りの通り、最初は鉄郎そっくりな姿で出て来ます。
パッと見鉄郎
 しかしトイレに行こうとしたら表紙の女性・星野蛍(ほたる)に女の子と言う事があっさりバレてました。
でも既に女とばれてる
 女の子で鉄郎顔はちょっと可哀想…と思ったら実は中身は美少女。
素顔は美少女
 後半は999も出て来て鉄郎と出会います。「女の子……だったんだね!!」の「……」が意味深(笑)。
 男装キャラと言えば『蜃気楼フェリー アイランダー0』のフライヤ=ルナ=クイーンや、『陽炎の紋章』のエドワード=スネルを思い出しますが、美女では無く美少女なのは珍しいのでは。
鉄郎との邂逅
 更にハーロックも出て来ます…一コマだけ。『幻想新幹線』でも帯に描いてるのに一コマだけ…。
 最近ダナサイト999.9のアニメ版でハーロックがピンチに都合良く出るシーンに爆笑したのですが、正直彼を取ってつけた様な御都合キャラにして欲しくないんですけど ̄З ̄;
たった一コマだけ…
 この作品は日本宇宙少年団発行の『L5』と言う雑誌に掲載されてたのですが、例によって放置プレイ中(苦笑)。しかも零士Futureで仲間が先生に色紙をリクエストしたら、「覚えていない」と言われ、止む無く別のキャラにしてもらったそうです。
 哀しいなぁ…マイナー作品でも好きな人は居るのに、当の作者に忘れられてしまっているとは。

 ただ今回全く関係無い筈の『アレイの鏡』を持って来た位だし、元々リンクしている『火星ホテル』も絡めて、あの巡が「星野巡」と言う可能性も無い事は無いんですよね。幸い鉄郎顔だから何とでもなります(笑)。美少女でした~をやるとは限りませんが。

   



この記事に対するコメント

実は巡は鉄郎の「生まれてこれなかった妹」なんじゃないかなぁ…というのは私の完全な妄想です。
【2016/02/25 14:44】 URL | リビエラ@二代目 #- [ 編集]


描いた本人よりもファンの方が詳しいとか結構普通にありますしねぇ。
特に松本先生の場合お歳もお歳ですので忘れていても仕方ないかと。

手塚先生程ではないにしろ松本先生も多作な方ですから。

あと、服のハイライト、簡略化と言うか描き方から変わっているように見えますね。
1巻の表紙はペン画+水彩絵の具っぽいですが、ポスターの方は筆(墨)+水彩っぽく見えます。
滲みやぼかしの表現で服の柔らかさを出すようにシフトしたとか。

…握力の低下ら辺が理由としては現実的な気もしますが(苦笑)
【2016/02/25 17:34】 URL | うめ #- [ 編集]

実は使い分けていた?
>二代目
 成程そう言う裏設定が有っても面白いかも。しかし君は星野巡に執着するねぇ(笑)。

>うめ
>描いた本人よりもファンの方が詳しいとか結構普通にありますしねぇ。
 そして劣化した本人よりもファンの方が絵が上手かったもすると(苦笑)。
 読み切りレベルならいちいち覚えてないかも知れんね。連載でもあまり印象に残ってない物は忘れてしまうのかな。

>1巻の表紙はペン画+水彩絵の具っぽいですが、ポスターの方は筆(墨)+水彩っぽく見えます。
 そう言えば単行本の表紙はペン画+水彩だけど、ポスターは大分前からこんな感じになっていた様な…。
 
 気になったのでちょっと確認したら、昔は勿論近年の絵でもハイライトはペン入ってる物も有るんだよね。
 どうやら服が真っ黒だとペン画、そうでない場合は暈し水彩と使い分けているっぽい? 

 …となると今回のポスターは真っ黒では無いから暈したのかな。う~ん成程…。

 ハイライトは私の勘違いとして、原寸からどれ位引き伸ばしたか知らないけ、塗りが相当酷く感じるのは確かと思う。
 
 原画展で見た時はキャラの絵自体は劣化してても、カラー絵は細かく丁寧に描かれていた印象が有ったから、今回のポスターが色んな意味で残念なのは揺るがない(苦笑)。
【2016/02/25 18:10】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1851-41c72171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB