のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ポーランドII(9)~続ビャウィストク街歩き5~
【2016/07/28 15:49】 海外旅行
 【戦争の遺物】
ルートマップ詳細版
 前回の絶賛工事中を抜けた所に曰く有り気に展示してあるこの貨車。
 どうやら隣りに在るビャウィストク陸軍博物館(Muzeum Wojska w Białymstoku)の野外展示物の様です。
この貨車はつまり…
 …で、解る人はこの貨車が何なのか速攻察すると思いますが、要はユダヤ人を収容所送りにした貨車です。
これでユダヤ人を護送した
 しかし何故ビャウィストクにこんな貨車が…?
貨車3
 ヨーロッパ各地におけるユダヤ人の強制隔離居住区をゲットーと言いますが、そこから強制収容所に送り込んだ時の物です。
 ポーランド国内ではワルシャワ・ゲットーが一番規模が大きかったのですが、ビャウィストクにもゲットーが存在し、そこのユダヤ人は共に同じ強制収容所…と言うよりも、虐殺を目的とした絶滅収容所に送り込まれました。
 
 ユダヤ人虐殺と聞けば誰しもが「アウシュビッツ」の名を思い出すでしょう。しかし正式名称アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所とは別に、ビャウィストク近辺にトレブリンカ強制収容所が在ったのです。…なのでトレブリンカに送り込んだ貨車と思われます。
 ここで実に70~80万人ものユダヤ人が虐殺されましたが、焼却炉が無かった為、遺体を埋めた周辺の土地は物凄い異臭を放っており、閉鎖が決まった後の遺体処理や口封じに関係者を抹殺した等々、これまた酷かった様です。
 場所はビャウィストク郊外と聞いてたんですが、今回来る途中で乗り換えたマウキニア郊外と言った方が正しい様ですね。ヒトラーが証拠隠滅と称して施設を破壊した為、現地に遺された痕跡は後で復元された物だそうです。

 この貨車の中は自由に見学出来る様になっており、壁一面に犠牲となったユダヤ人の写真や絵が展示されています。ここに写っているスコープでは更に悲惨な様子が窺えますが、写真を撮れる状態では無かった為省略。
中の様子

護送されるユダヤ人の絵

鞄に入れていた子供が死んだ?
 アウシュビッツは負の世界遺産として世界各地から見物客が絶えません。特にドイツでは「ナチスの過ちを繰り返さない為に」、学校教育の一環として学生が見学に来るし、現地の日本人ガイドは中々予約が取れない位、日本人も訪れていると聞きます。

 対するトレブリンカは交通の便も悪い辺鄙な場所で、気軽に行ける場所とは言えませんが、悲劇はアウシュビッツ以外でも起こっていたと言う事です。

 更に博物館向かい側の広場には第二次大戦における各国の状況がパネル展示されていました。如何せんこの辺りでデジカメの電池がヤバくなって来たのと、日が暮れかけていた為ザッとしか見てないですが。
関係諸国展示してある
 ポーランドの項目。
ポーランドの被害状況
 それにしてもこいつが何故ユダヤ人をあんなに憎んだのかには諸説有る様ですが、ISですら(今の所は)やってない非人道的な所業を臆面も無くやれたよな~このキ○ガイ。
このキ○ガイのせいで…
 このモニュメントは戦争慰霊碑…と思ったんですが違うっぽい??
モニュメント
 博物館外観。閉館間際&有料だった為中には入りませんでした。しかし前回はこんな施設が在るなんて知りませんでしたよ。滞在時間は今回の方が短かったんですが収穫的には寧ろ上かも。
博物館
 日没が迫ってるのでそろそろホテルに戻りましょう。例の潰れた居酒屋。こうして見ると潰れている様には見えませんね ̄▽ ̄;
潰れたのかぁぁ…
 旧市役所兼ポドラシェ県博物館はやはり遠くからでも目立ちます。ただ人が入ってるのを見た記憶が無いんですよね ̄▽ ̄;
夕方の旧市庁舎
 そんでもって夕暮れのビャウィストク大聖堂が美しい…。
夕焼けに教会が良く映える
 因みに右に曲がった先の日本料理屋「Tanoshii」の車。こんな日本人が来そうにない所にも日本料理屋が在るとは意外?
近くの日本料理屋の車
 前回ザピェカンカ事件(笑)が有った店も健在。店の前で馬鹿ップルが暫くイチャついてたけど、何故に馬鹿っプルは何処の国でも見ていて不愉快なのだろうか ̄_ ̄;
馬鹿ップルがいちゃついていた
 位置の関係で聖ニコラス大聖堂は逆光気味になっとります。
夕方の大聖堂
 次回はワルシャワに戻りますが、その前に一寸別の所も見に行ったんで『街歩き6~ワルシャワへ~(仮)』をお送りします。 

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1919-6fb4a03e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB