のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


次元航海25話感想(詳細版)
【2016/09/22 13:48】 ハーロック@松本零士
 今朝デジカメが帰って来ましたが、今回の画像は古いデジ一で撮影しております(…って言わないと判らんよな(笑))。

 UPにされると一瞬見分けがつかない台羽とゼロ。元々同じ顔立ちだから仕方無いですけどね(苦笑)。
パッと見そっくり
 でもゼロの方が睫毛長くて美形って感じ。
ゼロの方が美形かな
 短時間の内に植物に浸食されたボレットを前に、ゼロは台羽がこれを使いこなせてない事を指摘します。機械と言えども造った物の魂は宿る。それを理解せずに単なる機械として扱うのは感心しないと。
 ゼロの言い方はきついけど台羽も自覚はしていました。台羽独りではマゾーンのコアを破壊出来なかったのは確かですからね。
 ただ台羽は樹木と一体化した部隊とは別にメガロポリス中心にマゾーンの指揮系統が有る事を示唆します。

 ここから原作に有った「マゾーン狩り&台羽とミーメのやりとり」は期待出来ないでしょうねぇ…。少なくとも静香との対峙は避けられないと思いますが、今回の静香は大人しくアルカディア号に乗りそうにないし。

 一方アルカディア号に侵入したゾルは飛んでも無い強敵と対峙します…その名は魔地機関長!!
ゾル、応戦一方
 何ですかこの「機関長の余裕の顔は!! しかも「ガイアフリート時代はハーロックとよくやり合った」ですとな?! お互い若い頃は喧嘩っ早かったんですかい。今の次元ハーからは想像もつきませんが。
機関長強ぇぇぇぇ!!
 素手でゾルの装甲服を破壊とか、こんなに戦闘能力の高い機関長初めて見ましたよ!!…強ぇ…魔地機関長強ぇぇぇぇぇぇ!!
素手で壊してますよ
 敵わぬと知ったゾルは高圧電流のパイプ(因みにこのパイプはアルカディア号の物なのか、ゾル艦から引っ張って来たのかどっち?)で自殺してしまいます。
もう終わり?!
 …ちょっ…ゾルこれだけなの? ろくに喋ってもないし機関長に臆している姿しか描かれて無いのに!!
 それともこの後蘇生したゾルが己の身の内を語ったりコスモグラフ記憶器を渡したりするんですか? もしこのままゾル退場で終わったら一体何の為に出て来たのかと思っちゃいますぞ(苦笑)。
 
 ゾルの死と入れ替わりにアルカディア号は謎の惑星の重力に引き寄せられるのですが、今日も出番が少ないキャプテンの後ろでミーメが言う「惑星デライザ―」は何か元ネタ有るんですか? 惑星デスシャドウの代わりだとしたら名前を変えたのは何故?
 今回この2コマしか出番が無いと思ったら実は前の頁にも出てました(笑)。ただそちらは小さい後ろ姿だし、下の画像は顔の一部だけで相変わらず何処が『キャプテンハーロック』なのか解らん位出番が少ないですねぇ(笑) ̄▽ ̄;
もう1コマ有ったよ(笑)
 …等と本編は謎が尽きませんが(苦笑)、今回の目玉は予告のガンフロに尽きますよね!!
ナニは有るのかねナニは?
 『松本零士大解剖』で島崎先生が『ハーロック誕生秘話』を描いてたのを見て、「島崎先生によるキチンとした松本漫画が読みたいなぁ」と思ってましたが、まさか本当に実現するとは!!

 ただ何故ガンフロなんでしょうね。ハーロック2本立ては私は喜びますが宇宙海賊とは別の話なのに。
 まあ仮に宇宙海賊時代の冒険譚だとしたら次元航海が比較されてしまうので、秋田書店が版権持ってる作品でトチハーの原型でも有る本作に白羽の矢が当たったとか?
 それにしてもナニは有るのかね、ナニは(笑)。アニメのガンフロがナニ大幅削減且つ中途半端に終わったので、その辺も含めてきちんと描いて欲しいですね。
 エログロOKな雑誌だからその辺は遠慮しなくても良いと思うのです(笑)。

 しかし次回から2本立てで感想書かないといけませんねぇ~(笑)。表紙がハーロックで付録が『少年プラズマ戦隊』…と、めっちゃ松本作品三昧で楽しみです。
 来月5巻が出るそうですが先ずは小学館のハーロック完全版を予約せねば…。(今回もまんだらけ限定版は出るの?)

 長くなったので次回は25話の補完編やります。



この記事に対するコメント
ガンフロだとぅ?!
 原作は読んだことないけどアニメならとりあえず中抜けしたけど見たことがあるガンフロンティア。
 エロいシーンが多々あるはずなのに、全体的にギャグとシリアスと雰囲気でそうエロくも感じないという不思議。

 松本先生の描かれる女性のエロさは、最近の成人向け作品のようなとってつけたようなときにくどさが際立ちがちでなく、かと思うと時折非常に性に奔放で気ままに振舞ったりしながらもけしてキャラが下品すぎるわけでもなく、そのなかで濡れ場は情景と想像をしっかり掻き立ててくるので好きなんです。
 ん~これは来月号買わないといけないな~
【2016/09/24 00:30】 URL | 楓@鎮守府秋の秋刀魚祭り #fzXxwl2E [ 編集]

ガンフロっす
>楓さん
 アニメは初回放映時間が木曜10:00~で視聴者年齢制限が無かったせいか、大幅にナニ削減な上に原作に無いトチローの妹が攫われた所で終了でしたからね。
 作画バラつきも激しかったしあまり好きでは有りません。原作はそれはそれは如何わしいのに(笑)。

>松本先生の描かれる女性のエロさは
 最初にガンフロ読んだ時は「ハーロック」がやってるシーンにショックを受けて、本を閉じましたからね(後で読んだけど…(笑))。

 初めて読んだ濡れ場が『元祖大四畳半大物語』と言うアダルト版おいどんで、これも相当ショックだったけど、後に余所の成人向け漫画と比較したら露骨な表現が無い分、想像力が鍛えられて寧ろ「クル」んですよ(笑)。
 黒ベタをこんな風に使う方は他に居ませんよ!!(笑)

 来月号は買いですよ。
【2016/09/24 10:48】 URL | Pin #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1946-564e96f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB