のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


次元航海25話感想(補足編)
【2016/09/23 00:02】 ハーロック@松本零士
 魔地機関長が「ガイアフリート時代はハーロックとよくやり合った」と言ってたので思い付いたネタ。
拳で語る友情かな

 ガイアフリート第四艦隊に若い新しい艦長が就任すると聞いて、宇宙船のエンジンを扱わせたら右に出る者は居ないと評される魔地機関長は良い気分がしなかった。

 魔「フン!!どうせ上層部のコネで昇進したお飾り艦長だろ?」「そんな奴がエンジンの『声』も聞かずに好き勝手命令するのは気にくわねーな!!」

 そこに就任の挨拶に顔を出したハーロック。

 魔「思ったよりも若いな…なあどんな風に上層部に媚び売ったんだい?」

 ハ「別に媚など売ってない。相応の戦績は挙げて来た」

 魔「へぇ…だがなこの艦のエンジンは俺が一番良く解っている。あんたがこの艦を操るに相応しいか見せて貰おうじゃないか」

 ハ「どうやってだ?」

 魔「決まってるぜ…拳で語り合うのさ。お互い手加減無だぜ」

 見た目だけで判断する分には体格のいいハーロックが明らかに有利に思えた。だがハーロックは魔地機関長の眼の奥に戦士としての炎を見た。

 魔「先に行かせて貰うぜ!!」

 ズシン。体の小さい分俊敏性を活かした魔地機関長の拳は、確かに重かった。ハーロックは片手でそれを受け止めると今度は自分から拳を繰り出した。

 力の程は全くの互角。男は見た目で判断してはならない。そう、我が友トチローの様に。

 ハ「ふ…ふふふふ…」

 魔「何がおかしい?!」

 ハ「いや…お前さんと同じ魂を持った男が居るもんでな」

 魔「へぇ~今度紹介してくれないか?」

 ハ「決着が着いたらな!!」

 お互いの拳を奮いながらも2人の間には一種の連帯感が生まれつつあった。
 喧嘩を始めてから早や30分。双方息が上がって来た。

 魔「そろそろ終わりにしようや」

 ハ「望む所だ」

 と言った瞬間2人の拳が互いの頬に炸裂!! 同時に倒れ込む2人。床に倒れ込んだまま魔地機関長はハーロックの顔を見た。

 魔「中々やるじゃないか…認めよう。あんたはこの艦の長に相応しいと」

 ハ「お前さんならこの艦のエンジンを任せられるな」

 そして互いに笑い出した。男なら言葉を交わさなくても拳を交わせば人となりは解る。改めてそう確信した2人だった。

 一方この騒ぎは知りつつも敢えて静観していたトチローは、自分の机の傍に置いてあった清酒『美少年』を取り出した。

 ト「さて漸くこいつの出番だな…」

 そう言いながら彼は2人の所に向かって行った。


 それにしても初対面?の時だけでなく何回も喧嘩したんかい(笑)。ハーロックが無茶な進路変更を言いだして機関長が臍曲げたのが原因とか?(笑)
 そんなハーロックも成長したのかこんな風に機関長を丸め込める様になりましたとさ(笑)。
酒で丸め込む
 ついでに上の絵を描くまでの没Ver.も載せておきます ̄▽ ̄; 最初はこんな風に「うふふVvあははVv」なイメージでした^^;

初回版

 しかし「拳で語るシーンを入れるべき」と思って完全に描き直し。全身入ってるのは良いがこれではトチローを描くスペースが無い、と言う事で更に描き直したのが冒頭の絵と言う訳です。
改訂版

 因みにTwitterでは先にこんな感じでUPしてました。(しょーもない)

TwitterVer,

 ザッと小説にしてみましたが私は基本小説は書かないんでどなたかこんな感じで描いてくれませんかのぅ…。自分で描くなら漫画だろうけどアクションシーンが様になるか保証出来ない^^;

この記事に対するコメント

「補足」の分量じゃない…w
【2016/09/23 00:10】 URL | リビエラ@二代目 #- [ 編集]

漢なら言葉は要らない
朝からPinさんのイラストが見られて嬉しいですv-238
メガネも吹き飛ぶ熱い一戦ですね! ガイアフリート時代からのつきあいだったのが驚きでした。トチローを直接知っているような口ぶりの台詞は前にもありましたが、海賊になってから知り合ったのだとばかり思っていました。

「大宇宙のサルガッソー」も気になるところ(名前の変更はやはり海賊島及び戦艦とかぶるのを避けるためでしょうか)。旧アニメ版では身動きの取れなくなった艦内で真樹夫さん……否、キャプテンが「フフフ……ハハハハハハハ!!」と哄笑しクルーたちがドン引きしていたのが印象に残っていますが……。
しかし今回個人的に衝撃を受けたのは、ゼロ君のおっかさん(「マーマ」って呼んでましたね)が意思表示できるらしいことでした! 

そして島崎先生のガンフロ! この雑誌にはむしろ宇宙海賊よりこちらのほうが合っているかもしれませんね。
これで今後貴ブログにてPinさんのガンフロ絵が見られるに違いない……とひとりほくそ笑んでおります。
【2016/09/23 08:30】 URL | ぽちゃ #mRj3GGPI [ 編集]

魔地機関長押し半端無い
>二代目
 だってこれ描いてたから感想が遅れたんだもん(笑)。本当は詳細版と一緒に載せるつもりだったけど長いから分けただけで。


>ぽちゃさん
>ガイアフリート時代からのつきあいだったのが驚きでした 
 生前のトチローと面識が有るのはミーメを除けばヤッタランのイメージだったんですけどね。(ニーベルング原作や宇宙交響詩メーテル等で共演有り)
 次元航海の魔地機関長押しは知ってたけど、ガイアフリート時代から知り合ってた事以上に、あまりの戦闘能力に驚きましたよ(笑)。

 多分ハーロックも若い頃は結構頭に血が上る性分で、進路変更等々で機関長と衝突してたんでしょうね。一種のストレス解消も兼ねていた気はしますが。

>キャプテンが「フフフ……ハハハハハハハ!!」と哄笑しクルーたちがドン引き
 原作では台羽に「男には何をしても駄目な時が有るんだ云々」言ってたけど、アニメみたいなヤケクソ状態では無かったですよね。一寸なーあれはなー ̄▽ ̄;
 正直「キャプテン、頭おかしくなったの?!」と思ったもんです-Д-; 

>ゼロ君のおっかさん(「マーマ」って呼んでましたね)が意思表示できる
 イタリア風の呼び方はともかく意志有ったんだ…。ゼロとしか意志疎通出来ないのかも知れんけど、これで喋り出したら興醒めですな ̄▽ ̄;

>ガンフロ
 雑誌のカラー的にはこちらの方が合ってますな(笑)。遠慮無くナニを描いて良いんですよ?島崎先生(笑)。

>Pinさんのガンフロ絵が見られるに違いない
 実は描いた事無いんすよ^^; 歴代ハーロックを集結させたギャグをやろうかと思った事は有るんだけども。
 しかし遂にガンフロ絵に着手する事になる…のか?!(笑)
【2016/09/23 17:10】 URL | Pin #j3GclXO2 [ 編集]

拳で語る<とりあえず殴っとく
 PinさんのおNewのイラストが小説つきで!
 これはいいものを拝見できました~眼福眼福。
 
 松本作品のイメージのひとつに、とりあえず(気にくわんとかで)意見が食い違ったら拳が出るというか殴っとくていうのがあります。
 ハーロックも最近のリメイク版あたりだとクールでかっこいい(でも心は熱滾っている)イメージが強調されているように思えますが、原作だともっと気さくというかお茶目なところがあったりしますから、このイラストのようなやりとりがあっても納得いきます(笑
【2016/09/24 00:11】 URL | 楓@鎮守府秋の秋刀魚祭り準備中 #fzXxwl2E [ 編集]

その後酒を飲む(笑)
>楓さん
>PinさんのおNewのイラストが小説つきで!  
 本当は絵だけのつもりだったんだけどザッと話も思い付いたんで。機関長をもっとドスが効いた感じで描き直してみたい。

>意見が食い違ったら拳が出るというか殴っとく
 んで殴り合った後、誰かが「まあ飲め」と酒を勧めて和解する(笑)。殴り合いよりも「何か有ったら酒で解決」のイメージの方が強い(笑)。

 今のハーロックはトチローが死んで良く言えば渋く悪く言えば暗くなったんで、トチロー健在時の彼は良く笑ったし頭に血が上るし一寸お馬鹿だったと思うんですよね。(ガンフロハーロックみたいな感じ。ナニとは無縁だったかも知れんが)

 原作の「酒で丸め込む」シーンは凄く好き~(笑)。
【2016/09/24 11:01】 URL | Pin #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1947-28a9a7f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB