のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ミュンヘンII(10)~ニュルンベルク3~DB博物館2~
【2016/10/19 21:47】 海外旅行
 館内マップの2階の赤で囲った部分は行った当時工事中で観られませんでした。(→該当部分の感想
 戦後からベルリンの壁崩壊までの時代が非公開は残念ですが、ベルリンで散々現物観て来ているからダメージは少ない…かも??
赤い部分は工事中で非公開
 1900年頃の座席の実物大模型と内部の様子。
1900年頃の座席
 当時運んだ荷物の例。鶏、ミシン、石鹸(積んである白い物体)、自転車に工具…と纏めると結構カオス。
当時運んだ物
 一寸離れた所にはヤギも。ここに無いだけで家畜は一通り鉄道輸送されていたんでしょう。
ヤギも入ってたとは。
 流石バイエルン州。ビアマグが凝ってます。
流石ビールの国
 この頃の制服は結構お洒落ですね。
制服が結構お洒落
 ただ1914~15年、つまり第一次大戦の頃から展示物が一気にキナ臭くなって来ます。
第一次大戦の頃からキナ臭く
 ナチス一色の駅舎。(何処の駅なのかは不明)
ナチス一色

ナチス一色
 シーネンツェッペリン。片や新幹線0系っぽくて片やプロペラ付とは何とも珍妙なデザイン^^; でも1931年6月21日に230 km/hと言う世界最速を記録した車両で、ガソリン車としては今でも世界最速とは何気に凄いな。
 真中の写真を撮った場所は”Wuppertal-Elberfeld”と有るから場所はヴッパータール…つまりガッコンコンコォオンの兄弟が走ってる街も通ったのね。
変な列車だ
 1934年6月にヒトラーとムソリーニが初会談した時の映像。ムソリーニ(本物)。
ムソリーニ(本物)
 こちらはムソリーニ(最前列左)を迎え入れた時のヒトラー(同右)。
ヒトラー(本物)
 当時は総統自らシャベル持って働いた等々、国民への印象操作が半端無いですな。(因みにポスターの写真は合成)
まあこんな風に総統閣下は凄いとか煽ったと
 んでこの向かい側では2人の会談をおちょくった、チャップリンの『独裁者』を流しているのが中々皮肉が効いてますね。
チャップリンの『独裁者』
 この様なナチス一色の展示の奥にはあのアウシュヴィッツの「死の門」が…。
その奥に死の門…
 ただユダヤ人関連は軽く扱うに留めていた印象。実際にユダヤ人を絶滅収容所に送り込んだ貨車は、ベルリンの技術博物館ビャウィストクで観てるから現物展示には拘りませんけども。
死の門2
 どちらかと言うと「戦争で鉄道網が如何に破壊されたか」の方をクローズアップしていた様に感じました。
破壊された車両

爆撃の様子と不発弾
 場所はガラッと変わって1990~2020年のコーナー。ドイツ博物館の新設部分でも感じたけど今時はこんなデザインが流行りなんですか?
今の流行か?
 やたら派手であまり好きでは無いのですが。
あまり好みでは無いんだけどな
 お、ベルリン中央駅の内部構造模型。
ベルリン中央駅
 模型の展示は流石ドイツと言った感じで実に精巧で素晴らしいです。
模型のラインナップは素晴らしい
 全部紹介するのは不可能な位充実のラインナップ。
徹底している
 同じSLの縮尺率を変えたVer.を一通り作る辺りも凝ってますねぇ。
ここまでやるか(笑)

同じSLの縮尺率を変えて展示
 次回はこの項目の最終回として屋外展示の様子を紹介予定です。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1959-9ac9037e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB