のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ミュンヘンII(11)~ニュルンベルク4~DB博物館3~
【2016/10/28 20:29】 海外旅行
 DB博物館本館と分館の位置関係(分館はやや適当)。
本館と分館の位置関係
 アドラー号の見つめる先の線路は分館を越えてDBの営業線まで繋がっております。
アドラー号の見つめる先に
 分館に行くには窓の所のボタンを押して一旦外に出ましょう。線路伝いに途中建物の中を潜って行くのですが、一般道を通るので分館入口でチケットチェックが再度有ります。 
外から見た本館
 一寸したトンネル気分。この建物はDBの事務所らしいので一応敷地内と言えましょう。
建物の中がトンネル風
 線路は更に延びてますが分館に入るには赤い看板の通り右に曲がらなくてはなりません。
線路はDBの営業線に繋がっている
 分館入口。尚、再度本館を観たい時は今来た道を戻った後、右に曲がって玄関から再入場して下さい。アドラー号の所からは入れませんので御注意を。(そうしないとただで入る連中が続出する)
分館入口
 分館の中は車庫になっており車両が幾つか展示されてます。
 このICEは未来型車両なのでやっぱり模型です。…と言うかここに本物のICEは無いのか? 例の事故車はやはり一般公開してない模様。
このICEも模型

未来型ICE
 T18と言うSLらしいです。
SL
 T18が牽いてる木造車(クラシックカー)。
木造車
 この車庫を出るといきなりの解放感!! 天気も良かったので実に爽快なり。
出るとこんな感じ
 車庫の横にはミニ機関車用のホームが有り乗る事も出来ます。
ミニ機関車に乗れるよ~
 凄くちっちゃくて可愛い。
 尚、線路は車両を留置してあるスペースの横を走る為、車窓的にはう~ん…普通に降りて撮るのと変わらないかな?と言う感じです^^;
凄くちっさい
 寧ろホームの設備の方が本格的だったりして。
ホームの方が凄い
 日本の国鉄色を思い出す配色…リヒテンベルクのVT18.16を思い出すんですが寧ろ日本の国鉄がDBに倣ったのでは?
日本の国鉄色っぽい
 SLの中身です。外側は何処に行ったんでしょう? 剥き出し且つ雨曝しの為錆まくってます。
SLの中身
 長距離列車の様ですが…困った事に屋外展示分は特に説明板が無い為形式が判りません。
寝台列車?
 SL時代の梃子信号所。ドイツの駅の傍には大抵これが残っていて、しかも落書きだらけなのが当たり前になってますが、流石に博物館内なだけあって綺麗でした。
梃子信号所
 1階奥は閉鎖されてるので2階に上がると梃子が一杯ならんでてしかも動かせます。勿論既に機能してないから勝手に動かせるのであって、現役なのにそんな事させたら大惨事っすよ。
動かせます
 窓から見た分館の様子。
窓から見た分館内
 その反対側はDBの営業線です。
右はDB営業線
 仕切りが有って中に入れない所の車両は保存状態がかなり悪いですね。
保存状態が悪い
 さて、車庫を通って外に出ると柵の向こうにアドラー号が走る時用の線路が見えます。
アドラー号はこの先にも出られる
 これ見た時は何でこんな物が?と思ったら走行時はここから乗降させるんでしょうね。生憎何時走るか解らなかったので乗れませんでしたけど。(かなり不定期っぽい)
運転時の臨時駅?
 …と言う事でDB博物館に行った時は分館の存在もお忘れなく!!

 さて、次回はニュルンベルク最終回(予定)として、旧市街を中心にお送りしたいと思います。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1963-885ace3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB