のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ミュンヘンII(17)~交通センター1<鉄道編>~
【2016/12/14 12:35】 海外旅行
 ドイツ博物館のもう1つの分館・交通センター(Deutsches Museum Verkehrszentrum)は、ミュンヘン中央駅から南西行きのU4かU5で2駅目のSchwanthalerhöhe駅からすぐの所に在ります。
 オクトーバフェスト会場が在るTheresienwiese駅の次の駅でその気になれば歩いて移動も可能な距離です。(実際歩いた)
 駅構内の通路に有る看板に従って上に上がるとこの様な建物が見えますが、これは3つのホールの内の2つで正面玄関はここを潜った先に在ります。
駅を出るとこんな
 普通はこの写真で紹介されますね。マーラーの交響曲第8番「千人の交響曲」初演はここで行われたそうです。
正面玄関
 この時は馬車の特設展示をやってました。要するにばん馬ですよ。ばんえい競馬の元ですよ。
馬車の特集やってた
 中に入って先ず目についたのは1900年に作られた「Landwuhrden」と言う蒸気機関車。
「Landwuhrden」
 1926年にニュルンベルク~フュルト間を走ったトラム。DB博物館でも言いましたがこの区間はドイツで初めて鉄道が走った所でも有ります。へ~普通の鉄道だけでなくトラムも走ってたんですね。
 ただ車体の幅が狭くてついでに脱線している様な(笑)。
ドイツ最古のトラム
 脱線と言えばこちらは実際脱線したトラムを元に戻す様子を再現しております。
トラム脱線再現
 鉄道が普及する前の主な交通機関は馬車なので、馬車と共に馬の模型も展示されてますがサラブレッドっぽい馬ばかりなのは一寸気になりました。
ばん馬は?

ばん馬は~?
 写真や絵では寧ろばん馬の方が多いんですけどね。
絵や写真はばん馬も居るんだが…
 馬具は昔も今もばんえいと基本は変わらないのでホッとします。
まるで装鞍所
 ミュンヘン地下鉄新型車両の模型。展示した頃は未だ走って無かった様子。
模型外観
 中の様子。人が乗ってる様に見えますが床の色が変わってる所から先は写真です。
地下鉄新型車両模型
 「新型車両が走るんだぜぇ~えへえへ♪」みたいな。
新型車両だぜぇ~
 こちらはベルリンのS-bahnの古い車両。Erknerはヴォルタースドルフ鉄道に行く時にお世話になったS3の終点です。
ベルリンのS-bahn
 本物と一寸違いますがシーネンツェッペリンの模型でしょうな~。
シーネンツェッペリン模型
 懐かしのアンハルター駅。
おおアンハルター駅
 まるでDB博物館の様にICEと蒸気機関車(J.A.MAFFEI 1912)が…。但しこちらはアドラー号みたいに走りません。
DB博物館の様だ
 19世紀末スイスに導入された最古級の山岳鉄道用蒸気車。
スイスのアルプス蒸気車
 蒸気で良く山岳地帯を登れたもんです。
SL付とは変わってる
 
こう言う仕組みで登ったよと
 因みにスイスには『ブリエンツ・ロートホルン鉄道(Brienz Rothorn Bahn )』と言う、蒸気機関車で走る山岳鉄道が健在だそうなので、昔からこの様な車両が有ってもそんなに驚く事も無いのかも。
当時の様子
 山岳鉄道と言えばオーストリアのゼメリング鉄道は世界遺産になってます。
世界遺産
 鉄道編はこの辺りにして次回は自動車編をお送りします。(若干鉄道も混じるかも)

 後、このミュンヘンIIも漸く終わりが見えて来ました。
 「自動車編」→「ミュンヘン中央駅」→「シュバイネハクセ(グルメ関係)」が済んだら、年内にヴロツワフに移ろうと思います。
 総括はヴロツワフが終わってからで良いかなと。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1984-986d09b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB