のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


サイボーグ009の絶滅鳥
【2017/01/14 11:51】 鳥関係
 もう明後日と言うのに自給自足祝いがヤバイ…。ハーロックの脚の構図が決まらん…。
 今日は有明パラダイスに行く予定でしたが、暖冬でイマイチ鳥が来てないと言う情報も有るし、天気は良い物の強風と言う予報も出ていた為(結局大丈夫だった?)、取り敢えず雑用を進める方が賢明かと。

 ところでアニマックスでサイボーグ009(昭和カラー版)を放映中なのですが、先日の『#38 百獣の王ライオン 野性の雄叫び』で4大絶滅鳥が出ましたよと。
 ネオ・ブラックゴーストに因って人工頭脳を埋め込まれ、高い知能と自分の意志を持ったライオンが、他の動物達を扇動し人間に反旗を翻す話ですが、「人間の身勝手さで絶滅した動物」の例に何故か鳥ばかり出て来るんですよ。
 「飼育されているライオンが洗脳により人間に反旗を翻して最終的には殺される」と言う基本展開は、原作009の『動物園にて…』を参考にしたと思われますが、絶滅鳥関連は『さらば、ネッシー』を意識したのでは無いかと。
 こう言う絶滅・希少動物に対する人間の身勝手さを訴えた話はツボなんですよね。

  因みに『さらば、ネッシー』は初めて読んだ009シリーズだったんですが、長い事タイトルを失念していまして009ファンのツイ友に聞いて漸く判りました。(怪人さん、その節は有難うございました)
 こちらはネッシーを生け捕って金儲けと売名行為をたくらんだ男が、00メンバーの正体を暴露すると脅して半ば強制的に協力させます。
 これに反対したネッシー保護団体の女性が、009に人間の愚かさを訴える際に4大絶滅鳥を引き合いにする訳です。(そしてこのシーンしか覚えていなかった^^;)
さらば、ネッシー1
 初見では「オオウミガラスの絵が適当」に感じたんですが、加筆修正したのか当時の勘違いなのか、改めて見ると結構リアルに描かれてますね。
さらば、ネッシー2
 さて、前述のアニメの方に出た絶滅鳥達。
 先ずはドードー。線画はともかく塗り分けが殆どされてません。
ドードー009版
 オオウミガラス。頭の上に白い線が有るのはおかしい。多分オオハシウミガラスと混同しているのでは? 現生鳥類で最もオオウミガラスに近縁だし。 (デジカメで撮ったせいかも知れんが、左右の足の長さと太さが違うのも気になる)
 ついでに上のリンクには私が描いた絵が結構出て来るぞ(笑)。
オオウミガラス009版
 色が全然違うけどリョコウバト…だと思う。
リョコウバト009版
 モアに至ってはシルエットでしかないと言う。体型的にはエピオルニスっぽいけど多分。
モア009版
 …明らかに原作の方が上手いです。
 
 気になったのでついネタにしてしまいましたが実はヴロツワフの繋ぎだったりする^^;

この記事に対するコメント
アニメや漫画に鳥が出る話
お久しぶりです!年明けは、鳥インフルエンザ騒動などで鳥見的には受難な感じで始まってしまいましたこちらの周辺です・・・。
またこちらでも暖冬のためか、アオジなどは以前よりもいる数が心なしかそう多くはないように感じます。

見ているアニマやマンガに、実際の鳥や生き物、自然の様子が正確に(絵や説明)されていると嬉しいですね。マンガでの女性のセリフが的を得ていたりして辛いところも(苦笑;)

あ、私も「この世界の片隅に」見ました。シロバナタンポポについて取り上げているのが嬉しかったです。また白鷺が干潟でカニを捕っている場面とかもありましたが、シギチドリもいたはずなので出てくると良かったのにな~、というのはいささか贅沢でしょうね;;
海苔養殖の様子も興味深かったです。以前子どもの頃手伝っていて、遊びに行けなくて嫌だった~、という話をしてくれた人がいたことを思い出しました(笑)
【2017/01/14 18:23】 URL | ウリカエデ #2rcSbDOc [ 編集]

今日は有明パラダイスへ
>ウリカエデさん
 お久し振りです。今年も宜しくお願いします。
 折角の酉年なのに各地で鳥が受難に遭ってますね。ただ鳥インフルは近年幾ら気を付けても毎年発生するんで困ったもんです。

 今日有明海に行って来ましたが、やはり暖冬で鳥の数が少なかったです。しかも満潮なのにあまり潮が来ず、そのまま干潮になって行った感じで物足りませんでした ̄З ̄;
 前年度よりも数の増えたミヤコドリを観ていたら、クロツラさんが飛んで来たのはラッキーと思ったけど潮の関係で動きやしねぇ…^^;

>見ているアニマやマンガに、実際の鳥や生き物、自然の様子が正確に(絵や説明)されていると嬉しいですね。

 絶滅鳥でドードーは時々見かけますが、それ以外は珍しいので初見でもこのシーン「だけ」覚えていたんですよね。
 この話は短編ですが希少動物を私利私欲で独占する、人間の愚かさが描かれていて結構シニカルな内容でした。

>「この世界の片隅に」
 仲間に出資した人が居て(スタッフロールに名前も載ってる)勧められて観たんですが…あれは刺さるわ~。久し振りにツボなアニメに出会いましたわ~。
 関連書籍やサントラ買いましたけど、ファンの考察も読み応え有って片付きません(笑)。

 シロバナタンポポは知らなかったんですよね。広島と呉(どちらも海側)でそんなに気候が違うのかなと。

 作者のこうの先生が鳥好きで何気に鳥度が高いのですが、どの鳥が出ているかリストアップしている方も居ました。
 ホシハジロとカルガモ(オナガガモも?)は出てたと思いますが、シギチは基本夏場は居ない鳥だし、春先や冬のシーンでも出そうな状況に無かった様な。
 
 この作品は中々深い考察をする人が絶えませんが、「ダイサギが食べるカニの種類」を特定した人は恐れ入りました(笑)。

 海苔養殖の様子って「太陽光パネル」に似てませんか?(笑)
【2017/01/15 20:50】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

な、なるほど・・・。
「この世界の片隅に」
なるほど、コアに見ている方もみえるのですね(笑)
映画はもう一度見に行ってこようと思っています。1度だけでは消化しきれないです~。
カモ、そういわれればいたような、、、あらすじ追うので結構一杯なので。
シロバナタンポポ、呉分布について論争している場所も見ました。黄色いのもあったらしいとか、昔はシロバナがあったとか・・・。
関西圏はシロバナが多いと聞いています。我が家は中部圏ですが、近所で所々多くはないけどシロバナありますよ。
カニの種類は確かに恐れ入ります(笑)
海苔養殖と太陽光パネル、確かに(^^)
作品内容の感想は、安々とは言えない感じですね。すずさん夫婦が今後幸せであって欲しいなと。
かなり前の記事ですが、ヨーロッパの鳥の記事もツボでした。1度だけかなり昔にパリに行ったことがあり、お腹の黄色いシジュウカラに会えて嬉しかったし、カケスが身近であったり、クロウタドリがムクドリ並みにいた記憶がありますよ。
では、では。
【2017/01/16 11:48】 URL | ウリカエデ #2rcSbDOc [ 編集]

1回では理解し切れません(笑)
>ウリカエデさん
>コアに見ている方もみえるのですね
 監督が軍事考証と調査を徹底的に行ったので、粗探ししてやろうと思って観たミリオタが唸るレベルです。
 空襲シーンは自分がそこに居る様な錯覚に陥るし、感情移入の仕方が半端有りません。

>映画はもう一度見に行ってこようと思っています
 製作費の関係で30分位削ってますし(絵コンテは出来ている)是非原作も御覧下さい。映画では??だった箇所がかなり腑に落ちます。自分のペースで読み返せますし。
 ただ原作もアニメも物凄い情報量なので、コアなリピーターでも観る度に発見が有るとの言われてます。

>カモ、そういわれればいたような、、、
 序盤でホシハジロとオナガガモには気づいたんですが、後でカルガモも居ると聞いて2回目で発見。ただ何処だっけか?^^;

>シロバナタンポポ
 当時はともかく今は呉には咲いてないんですかね? 寧ろ関西に多いんですか…成程。 
 今は殆どセイヨウタンポポだけど、当時は未だ日本固有のタンポポが健在だったとは聞いてます。

>海苔養殖と太陽光パネル、確かに(^^)
 何時か描いてみたい物ですねぇ(笑)。

>作品内容の感想は、安々とは言えない感じですね
 「感動した」では済まされないんですよね。ただただ圧倒されると言うか。絵的にはジブリっぽさを感じるけど地味な方だし、戦争物と聞いて身構える人も少なくないけど観たら後々響いてしまう。
 「片隅」と言いながら観た人の心の「中心」に突き刺さって来るんだもんよ(笑)。

>ヨーロッパの鳥の記事もツボでした
 どうもです~(^^ゞ オーストラリアの鳥の方はもう何年もやりそびれたネタが溜まってます^^; だって次々に別のネタが来るんだもん ̄▽ ̄;
 黄色いシジュウカラとアオガラは見ましたがカケスは縁が無いんですよね。(サンフランシスコ郊外では見た)
 クロウタドリはヨーロッパの鳥なのに、メルボルンで見た時は一寸ビミョーな気分になりました。(ハッカチョウ共々移入種)
【2017/01/16 20:18】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/1997-89bbb09a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB