のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ヴロツワフ(4)~自然史博物館2~
【2017/01/26 11:09】 生物全般
 入ったら先ず階段を昇って2階から入ります。階段にも幾つか展示が有りますが如何せん画質が…-Д-; でも階段の装飾は何気にお洒落かも。
先ず階段を昇る
 2階の入口でチケット購入。ポーランド語しか解らないおバアさんしかおらず、身振りで2人分と言う事を示します。
 公式サイトには10zł (PLN)と書いてあったのに値上がりしてるじゃないすか…買うけど。(現在は修正されてます
10PLNって書いて有ったのに… ̄З ̄;
 んでこのチケット売り場ってのは単に机1つ置いてあるだけで、展示室(確か植物標本)の隅っこなんですよ。パンフ等の物販は全く無い為、ぼっちゃんの仲間を連れて帰る機会も無し。
 とゆーか客は私等以外若いカップル1組しか見ませんでした。平日だからかも知れませんが元々あんまり人が来ないのでは… ̄▽ ̄;
 ただ公式サイトに360度パノラマのコンテンツが有りまして、そこで大体の様子は確認出来ます。
 とは言えポーランド語しか無い為、一応対訳を載せておきましょう。

   Układ kostny kręgowców  脊椎動物の骨格
   Świat roślin           植物の世界
   Owady i człowiek       昆虫と人間
   Świat zwierząt          動物の世界


 見たいコンテンツの左の▲が動いている所をクリックするとパノラマに飛べます。中の▲にカーソルを当てると何処に飛ぶか文字が出るんで適当に弄って見て下さい。ドアの▲をクリックすると元のメニューページに戻ります。
 2階の「植物の世界」の奥は「脊椎動物の骨格」になってます。 (昆虫標本もこの階の奥だったかな…? そこが一番狭かった印象)
骨格展示
 脊椎動物と言っても哺乳類メインで鳥類ボチボチ、それ以外は…有ったっけ?な印象でした。(水棲生物は主に上の階に展示) 基本現生生物の骨格で化石は無かったと思います。 
一部走鳥類の展示も
 ただ部屋の中心に鎮座する巨大な角の鹿はジャイアントエルク(アイリッシュエルク・オオツノジカの方が一般的か?)と言う絶滅種なので、ここの目玉ではないかと。
ジャイアントエルク
 骨格標本を観たら一旦部屋から出て(さっきのおバアさんと自動的に顔を合わす事になる(笑))階段から3階に昇ります。
 途中の装飾がやっぱりお洒落。
青い屋根が美しい
 ここは吹き抜けになっており、下(3階には哺乳類と走鳥類、上(4階)に他の鳥類と水棲動物の剥製&標本が展示されています。
 …と言いつつ下で一番目立つのはシロナガスクジラの骨格標本。でか過ぎて「脊椎動物の骨格」には置けなかったんでしょう。
目玉はシロナガスクジラの骨格
 うーん…画質が… ̄▽ ̄;
うーん画質が…

走鳥類はこちら
 …さていよいよ自分的目玉の上の階に行きますかね(笑)。やっぱシロナガスさん目立つわ~。
上に昇るぞ~!!
 パノラマで観てもお解りの様に確かに結構な展示数です。(実際ポーランド最大)
 …ただ照明が普通は上から照らすのに、ここは上下から黄色い光で照らされるせいか真ん中辺りがやや暗いんですよ。
真中が一番暗い
 それに通路も展示ケースも異常に狭い。通路はやっと1人通れる程度(幅50㎝位?)だしケースに至っては30㎝位しか無いのでは…。
通路も狭い
 通路の吹き抜け側に水棲動物の標本がズラッと並んでますが、ここまで狭苦しい展示も初めて観ましたよ ̄▽ ̄;
 下の哺乳類はそこまで狭苦しさは無いんですけどねぇ…限られたスペースに入るだけ詰め込んだっぽい(笑)^^;
幅も狭い
 それと照明のせいも相俟ってか上の鳥類剥製は全体的に色もくすんで、出来もイマイチな物が少なく無かったです。
 黒ずんだハチドリ…。
黒っぽいハチドリ…
 くすんだフウチョウ…。
くすんだフウチョウ
 色あせたインコ…。多分標本は古めの物が多いんでしょうね+剥製師の技術がイマイチ+照明もイマイチとなると、折角の貴重標本もショボく見えてしまうと ̄▽ ̄;
色あせたインコ達…
 まあキヌバネドリ類の様に元々羽根が抜け易い上に退色もし易いと言う、剥製師泣かせの鳥はどうしようもないわな ̄▽ ̄;
 世界一美しい鳥と言われるケツァールのなれの果て…^^;
ケツァールのなれの果て
 でも部屋の外に展示してあった巣と卵のコーナーは割と良い感じ。
巣の標本は中々?
 ちっちゃくて可愛い。
ちっちゃくて可愛い

卵もそれなりに
 さて次回はいよいよオオウミガラスを中心に絶滅動物関連行きます。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2002-d07d722e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB