のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ヴロツワフ(15)~トラム2<車庫編>~
【2017/04/19 14:27】 海外旅行
  路線図に車庫の場所まで載せてるのは珍しいですね。一般客には関係無いから普通載せませんて。(見学ルートとして開放するならともかく) 
 しかもこんな複雑だと何処に在るか…まあ判りませんわな(笑)。そもそも「車庫」の表示自体目立たないし ̄▽ ̄; そんな訳で全車庫の場所と最寄電停、ネタバレになりますが後で紹介するユニーク駅の場所に印を付けてみました。
 …ところでヴロツワフの全部のトラム車庫行った日本人って他に居るんすかね?(笑)
車庫の場所
 先ずはヴロツワフ工科大に行く0番系統(0L・0P)は北のDWORZEC NADODRZEで一区切りつくので、ついでに乗っていたら1つ前のSłowiańskaを過ぎた所に車庫発見。
トラムとバスが停まる
 OŁBIN車庫。最北の車庫で旧市街に行ったついでに一寸足を延ばせば着くので、3つ在る車庫の中では一番寄り易い…かも知れません。
車庫1
 車庫としてはそんなに大きい方では無いですね。
車庫1-2
 奥の方にもチラッと。
こそっと隠れていたり
 ただ道路沿いに樹が植えて有ったりして一寸中は見辛く感じるかも…。
樹に埋もれていたり
 左手に回って様子を見ようとしましたがやっぱり良く見えませんね~。カメラが無事だったら隙間から撮りましたけどね ̄З ̄;
見え難い…
 車に埋もれて旧車両も置いてあったりして。配色が懐かしいなぁ~。
チラッと旧車両が
 次に最も郊外のBOREK車庫。KRZYKI方面のトラム(2・6・7・17)に乗り、手前のOrlaとKRZYKIの丁度中間に在るのでどちらからでも歩いて行けます。
BOREK車庫
 奥の方に旧型車両が見えます。普段は置いてあるだけですがイベントや貸し切り等で時々使うんでしょうね。
奥の方にもチラッと
 …と思ったら本当に別の旧型車両が出て来ましたよ~。
旧型車両が出て来た
 配色が日本の昔懐かしい車両って感じで違和感無いですね。「ここ日本の○○って所のトラムだよ~」と言ったら真に受ける人も居るのでは?
配色が日本っぽくて違和感無い
 臨時の貸し切りかと思ったら一瞬外に出ただけでまた車庫に入って行きました。単に車庫内で移動させただけの様です。
貸し切りなんですかね?
 尚、この先にも線路が延びていて17番でKLECINAまで行けますが、ついでにそこまで乗ったら、途中に折り返し留置線が有って別の車両を置いて有りました。(写真が撮れたのはこの1両のみですが奥に2~3編成有った)
その先にも105形が繋留
 終点KLECINAは降りる所と乗る所が別々になっていて、客を降ろしたらぐるっと回って乗り場に移動します。片運転台&片ドアでそのままでは走れないからですが、終点でループなのはドイツと同じですね。
終点はぐるっと機回し
 最後の車庫に行く為にKRZYKIからバスに乗ろうと思いましたが、全然時間が合わず乗り換えを繰り返す位なら、いっそ歩いた方が早いとゆー事で公園(と言うか森…)の中を歩きましたが、方向音痴な方には決してお勧め出来ません。
歩いた方が早い
 約20分でPARK POŁUDNIOWY到着。街中で時々見た競馬場の宣伝カー。
競馬場宣伝カー
 ヴロツワフの競馬場って何処なんでしょう?
同車両
 欧州文化首都仕様の105Na形も到着。9と15番しか来ない割に結構色んな車両が来る様です。
欧州文化首都仕様がここにも
 結局乗ったのは普通のタイプだったりして…。
これはオーソドックス
 9・15番どちらでも来た方に乗ってUniwersytet Ekonomiczny(経済大学)で降りて右手に行くとすぐGAJ車庫到着。この辺大学も在るからか結構賑やかですが、観光客は普通行かないでしょうねぇ ̄▽ ̄;
GAJ車庫
 新旧纏めて観られるのも車庫の醍醐味。
新旧3両並んでる
 左の紫の車両(Pesa Twist 2010NW)が出庫して来ました。
出庫~
 上の写真では判りませんが11番…? 11番ってこの辺走ってないぞ?と思ったら1日1本のレアな路線でした!! 
実はレアな路線だった!!
 トラムは終点では無く車庫に繋留する為、運用するには先ず車庫から出て来る必要が有ります。(出庫便) 
 普通は回送なので時刻表には出て来ません。ただヴロツワフの場合は夜勤労働者の利便を兼ねて客扱いもする方針の様です。大抵深夜や早朝のみですが平日昼間にも有ったとは。
早朝のみの路線
 当然お客は私等だけでした(笑)。奥に居るのは運転士です。
 この後は旧市街散策をしたので以下省略(と言うか既出)。
他に誰も乗ってない(笑)
 …さて、ここで一旦鉄道ネタから離れて(移動に使ったから出ては来るけど)次回はヴロツワフの世界遺産について語ります。
 UPされる頃はマンチェスターに向かってるけど気にしない!!(笑)

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2039-a0674d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB