のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


大英自然史博物館展vs英国(1)~始祖鳥編~
【2017/05/07 15:37】 鳥関係
 大英自然史博物館展で最大の目玉は始祖鳥ロンドン標本「本物」の展示でしょう。
 各地の博物館でレプリカになってるキャスト(凸型:雄型、石膏型形状)のみならず、対になってるモールド(凹型:雌型、鋳型形状)まで貸して下さるとは実に太っ腹!!
 この後世界各地を巡業するそうですが始祖鳥の展示は日本だけだとか。

 昔本家で観たこのロンドン標本はレプリカでしょうし、てっきり本物は研究者以外門外不出と思ってたのに。 
本家で観たロンドン標本
 因みに以前も話しましたがベルリン標本は本物が一般公開されてます。
 数秒おきにライトの位置を変えるので細かい所まで見える親切設計。
ベルリン標本本物
 私はこのベルリン標本こそ始祖鳥化石の鑑と思って来たんですが、脳の構造が解るのはロンドン標本のみだし、2011年にめでたく始祖鳥のタイプ標本に指定されたのでイギリスは自慢して良いです。そんな貴重な物を全部貸してくれる大英自然史実に太っ腹!!

 …さてロンドン標本は会場の中心辺り86番に展示されてるのですが、目玉なだけ有って結構人が多くて暫く斜め横からしか観られなかったけど、既にその時点でオーラが半端無かったです(笑)。
 手前の曲がったパイプは湿度を保つ為の物照明です。ケースの中は当然空調も効いてる筈。
オーラが物凄い(笑)
 これが本物の始祖鳥ロンドン標本だ!!
これが本物だ!!
 当初頭が欠損していると思われてましたが、後頭部が岩に埋もれていた事が判明。脳と三半規管の構造が判るのはこのロンドン標本のみ!!
頭の辺り拡大
 んで普段はお目に書かれない相方の方!!
相方の方
 ただ標本保護の為なんでしょうがどちらも斜めに置いて有るから、どうしても写真にパースがかかっちゃうんですよねぇ…。
 と言う事でパネルに有った真正面からの様子。
ただ真っ直ぐ見ないと判り難いね
 尚、常設展示地球館1階の「地球史ナビゲーター」には、銅板の「触れる」始祖鳥が有ります。
 ロンドン標本と思ったらこれ、サーモポリス標本ですがな。
触れるロンドン標本
 サーモポリス標本を使うとは珍しい…?
サーモポリス標本
 昔の古生物本には「始祖鳥は鳥の先祖」と書かれていたのが、後に「直系の先祖では無い」と言われる様になったもんですが、「じゃあ始祖鳥って何なのよ?」と聞かれたら、実は未だに判ってないんですよねぇ… ̄▽ ̄;
その正体は未だに謎が多い
 化石が主にバイエルン州から発掘されてるので、ミュンヘンの古生物学コレクションは非常に始祖鳥の展示が充実してますが、去年行った時はその肝心の部分が工事中で観られませんでした!!(ノ# ̄□)ノ
絶賛工事中…
 気を取り直してロンドン標本が日本に来ている頃、リバプール世界博物館で観たレプリカ。
リバプールの展示
 照明のせいも有るのでしょうが白っぽく見えるのでイマイチリアリティが…。
リバプール2
 こちらはマンチェスター博物館のロンドン標本。こっちの方が本物っぽい。
マンチェスター博物館のロンドン標本
 ベルリン標本も置いて有ります。これはかなり本物に近いですよ。個人的にはマンチェスターの方が自然史博物館度高かったです。
こちらはベルリン標本も有り
 …と、大英自然史博物館展を始め、各地の始祖鳥について語って来ましたが、本物を日本で観られるのは今の内!!
 堪能した後は売店で大きな「しそ君」が出迎えてくれますよ~(笑)。
でかい「しそ君」
 次回はドードー編の予定です。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2051-09b5a149
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB