のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


リバプール(1)~世界初の鉄道~
【2017/05/30 11:30】 海外旅行
 リバプール・アンド・マンチェスター鉄道は1830年9月15日に世界で初めて鉄道が開通した区間です。
ルートマップ
 因みに去年はドイツで初めて鉄道が開通したニュルンベルクに行ってますが、翌年に世界初の鉄道の街に行く事になるとは思いませんでしたよ。

 マンチェスター側の起点、旧リバプール・ロード駅は現在科学産業博物館になってますが、それについては後日詳細を語るとしてリバプール側の駅は今尚現役です。
 ただ現在は南のウォリントン経由の方がメインだそうで、今回偶々往きはウォリントン経由、帰りは本来の路線を利用する機会に恵まれました。
 地図のヘイルウッド(Halewood)に印を付けているのは訳有って最初そこで降りたからです。

 先ずはオックスフォード・ロード(Oxford Rpad)駅に向かいます。ヨーロッパはドーム状の屋根の駅が多いけど、この駅は更に張り出した屋根が付いてます。
 Oxford Road駅
 リバプール方面は4番ホームから出る…筈なのに何故か回送列車が居座ってます。
これは回送だった
 乗る列車は何処やねんと思ったら同じホームの奥の方にひっそり2両編成のディーゼルカーが…。
 メインルートなのに電化されておらず車両も短いんで、当初最初に出来た区間かと思ってましたよ ̄▽ ̄;
乗るのはディーゼル車
 マンチェスターは運河の街で、隣のディーンズゲイト(Deansgate)駅の先…キャッスルフィールドが最も古い地区(後日紹介)ですが、車内からチラッと見えるロッチデイル運河の辺り(多分。結局行く暇が無かった…)。
運河
 ウォリントン・セントラル駅。ウォリントン・ルートは1873年の開業ですが、駅舎は基本元の設備を使っている様で、煉瓦に年季を感じる建物がチラホラ。
ウォリントン・セントラル駅
 ウィドネス駅。マンチェスターもリバプールもやたら煉瓦造りの建物が目立ちます。
煉瓦の好きな地域だな~
 ヘイルウッド駅到着。高架だけど実は無人駅。
ヘイルウッドは無人駅
 バスに乗る為に階段を下りて道路を横切ると上にはさっきの線路が…。
上が線路
 ここは線路の手前のバス停ですが実は向こう側のバス停からも乗車可能。
線路の向こう側のバス停からも乗れる
 バスがやって来ましたよ~。何故こんな郊外の無人駅に降りたかと言うと、ビートルズ縁の地に行くにはライムストリートまで行くよりも、ここで降りて北上する方が近いからです。
これから先ずビートルズツアーだ
 …と言う事で次回から何回かに分けてビートルズについて語ります。丁度これも出た事だし。
 


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2063-7eb244c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB