のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


大英自然史博物館展閉幕
【2017/06/11 21:49】 生物全般
 遂に今日終わってしまったので適当でスマンが記念絵。丁寧に仕上げていたら何時出来るか判らんし、イギリス旅行記が全然進められんので^^;
有難う大英自然史博物館展
 参考資料として大昔の絵(元は便箋原稿)を引っ張り出してみる。描いたのH.5.9.19か…24年も前の絵にしてはあんまり違和感無いっすね。
 このモアはジャイアントモアなんですが、展示されていたのはやや小型のパキルコスパキオルニス(エレファントモア)だったんで、上の絵では脚と嘴を太くしてずんぐりさせました。(観に行った人の多くはジャイアントモアしか知らないから「思ったよりも小さい…」と呟いてましたねぇ…)
参考1
 参考資料2。古生物カオス・オリジナル作品『ぽけぽけぽー(はぁと)』のプロトタイプなのでキャラ設定が違いますな。
参考資料2
 この2枚を元に始祖鳥も加えて酒盛り~と言う所から、実はこんなアングルにしようと思ったんですが…。
こんな感じで描きたかった…
 モアが実質翼が無いもんで乾杯出来ない!!…云々で気づいたらフツーの絵になっていたよと ̄▽ ̄;
 ドードーに関しては今回は自分の絵にしようかと思いましたが、何分「大英自然史博物館」なので実家となればドードーさんを出さざるを得ないよと(笑)。
 それにしても私が初めて本物のオオウミガラスを見たのが2001年(H.13)9月なもんで、それ以前に描いた絵は翼の裏を黒く塗ってやがりますなぁ ̄▽ ̄; その初めて見たのが大英自然史博物館だった訳ですが!!
本来のドードー絵
 ところでこれも私を含め観に行った人の多くが疑問に思っていた、「何故かそっぽを向いている」フクロオオカミ(タスマニアタイガー)の剥製の謎が漸く解明。
何故そっぽを向いているのか?
 公式垢に因ると「常設展示の一つだったのですが、長年にわたる展示のせいか、縞が消えて」しまったので縞が見える反対側にしたんだそうで…。
 これは12年前に本家で見た当標本ですが、この時点で大分薄くなってる位だし、同じ方向から光が当り続ければそりゃ劣化もするわな~TДT;
 今回の展示物は結構暗い状態で置かれた物が多くて、おかげで写真撮るとピンボケ連発で困りましたが、標本保護の観点から考えると止むを得ないかなと。
本家展示中の状態
 ついでにトリング分館のフクロオオカミ。現在はどうか知りませんが同じ12年前に撮ったのに、こちらの方が縞がハッキリしてますね。
トリングの剥製1
 呼んだ? …顔が可愛いなお前…。
トリングの剥製2
 とゆー事で実に私向けの企画でした。有難う国立科学博物館!! 出来れば恐竜博の様に国内巡業して欲しかったけど、始祖鳥はこれでイギリスに帰っちゃうんだもんな~。
 次の会場はシンガポールだそうですが日本が一番展示が充実してる様だし、本家に行っても普段は観られない物が満載ですからね。

 でも出来れば空いてる平日にゆっくり観たかったです…遠方在住では詮無い事ですがT∇T; 
 何時かまた本家大英自然史博物館に行こうと思います。ドードーさんの帰省が叶うのは何時の日か??

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2069-cd9dfeec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB