のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


リバプール(4)~ビートルズの聖地3<街中編1>~
【2017/06/26 13:37】 海外旅行
【THE BEATLES STORY1】
階段を降りて入る
 THE BEATLES STORYを含むリバプールの博物館+αの位置関係。
リバプールの博物館の位置
 イギリスの国立博物館は基本無料(寄付歓迎)なのですが、ここは私設なので大人1人に付き£15.95(約2300円)もします。従って事前に公式サイトで購入しておく事をお勧めします。 
 建物の横にはイエロー・サブマリンがぽそっと。
イエロー・サブマリン
 中に入る為に階段を降りた所で出迎えてくれるのは、『ハード・デイズ・ナイト(A Hard Day's Night 旧日本語題『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』)』のジャケット絵。
ハードデイズ・ナイトのジャケット
 受付では『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band *長いので以後「サージェント・ペパーズ」と省略)のコスプレをしたスタッフが音声ガイドを渡してくれます。
 日本語対応可だし相当日本からもファンが来る様で。数字の有る所でこれを操作すると詳しい解説や映像まで見せてくれます…が、内容が豊富過ぎて時間の都合上途中飛ばしました^^;
日本語対応付
 通路は洞窟風になってますがこれはビートルズがライブをやっていた、キャヴァーン・クラブ(洞窟クラブ)をイメージしてるからです。
洞窟風の通路
 ビートルズの原型・クオリーメンの様子。元々ジョンが友人達と結成したバンドですが、メンバーの入れ替わりを経てジョン、ポール、ジョージ、スチュアート・サトクリフの4人でビートルズが結成されました。(結成当時リンゴは未だ加入していなかった)
当時のメンバー
 クオリーメン時代に使っていたギター。
 スチュアートは駆け出し中だったハンブルク巡業中に脱退し、画家の道を目指しますが脳出血で21歳で急逝します。
クオリー・メン時代のギター
 ジョンが使っていたバンジョー。何故か母ジュリアがくれた楽器がこれだったので、当初はギターをバンジョー風に弾いていたとか。
ジョンのバンジョー
 ジョージが初めて使ったギター。
ジョージの初めてのギター
 ポールの最初のギターの複製。オリジナルが現存しないのか余所に有るのかは不明。
ポールの最初のギター(複製)
 駆け出し当時のライブ会場、カスバクラブ。当時のビートルズはドラムが固定されておらず、ハンブルク公演でドラマーが必要になった際に、ここの経営者の息子ピート・ベストが丁度ドラムをやっていた為、メンバーに招き入れます。
 尚、スチュアートが脱退したのは2回目のハンブルク公演の途中だそうです。
カスバクラブ
 ピート・ベストのポスター。まあ彼はメジャーデビュー前にクビになるんですけどね^^; (後述)
後にクビになる^^;
 ハンブルク時代に演奏したスタークラブの再現。
スタークラブ
 ドイツ語で「SOLD OUT」と書いてます。尚、スチュアートは3回目のハンブルク公演でビートルズが訪問する前日に亡くなったそうです。
ハンブルク時代
 マージー・ビートと言う地方音楽雑誌の編集部の様子。マージー(Mersey)はリバプールを含むマージーサイド州の事で、マージー川に面した地域を指します。
マージービートの編集部
 ビートルズの記事を書くと雑誌がバカ売れしたとか。マージー・ビートはその後メジャーになるべくロンドンに拠点を移しますが、結果的に別の出版社に合併吸収されて消滅したそうです。
ビートルズでバカ売れしたらしい
 ビートルズお気に入りの楽器店。結構お値打ちだったとか。
お気に入りの楽器店
 この楽器店から先に在るのが聖地の1つ、1960年頃のマシュー・ストリートを再現した物。
マシューストリート再現
 キャヴァーン・クラブはあくまでもライブの為に行っていたので、ライブ終了後に「反省会」と称して飲み明かしたのが、すぐ近くのこのTHE GRAPESと言う店です。
 キャヴァーン・クラブもザ・グレイプスもマシュー・ストリートで今尚健在です。
この店で飲み明かした
 キャヴァーン・クラブ内の様子。
キャバーン・クラブ再現
 ビートルズが1961~1963年に292回ライブした舞台のセット。292回殆ど全部観に行った強者も少なくなかったとか@_@;
舞台再現
 バックの落書きは当時のミュージシャン達が書いた物を再現したそうです。
落書きは当時のスタッフが書いた
 んでここで演奏中にピート・ベストがクビになり、代わりにリンゴがやって来たよと。
 なんでクビになったかと言うとあまり上手くなかったのと、演奏のレパートリーが少なくてイマイチ使えなかったとか ̄▽ ̄; (諸説有り)
リンゴがやって来た
 ビートルズがメジャーになった後も、ローリング・ストーンズやクイーン等々、有名なミュージシャンが多く演奏したキャヴァーン・クラブも、工事で取り壊される事になり1973年3月に一旦閉店します。
キャバーン・クラブ終了のお知らせ
 今在る店は再建された物ですが生憎中には入れなかった為、マシュー・ストリートの時に外見だけ紹介します。

 では次回はメジャーになったビートルズについて。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2076-f58f0061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB