のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


リバプール(9)~海商都市(1)~
【2017/07/14 22:49】 海外旅行
【アルバート・ドック付近】

 バスの車内から見たセント・ジョージ・ホール。手前の修復中の建物に邪魔されてます ̄▽ ̄;
セント・ジョージ・ホール
 こんな風格の有るカラオケ屋(正確にはカラオケ付のバー)は初めて見ましたよ。
カラオケ屋も風格が有る
 リバプールは「海商都市」として世界遺産にも登録されています。
 ビートルズと掛け持ちするなら日帰りで全部観るのは無理ですね。とは言え指定された6区域の内、アルバート・ドック、ピア・ヘッド、キャッスル・ストリート保存地域、ウィリアム・ブラウン・ストリート保存地域は、街中をうろついてたら自然に立ち寄れる所だと思います。
 個人的には最も北のスタンリー・ドック保存地域も行きたかったけど時間が無くて断念TДT; リバプールのドックの心臓部であり、世界最大級の巨大タバコ倉庫が有るらしいんですけどね。
 世界遺産と言っても再開発で消滅しかねない危機遺産リストに入ってます。そのせいか古風な建物と近代風な建物が混然一体とした街ですね。…まあこれはマンチェスターにも言える事ですが。

 尚、リバプール市内にバスや鉄道は有りますが、街中観光にはかなり歩き回る羽目になります。訪問の際には是非歩き易い格好で行きましょう。
 アルバート・ドック最寄りのリバプール・ONEバスステーション。パッと見バスターミナルに見えませんな。
バスセンターらしからぬ
 このバスステーションを右手に見つつ直進するとアルバート・ドックですが、横断歩道の手前にいきなり馬の像が置いて有ります。昔はばん馬が運んでいたよと。
 馬の横に転がってるのはマンチェスター産の綿でしょうか?? リバプールで取引していたのは主に羊肉(輸出)とバナナ(フィリピンから輸入)だったそうですけどね。
ばん馬の像
 アルバート・ドックはこの様な赤レンガの倉庫が目印となってます。
アルバート・ドック
 しかし古い倉庫の周囲は寧ろ近代的な建物の方が目立ちます。
スリー・グレイシーズがチラホラと
 とは言え未だ古い倉庫も少なく有りません。
アルバート・ドック

こっちは倉庫か
 …そう見せかけてこちらはホリデイイン・エクスプレスだったりして。明らかに倉庫を改装してますな。その方が違和感無くて良いけど。
これがホテルだもんなぁ
 マージー川の対岸。橋も有りますが船で行く方が便利そうです。
マージー川対岸
 この川結構流れが速い&案外濁流なのでこう言う注意喚起の看板が…。
結構流れが速い
 こう言う「恋人達の鍵」って結構色んな所に有るもんですねぇ~。
こう言うの結構有るよね
 お、フェリーがこちらに向かって来ましたよ。時間が有ったら乗りたかったですねぇ。
フェリーがこちらに 
 グレート・ウェスタン鉄道時代の古い倉庫。
古い倉庫
 ここでもばん馬が活躍してたんですねぇ。
この辺にもばん馬が
 産業革命の頃にタイムスリップしたかの様な気分。
風情が有る
 …そのすぐ先のリバプール博物館で現実に引き戻されますけどね ̄▽ ̄; (右端が前述の倉庫)
その先にリバプール博物館
 離れて見た様子。左手奥の白い建物はピア・ヘッドの船着き場&ビートルズ・ストーリー別館。
横から見てもシュール
 リバプール博物館の中は次回やるとして、近くにこんなモニュメントが有るのがこれまたシュール(笑)^^;
スーパーラムバナナ
 これはスーパーラムバナナと言って嘗てリバプールがラム肉とバナナの交易で賑わった時の様子を表した物です。
ラムバナナナ2
 元は「バナナの尻尾を持った真っ黄色の羊」なんですが、ベルリンのバンザイ熊ちゃんみたいにフリーダムに塗ってる様です。
 スーパーラムババナの群れに埋もれるカップルと言うのもシュールですなぁ(笑)。
ラムバナナ軍団とカップル
 ここで一番の見所は「3つの美神 (スリー・グレイシーズ)」と言うビル群。フェリーからだともっと正面から撮れるんでしょうけどね…ビルがでか過ぎて地上だとどうしてもパースがかかってしまいますが、右手から、ドック・ビルディング (Port of Liverpool Building) 、キューナード・ビルディング (Cunard Building) 、ロイヤル・リヴァー・ビルディング (Liver Building)と並んでいます。
スリーグレイシズ
 ロイヤル・リヴァー・ビルディングの上に有る1対の鳥に注目。
ロイヤル・リヴァー・ビルディング
 これはライバー・バードと言うリバプールの象徴と言える鳥で、カワウをモデルにしているそうですが、この鳥が飛び去ると街に不幸が訪れると言われています。だから飛ばない様に固定してある?^^;
ライバー・バード
 では次回は『リバプール博物館』。本当は世界博物館も一緒にしたいけど無理でしょうな^^; 予定ではリバプールの項は後4回位ですかね?

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2083-457d8a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB