のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


リバプール(11)~海商都市(3)~
【2017/07/19 13:18】 海外旅行
【リバプール世界博物館】
 *公式サイト
 *参考記事
   大英自然史博物館展vs英国(1)~始祖鳥編~
   大英自然史博物館展vs英国(2)~ドードー編~
   大英自然史博物館展vs英国(3)~オオウミガラス編~

 既に上の記事で述べてるので残りをサラッと。奇抜なリバプール博物館に比べると、こちらはヨーロッパの博物館でしばしば見かける風格の有る建物です。
リバプール世界博物館
 ただここも中は結構広い上に時間の都合で全部観た訳では有りません。公式サイトのトップ頁に有る様に一番の目玉は古代エジプト関連の様です。
世界博物館正面から
 中は吹き抜けになっており間の通路で行き来します。
吹き抜けの間を通る
 先ずはクロレ・ナチュラルヒストリー・センターへ。
 アパトサウルスの脛骨とか触って学べる展示物も有ります。
触れます
 恐竜含む古生物関連の展示。一部は実際に触れたかと。
触れます2
 ただ博物館と言うよりも資料室って感じで一寸ゴチャついた印象です。
生物系は資料室と言う感じ
 折角ドードーの標本を見つけても…。
机が邪魔して近寄れない
 トリケラトプスの石膏模型が邪魔して良く見えない^^; …と言うか机の向こうには行けないので向かって左側の展示はどうしても斜めからのアングルになります-Д-;
トリケラトプスの頭が…
 しかしドードー以外の絶滅鳥の卵が置いて有ったのは驚きましたよ。エピオルニス(一番上)とモア(2番目)は体高はモアの方が高いのに、卵の大きさは全然違うもんですねぇ。
絶滅鳥の卵が有るのは驚き
 次は恐竜ギャラリー。恐竜の標本は前述のナチュラルヒストリー・センターにも有るし、何だかんだ言って一番人気なんでしょうねぇ。
恐竜のコーナー
 キャンプトサウルスがアロサウルスに襲われてるよ~?!
襲われてるよ~
 草食恐竜の餌。
恐竜の餌
 メガロサウルス全身骨格。
メガロサウルス
 古代魚の化石。背景の画像はステタカントゥスぢゃなかろうか? 
 普通古代鮫と言ったら巨大なメガロドンを選ぶと思うんですが中々マニアックな…(笑)。
石に埋もれた化石
  ここの恐竜の復元模型は全体的に古くないですか? 化石は組み直した(多分)のに模型の方は変えてないのでは…。(1851年開館だそうだから有り得る)
復元図が古い

古いよね?
 自然界のコーナー。
 剥製を実際の生態系に似せての展示。如何せん暗過ぎてピンボケ写真連発で載せられる物があまり有りません ̄▽ ̄;
暗くて綺麗に撮れない
 ついでに世界の文化の日本のコーナー。日本の甲冑やら兜は欧米でも重宝されてますねぇ。
何故か評価される日本の甲冑姿
 ヨーロッパらしく古代ローマ(紀元前1~紀元後3世紀)の装甲も有るでよ。
古代ローマの武装
 その後マシュー・ストリートを挟んでちょっとバスに乗ってセント・ルークス教会へ。
 リバプールにはビートルズ縁のセント・ピーターズ教会とか、リバプール大聖堂とかもっとメジャーな教会も在るんですが、行く前に予習した『世界ふれあい街歩き』にこの教会が出て来たんですよ。
 爆撃で外壁以外の大半を破壊されましたが、今では戦争遺構物として中庭(元は教会の中)は一般公開されてるとの事。
 …しかし生憎修復工事中の為入れず ̄▽ ̄;
セント・ルークス教会
 中の様子は画像検索で御覧下さい。
工事中の為入れず
 仕方が無いのでマンチェスターに戻るべく、ライム・ストリート駅方面に向かいます。駅のほぼ正面に在るセント・ジョージズ・ホール。
 1841年~1854年に建設されたコンサートホール兼裁判所で、今も現役なヨーロッパ最高峰のネオクラシック様式の建物です。但し中には入って無いんで詳細は知りません^^;
セント・ジョージズ・ホール
 建物の前に在るヴィクトリア女王の夫、プリンス・アルバートの凛々しい騎馬像。
 余談ですが「プリンス・アルバート」って男性器用ピアスの意味も有るらしいです ̄▽ ̄; (気になる人は各自調べて下さい)
アルバート王子の騎馬像
 広場に立つウェリントン公爵の記念碑。ウォータールー(ワーテルロー)の戦いでナポレオンを討ち破った英雄だとか。
ウェリントン公爵の像

拡大
 …さて、漸く次回リバプール最終回『ライム・ストリート駅』。マンチェスターはブリスベン中に終わらせたいもんですねぇ^^;

この記事に対するコメント
恐竜はロマンだ!
どこの国でも皆、恐竜は人気ですね~。
映画「ジュラシックパーク」は上映時に10回は見に行きましたさ。

それにしても。
英国は霧や雨のイメージがあるのですが、拝見している写真は抜けるような晴天ばかり。東京と違い空気がキレイなんですかね。
夜も街灯が少なくて、繁華街でも日本の住宅街のように薄暗いのだとか。

ベルギーには「ファントム」と言う名のビールがあります。
アマゾンさんで売ってるかな~?
機会があれば、ぜひご賞味ください!
【2017/07/19 14:59】 URL | ラムネ #- [ 編集]

恐竜以外も面白いよ~
>ラムネさん
 日本でも夏休みに恐竜展が定番化してますね。ただ今年は科博の深海展に対抗するかの様に、幾つかの水族館で深海展やら空飛ぶペンギンやらの涼しげな企画が目立ってる印象。

 古生物=恐竜と言うテンプレにいささか食傷気味なので(好きは好きだけどね)、他の時代の古生物にも注目して欲しいと思ってます。

>英国は霧や雨のイメージがあるのですが、拝見している写真は抜けるような晴天ばかり
 これは偶々好天に恵まれたんだと思います。或る日の午前中を除けばほぼ良い天気でしたよ。12年前ロンドンに行った時は全体的にどんよりしてましたし、イギリスは概してそんな天気の日が多いのです。

>夜も街灯が少なくて、繁華街でも日本の住宅街のように薄暗いのだとか
 逆に日本の都会が明る過ぎるんでしょうね。個人的には海外の地下鉄駅のホームは日本よりも大分薄暗くて写真が撮り難いです ̄▽ ̄;

>ベルギーには「ファントム」と言う名のビールがあります
 ほう。地元の輸入食材を扱ってる店でベルギービールは有りますが、1缶100円程度ですから味わいは全然違うでしょうねぇ。
 ベルギービールもグラス含め極めようと思ったら際限無いですが^^;
【2017/07/19 20:35】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2085-597a361d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB