のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


リバプール(12)~ライム・ストリート駅~
【2017/07/25 00:34】 海外旅行
 リバプールの中央駅、ライム・ストリート駅。
ライム・ストリート駅
 リバプール旅行記もやっと今回が最終回 ̄▽ ̄; 初回でも述べましたが(後に間違いが発覚したので加筆修正してます)、リバプール~マンチェスター間は世界で初めて「一般的な旅客営業を行った」鉄道です。
 この路線は現在も概ねそのまま使われていますが、1830年の開業当時リバプール側の終点はクラウン・ストリート駅と言う別の駅でした。
 Googleマップで推測すると大体こんな位置関係だった様です。
当時の終点付近
 写真で見るとエッジ・ヒル駅南に不自然な跡地が在るのでここが旧エッジ・ヒル駅でしょう。
 クラウン・ストリート駅の方は跡地が公園になっており、本線から一寸逸れた行き止まりにホームが在りました。
当時の駅周辺の様子
 本線の旧エッジ・ヒル~ワッピング・ドック間は臨港線で、かなりの部分がトンネル化されてました。エッジ・ヒル周辺からワッピングまで高低差が有り過ぎて、当時の列車では坂の上り下りが出来なかったからです。。
 それでも列車が直接トンネルを行き来するには傾斜がきつ過ぎた為、貨物列車が到着したら荷物をロープで吊るしたトロッコで上げ下ろしし、トンネル内の運搬はケーブルを引っ張ってやってました。(つまりトンネル内に列車は走ってない) クラウン・ストリート駅の貨物部門はその為に在ったそうです。
 因みにドック付近は他にも臨港線が走っており、実際見かけたグレート・ウェスタン鉄道の旧倉庫はその名残です。
当時の倉庫か!!
 旧エッジ・ヒル駅は基本機関区で旅客営業はクラウン・ストリート駅を使ってました。しかし街中から離れていて不便なので、新たに線路を敷こうと言う話になり、1836年のライム・ストリート駅開業に伴い僅か6年で廃止されてます。
 ライム・ストリート駅開業まで6年要したのは、駅の手前に岩盤が有りトンネルの掘削に手間取ったからでしょう。

 この様な経緯を経て今も健在なライム・ストリート駅ですが、近づいてみると駅舎の右側から車がバンバン出入りしてます。
タクシーがガンガン入って行く
 実は使わなくなったホームを改造してタクシー乗り場にしてるんですね~。(現在使用中のホームは9)
タクシー乗り場になっていた
 しかも次々に人が来る…ロンドンのタクシーは世界一素晴らしいと言いますが、リバプールのタクシーもそうなんでしょうか?
しかも結構行列
 駅構内の様子。
中の様子
 おおヴァージン・トレインの車両、しかもペンドリーノじゃないですか!! ロンドンのユーストンとライム・ストリート間を走る特急です。
バージンエクスプレス
 駅員が降りた人用の出口前に待機してます。イギリスも街中は自動改札化が進んでいる様ですが、この駅では長距離路線はホームの手前で駅員がチェック、近郊路線は自動改札…といささか中途半端。
入れません
 打刻機が改札代わりのドイツなら切符持って無くても傍に寄れるんですけどねぇ…。
ホームには入れない
 駅構内広場に在る謎の出会う2人の像。2009年に設置された「CHANCE MEETING」と言う、ケン・ドッドなるコメディアン(左)とベッシー・ブラドックなる国会議員(右)邂逅の様子だそうで。(実際にこんな風に会った訳では無さそう)
やあの像
 さて帰りの列車の発車時間が近づいて来たんでホームに向かいます。主にノーザンレイルが発着する1~6番線は自動改札化してます。未確認ですが地下にはマージーレイルのウィラル線ホームが在るのと事。
近郊区間のみ自動改札
 これはイースト・ミッドランズ・トレインズと言う、リバプールから東部のノーウィッチ(Norwich)に向かう列車。結構長距離を走る様ですが、イギリス的にはどれ位までが「近郊路線」扱いなのやら。イングランド全域?
車両
 マンチェスターで再三見かけたノーザン・レイルの車両。
ノーザンレイル
 こちらも良く見かけた車両の1つ。
ノーザンの別の車両
 帰りは本来のリバプール・アンド・マンチェスター鉄道の路線ですが結局乗ったのはこの車両。
結局これに乗った
 ホームで見かけた韓国映画のポスター。日本植民地時代の朝鮮を舞台にした話の様です。
和風の舞台ポスター
 ホームの先にはがっしりしたトンネルが見えます。
ホームの先に岩盤
 発車したらすぐトンネルに入りますが如何にも頑丈そうな雰囲気。
いきなりトンネル

岩盤
 風化具合が歴史を感じさせますねぇ。約180年前だと掘削にさぞ苦労したでしょう。
掘削に苦労しただろうな
 途中は暗くなって来たのと車窓からではパッとしない箇所が多いので割愛。(線路に沿って運河が在ったんで降りて見たら結構絵になったかも)
 夕暮れの中、次はマンチェスター・オックスフォード・ロード駅到着です。
もうすぐ到着
 …と言う事で次回からマンチェスター旅行記。リバプールだけで行ってから3か月要してるし早くて完結はブリスベン滞在中でしょうな~(笑)^^;

この記事に対するコメント
駅舎が格好いい
あちらの駅舎は「さよなら999」のラーメタル星を思い出させますな。

東京駅の地下はいろんなトコと繋がっていて、うっかりすると銀座まで歩いて行けてしまうらしいです←試した事ないが。
東京人でも謎な場所が東京駅です。

そういえば。
ドーバー海峡にトンネル通したのは日本製のシールドマシンだったとか。
一度海底伝いに入国してみたいですね。
【2017/07/27 21:15】 URL | ラムネ #- [ 編集]

999ならベルリン中央駅(笑)
>ラムネさん
 ブリスベンの準備でレス遅れてスミマセン。

>あちらの駅舎は「さよなら999」のラーメタル星を思い出させますな。
 もしかしたら本当にヨーロッパのターミナル駅をモデルにしたかも知れんですね。
 因みにベルリン中央駅はICE(新幹線)や遠距離列車ホームが地下、近郊列車ホームが上に在るんで、地下から上にエスカレーターで昇るとメガロポリス東京気分が味わえます。…但しメーテルは居ません^^;

>東京駅の地下はいろんなトコと繋がっていて
 正にラビリンスですからなぁ。東京中心部の鉄道利用者は自然に方向感覚と脚力が鍛えられるのでは。

>ドーバー海峡にトンネル通したのは日本製のシールドマシンだったとか。
 日本のトンネル掘削技術は世界一と言って良いです。
 ユーロスターのイギリス側の駅は開業当時のウォータールーでしたが、今はセントパンクラス(駅舎が美しい)に替わってます。 

 未だウォータールーだった頃現地に行った事が有りますが、ドームみたいな壁に隠されてて中の様子はサッパリ判りませんでした。
 乗る機会は…無さそうです^^; 
【2017/07/29 10:49】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2088-edf02ff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB