のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


マンチェスター(1)
【2017/07/27 09:26】 海外旅行
*参考記事: マンチェスター&リバプール<プロローグ>

 マンチェスターのテロの後、ロンドンでもテロが起きましたがそろそろ現地も落ち着いたでしょうか…。ISが弱体化したと言っても残党は世界各地に居るしヒアリの様に徹底駆除しなくては。
 
 さて改めてマンチェスターの位置関係。下図でお解りの様にイギリス本島のほぼ中心、イングランド北部に位置しリバプールはほぼ真西に50㎞位行った所に在ります。
マンチェスター位置関係
 街の起こりは紀元1世紀に古代ローマ帝国が築いた城壁で、当時の城壁の一部は今も残ってます。街の名はラテン語の「胸の形をした丘 マムシウム(Mamcium)」から来ているそうです。
 12世紀には羊毛工業、14世紀に毛織物工業と紡績業が盛んな街でしたが、17世紀からは綿織物工業が盛んになり、1785年に蒸気を利用した紡績機を導入した事から産業革命が起きました。(ただ当初の設計は余り実用的では無く、多くの改良を経て完全自動化されたのは1830年。)

 科学産業博物館(旧リバプール・ロード駅)に展示して有る紡績機の1つ。発祥の地なだけあって綿織物関係の展示が異常に充実してます。
 1830年に開業したリバプール・アンド・マンチェスター鉄道で、世界中から集まった綿実がリバプールからマンチェスターに運ばれ、マンチェスターで綿織物になってリバプールから世界中に運ばれて行った訳です。
産業革命の元になった紡績機
 第二次大戦の影響で綿織物業が衰退した今は、人口も最盛期の半分位になりましたが、ロンドンに継ぐ金融都市とポップカルチャーの発信地として嘗ての勢いを取り戻しつつあります。
 ただイギリス国内における生活水準は低めで、実際駅周辺でもホームレスを散見した様に、未だ未だ豊かさを取り戻したとは言えない様です。

 尚、地図にバーミンガムを付け加えたのは、「産業革命で発展した工業都市」「運河と鉄道輸送が盛ん」と言う意味で、マンチェスターと共通点が多いからです。もしバーミンガムに行ったら随所で「マンチェスターっぽい」と言ってしまいそうです。

 それにしてもこの街は古い赤レンガの建物が非常に多い…。空港から街に向かう途中でもこんな感じの家が散見されました。
赤レンガが多い
 ホテルに最寄りのオックスフォード・ロード(Oxford Road)駅の高架も年季入ってます。マジで1849年7月20日開業当時から使っているのでは…。
オックスフォード・ロード駅高架
 
古めかしい…
 嘗ては倉庫に使ったと思しき、高架下の空き地は駐車場として有効利用されてます。
空き地は駐車場に
 メトロリンクのディーンズゲイト・キャッスルフィールド(Deansgate-Castlefield)電停から見た街の様子も古めかしい…。 (中央は鉄道線のディーンズゲイト駅)
赤レンガに年季が入ってる
 元々この電停近くのキャッスルフィールド地区は最も古い所で、街の起こりとなったローマ時代の城壁が未だに残ってますからね。
 科学産業博物館もこの地区に在りますが詳細は後日改めてと言う事で。
ローマ時代の城壁
 古い建物を無闇に壊さず使える部分は今も使っているのは好印象です。
 グレート・ノーザン鉄道時代の倉庫は映画館兼ショッピングモールになってますし。(カジノも入ってる模様)
昔の倉庫がモールになってる
 映画館(AMC16)の方は建て直した様ですけどね。
映画館側はもっと新しい
 後、このマンチェスター・セントラルと言うコンベンションセンター…見るからに元駅舎ですな。
元は駅だった
 ヨーロッパのターミナル駅に良く有るデザインですし。
角度を変えてみる
 しかも反対側から撮ってみると高架駅になってると言う。
うむ元駅舎だ
 下を駐車場として使うのはオックスフォード・ロード駅と同じですな~。
下は駐車場
 実際ここは元は中央駅として1880年に開業した物の路線変更により1969年5月5日に廃止されてます。
 その後駅舎は屋内駐車場として使われていましたが、1978年にコンサート会場に改装する計画が持ち上がり、1986年にグレートマンチェスター・エキシビジョンセンター(G-Mexセンター)としてオープンしました。
 1995年にマンチェスター・アリーナが出来るまで主なコンサートはここで行われたそうです。(そのアリーナでテロが…TДT;)

 2001年にマンチェスター・インターナショナル・コンベンション・センター(MICC)を追加。既にコンサート会場の主役はアリーナに譲っていた為、2007年にマンチェスター・セントラルと改名した際に、元の駅舎の面影を残す改装が始まり、2010年9月に完成してから現在に至ってます。
 …何か良いですな!!(笑)

 次回は科学産業博物館の予定です。メインの観光地と言って良いので何回かに分けるかも。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2089-13f7667c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB