のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


マンチェスター(5)~科学産業博物館4~
【2017/08/23 11:24】 海外旅行
 久し振りにマンチェスター旅行記を更新します。今後の予定に従っても9月のポーランドまでかかりそうななんで、ブリスベンIVは既に細々書いた事も有り大幅に割愛して、延々保留中の『オーストラリアの鳥』シリーズ優先にするかも。 (そもそも交通機関以外は大きく変わってる訳でも無い)

【世界最古の駅】
*参考記事
  リバプール(1)~世界初の鉄道~
  マンチェスター(1)
  マンチェスター(2)~科学産業博物館1+ローマの城壁~

 何度か言った様にリバプール側の最古の駅は現存しませんが、マンチェスター側の最古の駅はこの科学産業博物館となっており、敷地内に駅の名残がかなり残ってます。
 実際週末には列車を走らせているそうですが、生憎行ったのが月曜だったんでその痕跡のみ…。
線路は今も使っている
 貨車も新しいし動かす事も有るのかな?
貨車は置いてるだけ?
 手前の倉庫の絵から開業当時の様子が窺えます。
倉庫の絵も味が有る
 旧リバプール・ロード駅の実際のホーム。開業当時は賑わったんでしょうけどがら~んとしてます。
ホームの上
 駅舎は2階建てになっており中も展示物を置いてます。ホームが2階なので上から入って見ましたが…ぶっちゃけスペース持て余してます^^; 当時の事務室だっけ?
スペース持て余し気味
 壁には開業当時の絵が貼られており、駅や車両、沿線の様子が解る様になってます。
 「鉄道が通ったので馬が楽になったよ>▽</」の図(笑)。
鉄道が通って馬が楽になったの図
 馬車を連結させた様な車両。
こんな車両じゃ線路から乗り降り出来そう

当時の車両の絵
 上から一等車・二等車・貨物&家畜運搬車。真中最後尾は馬車の車両をそのまま運搬しているっぽいですが、一寸動いただけで転落しそうで返って怖いですね。ちゃんと止めてあったんですかね?
当時の車両2
 拡大すると一応鎖らしき物は有りますがこれだけでは不安。
良く落ちないな…
 リバプール・アンド・マンチェスター鉄道は開業初日のセレモニーで死亡事故を起こしてます。
 セレブな招待客が乗ってた上り列車が給水で停車する際、「危険なので途中停車しても絶対に外に出ない様に」と言われていたのに、退屈だからと線路に降りてしまい、事も有ろうに鉄道開業に尽力したウイリアム・ハスキソンなる代議士を下りの列車が撥ねちゃったと…。
 この様な車両なら手であっさりドアを開けて出られるわな~-Д-; 当時鉄道の速さを見くびっていた人が多くて、列車が来ても馬車並だろうと高を括っていた事から起った悲劇でした。

 当時の駅の様子を描いた絵ですが何の駅か説明が有りませんでした。一説には旧クラウン・ストリート駅とも??
当時の駅の様子
 これはライム・ストリート駅手前の岩盤トンネルかと。
これはライムストリート傍のトンネルかと
 しかしまぁ…良くこんな崖崩れが起きかねない所を走らせますな~ ̄▽ ̄;
崖崩れ起きなかったん?
 川(運河?)を渡る為とは言えかなり高度が有って怖そう^^;
 因みにイギリスの鉄道は殆ど踏切が無く、道路と交差する場合は高架を走る傾向が有りますが、当時からその考えは一貫していた様です。
当時から踏切よりも高架な考え
 駅舎自体結構広いので完全にスペースを持て余してる箇所も少なく有りません。嘗ては倉庫だったんでしょうけど広過ぎです。
スペース持て余し…
 普通の技術博物館の様な展示物も有りますが極一部だし。
技術博物館状態
 何だかんだ言ってニッパー君は良く見かけますなぁ…。
His Master's Voice
 そんでもって日本の電化製品も結構置いて有ったりして。
セガだのソニーだの日本企業多し

こちらはシャープ
 旧駅らしく昔の車両も展示して有ります。
鉄道車両も置いてあった
 一等車現物。
当時の一等車
 それに比べると二等車の雑多感よ…。
二等車現物
 一見普通の蒸気機関車ですが…。
反対側
 反対側は切って構造が解る様になってます。
内部が解るように切って有る
 この鉄道車両のコーナー、雑然としているのは当時の様子をを再現したつもりなんですかね?
雑然感が生々しい
 因みに外はこうなってます。
旧駅舎外
 さて、別館に移る前に通った売店の面白グッズを御紹介。このチープさは癖になる?!(笑)
妙にチープ(笑)
 何故日本語…「宇宙ロボット」は更にじわじわ来ますぜ(笑)。
チープ(笑)
 次回は科学産業博物館シリーズ最終回。「アレ」以外にSchneiderさんからコメント戴いた機体についても触れねば。

この記事に対するコメント
お土産必須!
宇宙ロボットTシャツは、お土産必須でしょう!
間違っちゃいないが、たどたどしい日本語でしかも昭和風に表現されたら、購入したくなる!
颯爽とコミケに着て行きたくなるな~注目の的!
一時期、ヘンなTシャツに凝っていたので、これはいい物件だわ。
【2017/08/26 16:16】 URL | ラムネ #- [ 編集]

案外売れてたりして
>ラムネさん
 他にも駄菓子屋っぽいチープなグッズを売ってましたが、こう言う妙にレトロな物は好きな方にはドツボだから意外と売れてるのかな。
 他の博物館でこんな物売ってた例を見た事有りません(笑)^^;

 因みに10月頃に手作りロボットの特別展をやるらしいので、その辺を見込んで売り出したりして??

https://www.msimanchester.org.uk/whats-on/robots
【2017/08/26 17:15】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2103-dc7be039
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB