のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


マンチェスター(11)~メトロリンク2~
【2017/09/13 10:46】 海外旅行
 *路線図
  Eラインの東の終点Ashton-under-Lyneの1つ手前、Ashton West辺りは並走する道路沿いにスポーツや楽器を演奏する人の像が設置されてます。
スポーツをする人の像が点在
 流石に極一部しか撮れませんでしたが数100m置きに10体近く在った様な。
別の像
 そしてAshton-under-Lyneの周辺はIKEAを始めでかいショッピングセンターの宝庫なので、この辺に住んでる人は買い物に困らないでしょうね。
ショッピングセンターが豊富

電停越しにショッピングセンター
 同名の鉄道駅はここから一寸奥まった所に在るし、大通りに面した電停の方が便利だと思います。
遠くで列車が見えたがこれまた遠い
 今度はここからBラインで西の終点Altrincham(Aラインの終点でも有る)に向かいますが、途中のEtihad Campusで乗り換えます。Bラインの起点がここと言う事も一因ですが、マンチェスター・シティの本拠地の最寄駅でも有るのです。
 但し手前のVeloparkを出ると道路の下を潜る為、トンネルに入るので壁に阻まれてホームからはスタジアムは良く見えません。
ホームから一寸離れてる
 向かって右手にスタジアムが在る筈なんですけどね。まあとにかくAltrinchamまで行きましょう。
しかも手前はトンネル
 ピカデリー駅は通過しただけ。更にCornbrookまでは先程乗って来たD・Eラインと共用なので車窓は省略します。
ピカデリー駅
 A・Bラインの西側はトラフォード地区を有し、マンチェスター・ユナイテッドの本拠地を通ります。要はBラインに乗ると2つのサッカーチームの最寄駅を通る訳です。
 双方のゲーム開催日はサポーター陣が殺到するのでメトロリンクが遅れるのは日常茶飯事とか。
マンU本拠地
 Timperley(多分)。郊外は元鉄道駅の流用なので駅舎も風格が有りますねぇ。
この辺は元鉄道駅
 Altrincham到着。鉄道駅と施設併用なのでこれがまた立派なホームで…。
ここもちゃんとした駅
 駅舎はバスセンターも併設。後ろの赤レンガの駅舎にガラス張り部分を付け足した構造になってます。
バスセンター併設
 近くにTESCOが在ったので遅い昼食にフィッシュ・アンド・チップス。
 探し方が悪いのかロンドンと比べるとパブもテイクアウェイ(テイクアウト)店も見かけなかった為、これでも一番マトモな昼食だったと言う ̄▽ ̄;
TESCOでフィッシュ・アンド・チップス
 駅に向かう途中、橋の上から見たAltrinchamの様子。
橋から見た様子
 道を挟んで斜め左前に何故かヤマハの学校が在ると言う。
何故かヤマハ
 次はAラインで東の終点Buryへ。途中ヴィクトリア駅を通りますが通過したのみ。
ヴィクトリア駅
 Bury到着。Altrincham同様駅舎はバスセンター併用の近代的なデザイン。
ここもバスセンター併設
 実はここから一寸歩いた所にSLの走る保存鉄道が在るんですよ。丁度ホームに入って来た所だったんですが、跨線橋の壁が非常に高くて私の身長では見られず、ダンナが写真を撮ろうとしてもすぐに居なくなったと言う…。
SLが走ってる
 保存鉄道の説明。
SL説明
 向かい側には博物館も在る様です。
博物館も近いらしい
 但しホームには切符を買わないと入れません。この辺打刻機が改札代わりのドイツと違い日本に近くて一寸面倒^^;
 それにしてもトーマス押しですな~。流石トーマスを生んだ国(笑)。
ここから先は入れない
 ホームには入れませんが横から柵越しにホームを覗く事なら可能です。
でも横からホームは見られる
 貨物輸送もしてるんですかね。
貨物も有るのね
 今度はDeansgate-Castlefield乗り換えてマンチェスター空港の或るFラインへ。St Werburgh's RoadまではG・Hラインと同じ所を走るし、そうでなくてもDeansgate-Castlefield辺りは兼用が多くて同じ光景を何度も何度も… ̄▽ ̄;
 Trafford Barを抜けてA・Bラインと分岐する辺りに車両基地が在ります。
車両基地
 青い車両は1992年開業時に導入されたT-68ですが、既に前者M5000に切り替わってる為、車両のラインナップが画一的でその辺は面白くないですな~ ̄З ̄;
今は全部同じ車両で面白味は無い
 一旦空港に着いてG・Hラインに乗る為に戻る途中、行き違った空港行の車両が途中駅でいきなり客を降ろして回送に。
 外見からは判りませんが車両内を傷つけたか汚した奴が出た為、急遽運転打ち切りになったそうです。 
 このせいで私等が乗っていた車両も運転停車する羽目になった為、10分位ロス…既に時間は18時を回っており、明日は帰国せねばなりません。
 当初「全然制覇はあまり乗り気では無かった」ダンナが、この時点では既に「全線制覇するしかない!!」状態になっており、そのまま乗車続行する事にしましたが、段々暗くなって来たし写真も上手く撮れなくなってくるのでありました ̄▽ ̄;
事件が有って途中打ち切りになった車両
 事故車は途中駅から直では引き返せない為、一旦空港まで行って引き換えし。メトロリンクは原則12分おきですが代わりの車両が来たかどうかは不明。このせいで飛行機に乗り遅れた人が居たら御愁傷様。
 この車両、Deansgate-Castlefieldで接続待ちをしていたら、回送のまま通過して行きました。
回送で去って行った
 さていよいよ最後の区間Gラインへ(Hラインはこれの短縮版)。この路線、途中のFreehold~Westwood間でこんな風に不自然に曲がります。
こんな風に90度曲がる
 …と言うのもこの先は廃線跡でトンネルも閉鎖されたままなので、これ位曲げないとWestwoodには行けないんですね。廃線流用区間の多いメトロリンクも流石に全部使ってる訳ではないのです。
 廃線トンネルの様子(Google Mapより)。
廃線トンネル
 んで20:30過ぎに漸くRochdale Town Centre到着でメトロリンク全然制覇!! …このおかげで運河を見られなかったんで、もし次回が有るなら今度はそちらを征服しようと思います(笑)^^;
全線踏破!!
 ホームに降りて写真を撮ってると「Excuse me.」と私に声をかける男性が。(写真に写ってる黒人男性)
 落し物でもしたかな?と思ったら、こんな所に来るアジア系の鉄ちゃんは珍しい様で、職員の方が携帯用の小さな路線マップを下さったのでした。
ミニマップ貰った
 畳むと切符サイズですが広げたらこれ位有ります。
広げると路線図が
 折り返し便が出るまで一寸有った為、運転士さんが運転室に入らせてくれたり、マップをくれた職員さん含む数人が次のRochidale Railway Station降りて行く際、手を振ってくれたり…と、色々フレンドリーでメトロリンクに対する好感度上がりました^▽^ 
運転席も見せてくれた
 それにしても営業キロ92㎞の内、併用区間の多い路線だ…しかもかなり往ったり来たりで全然制覇には効率悪いです ̄▽ ̄;  オフピークを狙って出発時間が10時になってしまったのも遅くなった一因ですけど。
 しかし最後にフレンドリーな職員さんに出会えたし、また機会が有ればBuryのSLも乗ってみたいもんですね。

 …と言う事で4か月に渡り続けて来たマンチェスター旅行記をそろそろ終わらせて戴きます。
 引き続きブリスベンIVとポーランドIVをお楽しみ下さい(笑)。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2112-6acde3dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB