のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


この世界の片隅に原画展&BD
【2017/09/14 21:45】 アニメ・漫画感想
 大丸福岡天神店のエスカレーターに有る原画展告知。他の広告と切り替わりで1回に付き10秒程度しか出ない上に、エスカレーターが動くんで撮るのは一寸大変 ̄▽ ̄;
エスカレーターの告知
 明後日からポーランドなのに色んな用事が重なってマジヤバイ。
 その1つが『この世界の片隅に』だったりしますが、円盤の発売は事前に判っていたから良いとしても、この時期に福岡で原画展とかチョーヤバイ。

 …でも昨日行って来ました(爆)。
 予定よりも1時間早い便に乗れて開店前に到着出来たんで、一番乗りとまでは行かずとも一桁台位で入場出来ました。
原画展入口
 今確認したら「9/16・17に各日先着100名さまにモノクロ複製原画のプレゼント」とか、「9/24にこうの先生サイン会」とか追加されてますね…。
 尤も事前に知ってたとしてもポーランドが有るから行けませんでしたが ̄▽ ̄;
 ここは撮影可能だけど中は当然撮影不可。まあ入った時は2~3人位しか客が居なかったんで隙を見て撮れた…かも(笑)^^;
ここは撮影可能
 原画のラインナップはタワレコと同じと思いますが、『冬の記憶』は全頁有ったのに『大潮の頃』以降は抜粋ですね。この辺全頁展示された呉の原画展には流石に敵いません^^;

 それよりも不思議だったのはフキダシ内の台詞(写植部分)が、水色鉛筆で書いて有ったり鉛筆だったりする上に、鉛筆で書いておきながら態々後で消してる頁が散見される事。
 「左手で描いた絵」の見開きはトレーシングペーパーに台詞を書いて有ったから、消した部分も本来はそうなんだろうと言う事は推測されます。
 でも水色鉛筆と鉛筆が混在したり、鉛筆部分を消して水色部分の台詞(と言うか単語)だけ残ってたりするのが謎。

 ベタは生憎あまり綺麗とは思えませんでした ̄▽ ̄; 結構ムラが有ります。その代りカケアミの描き込みが半端無くて、普通に線で描くより遥かに手間かかってるんではないかと。全部アナログ且つ独りでこれだけ描くとは只者では有りません。
 特に中巻P.116~117の見開きがめっちゃ美しい…´▽`
 他のこうの作品でも背景の美しさに感心した物ですが、こうの先生は人物よりも背景の方が上手い(画力的な意味で)方ではないでしょうか。(人物に関しては以前の作品の方が線が綺麗、片隅は正直一寸雑な印象 *左手作画は除く)

 会場の配置については上巻ブースのすぐ裏が下巻で、中巻は斜め向かいの離れに有る為、最初間違えかけましたよ ̄▽ ̄; スペースの都合も有ったんでしょうが動線はもう一寸考えて欲しかったですねぇ。
 でも『しあはせの手紙』の原画が一旦P.149で止まってて、角を曲がると例の見開き、また角を曲がると最終頁と言うレイアウトは、一気に観るよりも一拍置く事で感動が増す様には思いました。

 物販コーナーの寄せ書きは初日の始まったばかりと言う事も有り未だ殆ど書かれていません。
寄せ書きコーナー
 絵はスタッフが描かれた波のうさぎのみで後はメッセージが少々。
スタッフ作画
 …なので私が描いたよ…ただでさえ私のすずさんは似ないのに一発描きだからぶっちゃけ恥晒しっすよ^^;
唯にしか見えないすずさん^^;
 こちらは先にノートに描いた方。文章も纏まりが無いし恥晒しその2(核爆)。こんな絵でも「上手い~」と褒めて下さった大丸の店員さん、お世辞が上手いですね(笑)^^;
ノートに描いた方
 戦利品の数々。図録だけはタワレコ開催時に二代目に買って来て貰った物ですが、その時と今回でポストカードが2枚になりました。画像では判りませんが印刷は微妙にタワレコの方が濃くて艶が有ります。まあ差分ですけど。
図録のみ二代目に頼んでいた
 新商品のどんぶりだけでなく、広島の商工会議所?でしか売ってないと言う、海苔とラムネが有ったのは嬉しいサプライズですね。どんぶり2500円に対しラムネが486円と大変良心的な価格になっております。
ラムネと海苔も有ったとは

ラムネ
 或る意味このどんぶりの為に行った様な…(笑)^^;
どんぶり
 買った人は是非ひっくり返してみましょう(笑)。
うま~(笑)
 クリアファイルも裏面が心憎い。
クリアファイル
 特に下巻表紙の裏は一寸泣けるかも?
クリアファイル裏
 書籍は原作本3冊・公式ファンブック・のん写真集・小説の4種だったと思います。アートブックや公式ガイドブックは見当たらず。
 ところでジュンク堂に絵コンテ集が3冊有ったんですが、冊子版は絶版と思ってたんで一寸意外。それとも再版したんすか?

 …と言う事で福岡近郊で片隅に興味の有る方は行ってみて損は有りません。都合がつくなら9/16~17に複製原画を貰うも良し、9/24にこうの先生の御尊顔を拝見するも良し。
 行けない私の分までその辺のレポートは他の方にお任せします ̄▽ ̄;

 話変わって今日(9/14)の9:30前にBD特捜限定版到着。先にスマホで撮ってTwitterに速報で載せたら、私にしては結構反響が…とゆーか片渕監督に見つかってしまいました(笑)。
開封前
 特典とブックレットは未だ全部は観てませんが、公式アートブックやパンフと共通した内容だけでなく初見の物も結構収録されてます。惜しむらくはもっと大きなサイズで見たかった…。(そちらのネタバレは割愛)
開封後
 円盤のケースを開けた所。下の紙の柄がアッパッパ仕様。
円盤の下の柄に注目
 今回収録されてるVer.は「劇場公開版をブラッシュアップした物」であり、追加カットが入ってる訳では有りません。
 噂の「拡張版」も実際着手しているそうですが、りんさん関係を中心に追加するだけかと思ったら、「現行のものとはまた別なもうひとつの映画として完成することになるでしょう。」そうなので、現行版を観た方にも新鮮な気持ちで鑑賞出来るのでは無いでしょうか。

 念の為片渕監督のツイート掲載。
その1 その2 その3 その4 
 本編も実は細々修正が入っているのですが、その辺の検証はよりコアなファンの方にお任せするとして(ゴメン、自分で検証する暇無い)、特典も中々盛り沢山なので私は特装限定版をお勧めしますね。

  

この記事に対するコメント

私は渋谷の際、一発描きで似せられる自信が全くなかったのでよせがきはスルーしましたw
【2017/09/15 13:41】 URL | リビエラ@二代目 #- [ 編集]

これがハーロックだったら…
>二代目
 私が描くと以前描いていた別作品の主人公にどうしても似てしまうんだよなぁ…。
 一度徹底的に模写して特徴を掴まないと厳しいかも-Д-;
 シンプルなだけに誤魔化しが利かんし。
【2017/09/15 16:10】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2113-d2f3fb4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB