FC2ブログ
のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ポーランドIV(5)~鉄道博物館3~
【2018/02/19 01:19】 海外旅行
 Googleマップより鉄道博物館を上から見た様子。2018年現在なので行った時と若干様子が違います。
 水色で囲った所は空き地…と言うか空き地の方が多いですな。空き地は地図左の圏外にも続いており、途中から現れる線路は隣の駅(Warszawa Zachodnia ワルシャワ西駅)に繋がります。
鉄道博物館配置図
 因みに中央駅として開業後間もない頃(1945.12.31)はこんな様子で、ホームの反対側にも線路が延びており貨物駅が在った様です。
旧中央駅戦後の様子
 装甲車の位置。
装甲車位置
 行った時には無かった車両が写ってますが、どうもこの車両は時期によって有ったり無かったりするっぽいですσ(’、`)?
車両が増えた??
 機関車群横の線路が置いて有る辺りが定位置みたいですね。スペース持て余してるんだから置き場所は幾らでも有るけど、置いてない時は一体何処に行ってるんでしょう??
機関車は分けてある
 この機関車・貨車展示スペースは柵で囲われているので、鍵をかける事も有るんでしょうね。行った時は普通に開いてたしそのまま入れましたが。
機関車類入口
 真っ直ぐ行くと上の機関車が右手に見えて来ますが敢えて左から回ります。(深い意味は無い) 
後でまた来る
 1880年ドイツ製ナローゲージのTKb3-129。他の機関車はホーム跡に置いてますが、これは線路の幅が狭い為ぼっち状態になってます。
これは状態が良い方
 ホーム跡に暫く続くSL軍団。ズラズラ~と数だけは壮観なんですが如何せん保存状態が良く無い物が多くてですね…。
数だけは壮観だが…
 何しろ野ざらしなんで塗装が剥げて錆びてたりとか。
一寸これはあんまりな…
 SL以外の機関車も何両か置いて有ります。う~む痛々しい…。
保存状態の悪さは変わらん
 この白い貨車(1976年製 202Lc冷蔵車 主に肉類輸送用)の先は行き止まりになってる為反対側の元ホームに移動。
この貨車の先で折り返し
 移った所に在る蒸気機関車Pu29-3。1931年ポズナンで製造されて1970年3月20まで走ってました。
 ここにしては珍しく状態は良く明らかに塗り直してますね。ただどう言う基準で塗り直すのかは不明です。予算の都合で一度には無理でしょうが、状態の悪い方からやる訳にはいかんのですかね?
状態は良い方
 木造貨車。実は1940年イタリア製。果物輸送に使われたそうです。
実はイタリア製
 一方こちらの木造貨車は1933年ドイツ製の「ドレスデン型」。国際列車仕様になってました。
ドレスデン型貨車
 茶色の木造貨車はこんな風に4両置いて有って、手前からハンガリー製(製造年不明 1920~21年にPKPが購入)、もう1つのドイツ製、前述のドイツ製、イタリア製の順に並んでます。 
木造貨車纏め
 その「もう1つのドイツ製」と言うのは1919年頃製造され、第一次大戦の賠償でポーランドに譲渡されますが、第二次大戦でドイツに占領された時に接収され、戦後再びポーランドに戻って来たと言う、実は中々激動を歩んで来た車両なので別途載せておきます。
実は修羅場を潜った車両だった
 各車両の詳しい説明を細々書いてましたが、公式サイトに全部載ってる事が判明したので簡略化させて戴きます。
 興味の有る方は頑張って訳して下さい…全部ポーランド語ですけどね(笑)^^;

 このペースでは全然終わらないのですっ飛ばさねば… ̄▽ ̄; 
 1943年ドイツ製の五軸型貨物用SL・Ty2-572
五軸車前面
 五軸型(車輪が5つ)のSLは日本ではタンク機関車2種のみで、この様なテンダー機関車は有りません。1995年10月12日まで走っていたそうです。
五軸車
 ここで最も目を惹く車両はこの Pm3-5でしょうね。
 上の写真でもチラホラ写ってますが色も緑だし正にカエルみたいなデザイン(笑)。
カエルの様な機関車
  Pm3-5がカエルならこのTKt48-36は折れ曲がった犬耳?
耳付SL?
 こちらのTy51-228も耳が曲がったみたいな構造してますな。
耳が曲がってる?
 因みに昔のポーランドの機関車は「黒:貨物用 緑:乗客用」で見分けがつきます。
 では上の2つやこのOkl27-26を含め黒緑2色混合の車両は?っつーと、ローカル線では旅客用と貨物用の併用が当たり前だったんで、こんな風にツートンカラーだったそうです。
ローカル線はツートンカラー
 SLに比べると他の機関車のデザインは昔の日本にも有ったっぽいデザインであまり意外性が無いかも?
 <ディーゼル機関車のu>ST44-001
ディーゼル機関車ST44-001
 電気機関車のET21-66
電気機関車ET21-66
 未だ未だ機関車の展示は多いのですが、既に長くなってるので客車関係は次回に続く。
 今度こそこの項目を終わらせてワルシャワ旧市街に移動したいですな^^;

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2173-18cf6d74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB