FC2ブログ
のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


『無限創造軌道』感想<詳細版>
【2018/03/08 01:51】 ハーロック@松本零士
 ネタ絵を描いたり写真を撮ってたらやたら時間がかかってしまった…。文章も多い為実は未だ全部は読んでないんですけどね。

 『復刻!零次元宇宙ピンナップ』より。このメーテルの日付は1998年になってるんですが、当時既にキャラのチビロリ化が始まってたし未だこんなに描けたっけ?と言う印象。
1998年なのに美しいぞ?
 1997年のメーテルがこうですぜ? 実は上の絵はずっと前に描いてた物に加筆訂正したのでは??
1997年で既にこうなのに
 巻末の作品一覧を見る限り1990年の『蜃気樓綺譚』以降劣化が始まってますが(個人的印象)、1992年までは未だそれ程でも無かった様に思います。
 違和感が増したのは1994~95年頃、「目にトーンを貼る様になってから」では無いでしょうか。同時にキャラのチビロリ化が進んで行ってますし。

 序盤のキャラ紹介でテレサがスターシャとゴッチャに。しかも絵が左右反転。そりゃ松本ヒロインは大抵同じ顔だけども ̄▽ ̄;
テレサが混じってる
 『宇宙戦艦キャプテンハーロック』?!(笑) 昔プラモを売る時「アルカディア号」の名称が使えなくて、「キャプテンハーロック号」になってた事が有ったそうですが、幾ら何でもそのリスペクトでは有るまい(笑)。
 他にも『発掘 零士社秘宝』で『サブマリン スーパー99』のED曲が『悲しみは天に通じて(正しくは「天に還して」)』になってたり、『零次元の世界』トビラで『幻想幹線0(正しくは「新幹線」)』になってたり(多分『漂流幹線000』と混同してる)等々、若干誤植や絵の間違いが有りますが読み応え自体は有りますね。
キャプテンハーロック号か?
 ただ載ってるカラーイラストは昔から松本作品を追ってるファンならあまり目新しい物は無いです。
 初期作品も「表紙」は見覚え有るし美女イラストも『美女幻影』と被り捲ってるし。故・高井研一郎氏の遺品から再録された『ケン太郎夢の旅』を含む、一部初期作品の「中身」は恐らく初出だと思うんですけどね。
初期作品の中身は初見もチラホラ
 読み応えは有る半面、絵が非常に小さい頁が散見されるので見辛いのが困り物。価格を抑える為には詰め込まざるを得なかったんでしょうけどね。
カット詰め込み過ぎ
 単行本未収録作品の『モルモタリウム1978』…これ読んだ事有りますよ!! 但し話は全く覚えておらず唯一印象に残っていたのが何故かこのシーン^^;
何故かここだけ覚えてた
 『零次元の世界』のカラーイラスト抜粋。999は全盛期の絵の方が多いんですが…。
999はマトモな物が多いのに
 ハーロックの下の方は近年の作品と言うのが何だかな~-Д-;
ハーロックの下の方…
 …こ…これは或る人が先生に依頼した『酒飲んでるハーロックとトチロー』の製作中の様子!!
依頼主のラフの方が上手かった
 この状態で見るとあまり気にならないかも知れませんが完成品はこうですからねTДT; 依頼主が指示用に描いたラフの方が遥かに上手だった…。
完成品…
 …さて、問題の新作999『ドリームブラックホール』。冒頭のメーテルに驚愕なのはさておき^^;
更にUPにしてみました(笑)
 驚愕過ぎてツッコまざるを得ない!!(笑)^^;
妖怪メーテル
 しかも遠足に行くかの様にワクワクしてるメーテル?
遠足メーテル
 絵の歪みもさる事ながらペンタッチが…「手が動かなくてリハビリ中?」って位に荒れてるんですよねぇ…-Д-;
特に酷いと思ったシーン

拡大
 実際に見た原画では殴り書きの書画はさて置き、近年の絵でもペン入れ~彩色した物は、「絵自体は歪んでいてもペンタッチはここまで酷くは無かった」印象です。
 これも現物見るとエメさんがチビデブ化しては居ますが、結構細かく描いて有って彩色も丁寧なんですよ? (2012年作)
劣化しつつも丁寧に描いてはいる
 色までチープになって来たのって結構最近の話では? 同じ作者が描いたとは思えない位酷くなってる…。
一体何が有った?!
 ハーロックに至っては「2013年の8月から12月の間に何が有った??」と心配になって来ます。
2013年に何が有った??
  2013.8.18の分は偽物との指摘が有りました。教えて下さった方有難うございます。(偽物の方が上手いと言うのも哀しい話ですねぇ)

 本作もペンタッチがもっとマトモなら未だ幾分「見られた」のではないかなぁと…。
 メーテルもやたら睫毛が多くてケバイ印象ですが、微笑むと可愛らしさが残ってるのが救いですかね?
 目を瞑った&口の有るクレアさん初めて見ました。クレアさんと車掌さんは比較的マシかなと。
笑うと意外と可愛い
 ハーロックとエメラルダスは蛇輪を握った状態、しかもバストアップばっかり。何か手の描き方もテキトーだね…。
この台詞は嫌いじゃない
 このハーロックの台詞自体は割と好きだったりします。何か希望が持てそうで。まあ独りで受け答えしてる様にも見えますが(笑)。
独り返事ハーロック
 例外はこのエメラルダスのみ。しかし後ろ髪を結んで頭が二段式なのがデフォルトになって来ましたなぁ…。
髪型盛り上がってる
 こんな調子でとにかく「絵」は悲惨ですが話は案外嫌いでは無いんですよね。随所に結構意味深なキーワードが出て来るんです。パッと目についた物を抜粋しただけでもこれ位有ります。
 
 「新しい旅の始まり」
 「少しだけ休んで停車しておりましたが、999は発車します。(by 車掌さん)」
 「無限大ノ終ワリナキ旅ヘ。」
 「終わりのない旅の始まり」
 「999は止まらない。」
 「永遠」
 「新しい海へ行けるぞ。」
 「無限」


 如何にも新連載の1話の様な台詞のオンパレードですが、先生御自身が続きを描く事は恐らく無いでしょう。
 ただ零士FUTURE辺りで「まず64P」と仰っていた様なので、もし続きが有るならビッグコミック創刊50周年記念号に合わせて…と思ったら、1968年2月29日創刊だからこの本自体が記念号やん!!(笑)^^; あ、やっぱり無いかな ̄▽ ̄;

 今まで大風呂敷を広げては途中で放り投げては別の作品を…を繰り返してきた先生なので、この999も「ま~た中途半端に終わるんかい-Д-;」…と、普通なら思ってしまうでしょう。

 でもこんなに意味深なキーワードを散りばめると言う事は、松本先生御自身は嶋星先生や島崎先生、或いは増永さんや蒼眞緑先生の様な、次世代に受け渡す為のエールを送りたかったのではないかと言う気がします。

 尚、この意見はリビエラ@二代目の「新作が巻末収録なのは、ここで次世代にバトンタッチという意味があるんじゃないかと。」「『このバトンだけは、自分で渡したい』という事ではないでしょうか」辺りを参考にしてます。

 前回の記事のコメントにも載せましたが、本作に置いて二代目は中々明言を残してるので再掲します。

>私は80で今と同じ仕事ができる自信は全くない。同じ絵を描ける自信もない。
>歪んでも、よれても、漫画家が漫画を描く事が「晩節を汚す」ことになどなるものか!


 見た目の絵の劣化に捕らわれて居ては見える物も見えないよ…と。
 ただ今回ここまで線が与太ったのは某美術空間が殴り書きをさせて来た事も一因と思ってます。じっくり描く時間を与えれば全盛期は無理でももう一寸マシになる…筈。

 そして80歳になられても松本先生が創作意欲満々な事には敬意を払わなくては。
 貴方が80歳になった時、先生の様に意欲満々で生きて行けてると確信が持てますか?

 

この記事に対するコメント

どうもどうも。たまに名言を明言するリビエラ@二代目です。

ちなみに「二代目」は「二代目松本零子」の意で、ようはPinさんの二代目です(今さらの自己紹介)

まぁ小学館がこの手の本出すのはたぶん初めてだと思うので、他社の本と被っちゃってるのは仕方ないかも知れないですね~

なかなか読みごたえがあるので私もまだ新作と対談ぐらいしか読めてないですが、アニメをばっさりカットして漫画家としての松本零士先生に焦点をあてた編集には好感が持てます。
【2018/03/08 02:42】 URL | リビエラ@二代目 #- [ 編集]

独り言
艦橋での独り言はもはや定番。キャプテンの通常運転なのでしょう!
きっとトリさんが相槌役なんですよ。そだね~!みたいな(笑)。

画集なんだからカラー絵を大きく掲載しろと言いたいのだが、コスト考えるとね~私、印刷屋だから痛いほどよくわかります。

老いたりと言えど老兵ありきで、漫画界という戦場を駆けてほしいものです!
【2018/03/08 07:52】 URL | ラムネ #- [ 編集]

目から鱗
>二代目
 いや~君のあの感想が無かったら、絵に文句言って終わってたかも知れんと思うと結構考えさせられたわ。
 Amazonにも成程な~と思わせる感想が有ったけど、見かけだけで判断してはいかんねぇ。

>ちなみに「二代目」は「二代目松本零子」の意で、ようはPinさんの二代目です
 尚、私が「松本零子」を名乗っていたのは、ハーロック描き始めて初期も初期のリアルタイムだけだったと言う^^;

 リビエラ@二代目は松本先生のサイン色紙を真似するのが上手いぞ(笑)。ヤフオクで手を出すなよっ(笑)。

>小学館がこの手の本出すのはたぶん初めて
 定評が有りそうなのは古くは宝島、近年では『美女幻影』の学研、『大解剖』の三栄書房や、『零次元マンガの描き方』『零士メーター』の玄光社辺りですかねぇ。
 
 小学館だってクロニクルや完全版、機械紀行等々、資料性の有る本を結構出してるんだけど、解説本と言うよりは漫画や絵の再録に近いかったし。

>アニメをばっさりカットして漫画家としての松本零士先生に焦点をあてた
 尚、冒頭に増永さんの絵が入ってる件(笑)。
 昔は松本漫画の独特のタッチをアニメに出来なかった事も有り、ハーロックの続編等々「アニメよりも漫画で見たい」と思ってたもんすよ。


>ラムネさん
>きっとトリさんが相槌役なんですよ。そだね~!みたいな(笑)。
 成程(笑)。暇を見てはのもぐもぐタイムか(笑)。

 コストに付いては印刷屋ならヒジョ~に解るかと。尤もこれまで散々他社が出して来た本に載ってる物が大半だから、多分初出の初期作品以外は見た事が有る物ばかりだったりするんですけどね。

>老いたりと言えど老兵ありきで、漫画界という戦場を駆けてほしいものです!
 新作999はかなり無理して描いたのかも知れないし、先生は原作に徹して絵は若い人達に任せた方が良いんだろうけども。
【2018/03/08 19:31】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


Pin様

1997年のメーテルの服が、あのようになってるのなぜ?
とずーっと自問自答しています。
原作やテレビ版では、結構裸になったり、水着だったり下着だったりと
露出するシーンが多かったなぁと(;^ω^)

メーテルの目元のシワ!!
やはり、永遠の美女であっても、あれから40年。
メーテルも年を重ねていってるということでしょうか....

そういえば、エメラルダスの髪形も、いつの間にか変わってたんですね∑(*゚ェ゚*)

前回のコメントで、ショックだと書いてしまいましたが、
やはり、ストーリーというか、世界観には引き込まれるものがありますね。
言われるように、80歳という年齢であっても意欲的に活動して、
ファンをワクワクする期待感を持たせてくれる先生に敬意を持ち続けたいですね。

松本先生の作品に出てくるヒロインがみんな同じ顔なのはどうして?
と大昔、小学生ぐらいの男の子が先生本人に聞いていました。
大人はみんな思ってても聞けないことだったので、
一瞬シーンとなりましたが、先生は、
『私は愛した女性はたった一人なので、どうしてもその女性に似てしまうんですよ』
という意味のことを言われてて、まわりがほぉぉ~(*^▽^*)となってました。
【2018/03/08 23:16】 URL | みはさみ #Ya3rjD22 [ 編集]

逆爆風(笑)
>みはさみさん
>1997年のメーテルの服が、あのようになってるのなぜ?
 このメーテルに限らず松本先生は、「爆風?で背中側の服だけ破れている」類の絵を、幾つか描かれているのでお好きなモチーフなのでは無いかと。

 でも本当は爆風を受けた正面側から服が破れますよね? 残った背中側の服も吹き飛んで裸になる筈だから実はおかしいのでは(笑)。

 長崎原爆の時も爆風で服が飛び散った全裸の遺体が、最寄りの駅に大量に折り重なったそうです…TДT;

>原作やテレビ版では、結構裸になったり、水着だったり下着だったり
 メーテルは自分の体に余程自信が有る様で脱ぎっぷり良いですよ(笑)。特に原作ヌルーバの回を初めて見た時は成人向けかと思いました^^;
 ただアニメではクレームが有ったのか、その後かなり抑える様になり物足らなかったです(爆)。

>メーテルも年を重ねていってるということでしょうか....
 劇場版1作目で自分の体は鉄郎の母の体と明かした際に、歳を取ったら別の体に移し替える云々言ってましたが、機械化帝国も無くなって移す機会が無かったのでは ̄▽ ̄;

>エメラルダスの髪形も、いつの間にか変わってた
 元々後ろで髪を束ねて二段になってるキャラが居るんですが、何故かそうでなかったキャラまで二段式が増えました。
 まあ女性だから髪型変えても良いんですけど、癖になっちゃってるんではないんですかね。

>ストーリーというか、世界観には引き込まれるものがありますね 
 Amazonのレビューにも成程深いな~と思わせる物が有りました。先生自身の漫画としてはこれが「最後」なのかも知れないとなると、数々のフレーズも「別世界への旅立ち」を暗喩しているかの様に意味深に思えて来ます。

 普通は80歳にもなればアシに丸投げか引退しますが、例えボロボロの絵でも「先生御自身が描いた」と言う事が大事なんだと思います。

>松本先生の作品に出てくるヒロインがみんな同じ顔なのはどうして?
>『私は愛した女性はたった一人なので、どうしてもその女性に似てしまうんですよ』

 子供は遠慮ないですね~(笑)。でも先生上手く答えましたね。世の中にはもっと描き分け出来ないプロも一杯居ますから。
【2018/03/09 18:23】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2018/04/02 21:26】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2178-4632e102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB