FC2ブログ
のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


トチローの息子と未収録作品
【2018/03/24 23:06】 ハーロック@松本零士
 エメラルダスとの出会いが描かれた、漫画版『銀河鉄道物語』~『心の旅人』より昇太と鉄郎のニアミス。実際に2人が出会うのはこの後。
鉄郎とニアミス
 前回で触れたトチローの息子、大山昇太についての補足です。実は昇太って本作の『星の海を想う』で既に正体は開かされているんですよね。
 『星の海を想う』と『心の旅人』は小学館版の21巻に収録されてますので詳細はそちらを御覧下さい。

 今回取り上げるのは単行本未収録の999からです。『宿命の友人』は昇太が鉄郎と出会い友情を誓う話。
 昇太は「実戦体験をする運命にある戦士が乗る『宿命』の列車・1000(ミレニアム)号」に乗車中。『心の旅人』同様列車の窓ごしに再会する2人。最後のコマでトチローのイメージがアルカディア号と被るのが泣ける。
 ただ『心の旅人』と描いた時期が違うのか、この話だけ鉄郎が妙にカマっぽくなってるんですよね~。(他の話は違和感無いのに…)
トチローのイメージが…
 トチローの息子なのに何故アルカディア号に乗らないのか不思議に思う鉄郎にメーテルはこう答えます。
 「偉大な男は『独りで旅に出る!!』。」「そうでしょう鉄郎!!」と。
 そう言われて最初は戸惑いながらも力強く答える鉄郎の顔も何だかカマっぽいし ̄▽ ̄; その後オカマ化が更に悪化するとは当時は思いませんでしたよT∇T;
鉄郎がカマっぽくなってる
 この後1000号は何処かに走り去り(再び窓越しに手を振り合ってる)、999は次の停車駅「ワカラナイトコロ」へ。
 その何だかサッパリ解らない所のホテルに向かう途中、メタノイドにタクシーを乗っ取られ、しかも至近距離からメーテルが撃たれ高い所から車ごと転落!!

 …が、メタノイド達は車モロ共グチャグチャになったのにメーテル達は全くの無傷。この星は「悪者には厳しく心優しい者には優しい星」だったのです。
 999の異常事態と聞いて駆け付けたのが昇太。ちゃんと会うのは初めてなのに意気投合する昇太と鉄郎。
宿命の出会い
 ラブラブなミーくんとナニカ。ミーくんは雌だろうからナニカは雄なんですかね?
めっちゃ気が合ってる
 そうこうしている内に999の発車時間が迫って来ました。(ホテルに行く暇が無い位、長時間経ってたのか)
 去り際に力強く男の友情を誓う昇太と鉄郎が盛り上がる一方、この後ミーくんとナニカは強引に引き離されてるみたいで何だか可哀想…。
友との誓い
 2人の男はお互いが乗るべき列車に乗り、其々旅立って行くのです。

 『星の海のサバンナ』と『土台のないお人形』は、ダークィンの話やレイラが出て来ますが、特に語る事も無いので割愛。
 ただ描き下ろし最後の『星の海のホタルナ-ミラクレイのふるさと-』は、サブタイトルを聞いただけでピンと来る方もいらっしゃるでしょう。
 そう、ミラクレイと言ったら『火星ホテル』!!
火星ホテルとリンク
 鉄郎と巡との出会いのシーン。同じ「星野」なので血縁の可能性も?
鉄郎と巡の出会い
 何処までも続く粘土だけの地表を歩いたせいで、駅のホームには鉄郎の足跡がベタベタ…。しかしこの星から乗務したミレニアム・ユキが、ホームの足跡含め何時の間にかピカピカに拭き取り泥を回収してくれてました。…停車時間2分50秒しか無いのに!!(笑)
ミラクレイ登場 
 ユキは涙を流しながら「地球まで乗車します。」「遠く光も時間も越えて時の環の接する処まで!!」と言うのです。地球どころか太陽系も銀河系まで無くなっているのに…。
 ユキの台詞も意味深ですが、「時の環の接する処」で鉄郎が生まれて来なかった妹を思い出すのも感慨深い。
火星ホテルとのリンクが…
 リビエラ@二代目はかねてから「星野巡は生まれて来なかった鉄郎の妹」と主張しているのですが、999側でこう言う話を見てしまうと、強ち間違っても居ないのでは?と言う気がして来ますね。
 
 更にここから新たな乗客として昆虫人間のホタルナも登場します。『ホタルナ妖』と言うぶっちゃけ非難轟々の話が有りますが、姿も違うし名前が同じなだけで別人と思います。
ホタルナ登場
 ユキやホタルナを乗せミラクレイの可能性と、皆が旅をする意味を例によって勿体付けながら、999がミラクレイの故郷を旅立つシーンで話は終わってます。
 島崎版999が何処まで描くつもりかは解りませんが、この続きが描かれる事は無いんでしょうなぁ~ ̄▽ ̄;

 ところで今回紹介した作品は2005年発表ですが、『無限創造軌道』の999は「2007年以来11年目の新作」と言ってますよね。
 しかし『無限創造軌道』巻末の作品リストには該当する作品が載ってないんですよ。何方か御覧になった方いらっしゃいますか??
 でも実は2011年にも999は発表されてる訳でしてな…。
 山中伸弥著『生命の未来を変えた男』(文藝春秋)に番外編が載ってるのよん。
これが前作の999では??
 表紙からは判断出来ませんが裏の帯では紹介されてます。現在入荷可能なのは文庫版だけの様ですが、目次に名前と作品名は入ってるからちゃんと収録されてる…筈。カラーかどうかは知りませんけど。
 作品リストから外されてるのはゲスト扱いだからなのか、単なる編集部の見落としか、はたまた大人の事情が絡んでいるのかは判りませんが、『ドリームブラックホール』の1つ前って私の知る限りではこれなんですよね。…計算が合いません ̄▽ ̄;
帯参照
 10P位の短編ですがオールカラーです。内容は鉄郎が大怪我してヤマナカ先生にiPS細胞で治してもらうと言う、要するにiPS細胞の宣伝です(笑)。
フルカラーだけど番外編
 キメラの話を聞いてエロ妄想する鉄郎と、さり気なく否定するメーテル(笑)。
エロイ事考える鉄郎(笑)
 メーテルの顔が歪んでるけどこれでも今よりは大分マシと言うのが悲しいっすね…。
メーテルの顔が…
 …と言う訳でレアな999の話でした。

     

この記事に対するコメント

初めて見たーーー!!
そして確信した!
私の説は間違ってない!…たぶん…ww
【2018/03/24 23:30】 URL | リビエラ@二代目 #- [ 編集]

何もかもみな懐かしい
はじめまして。いつもブログ等の更新を楽しみにしている、松本零士フリークのぶんろっくと申します。
昔はブログなどもまめに更新していたのですが、このところそうもいかずにROMってばかりです。

さて、今回の新作「ドリームブラックホール」の前の2007年の作品というのは、連載開始30周年記念特別読切として「ビッグコミック」2007年3月25日号に掲載された「惑星トンネルの魔女」という作品です。
レイラはもちろん、ミレニアム・ユキもホタルナもみんな出てくる「エターナル編」の続編という感じではあるんですが、単行本未収録となっています。

「永遠の命の夢」は、NHKスペシャルのDVD版に、野沢さん、池田さん、肝付さんの声でアフレコされたものが収録されていますよ。

また、『999』ではないのですが、2005年に発表された松本先生の自伝的作品「日本国落城記―地獄のトンネル―」という読切にもメーテルや999が出てきます。
この作品も単行本未収録ですが、ぜひ、皆さんに読んでほしい作品です。
【2018/03/25 00:29】 URL | ぶんろっく #2x.LPFvg [ 編集]


Pin様

この話は初めてでした。
21巻というと、エターナル編ですね。
原作のエターナル編は全然読んでないので...
映画は、こっそり観に行きました。
エターナルファンタジーのファンの方には、申し訳ないのですが、
前の劇場版2作ほどの感動が、
どうしても湧き上がってこなくて....

鉄郎と昇太の話、興味が尽きませんね。
エターナル編、やっぱり読むべきですね(=^▽^=)
未収録作品もあるのですが.....


「メーテルの細胞と混ぜられるんだったら...」
それは私もお願いしたいです!!
私の細胞はわたしだけのもよって、メーテルさん、
その体は鉄郎のお母さんの体じゃ....(´゚∀゚`;)
【2018/03/25 19:13】 URL | みはさみ #Ya3rjD22 [ 編集]

未収録分が収録されるのは何時の日か?
>二代目
 こんなネタを出されると君の意見がマジで正しく思えて来ますぞ。そもそも巡って母親との年齢全然合ってないし。


>ぶんろっく様
 どうも初めまして。以前から当ブログを読んで下さってた様で有難うございます。
 それと999に関する情報も有難うございます。流石に「惑星トンネルの魔女」は記憶に無いですね。…とか言って実は買ってたら笑っちゃうんですが。
 その様子だと「ミラクレイ」の続きと言う感じですが、如何せん読みきりなら話しを広げ様も無さそうです。

 因みに今発売中のビッグコミックには松本先生のインタビューが載ってるらしいですよ。(週末不在だった為未確認)

>「永遠の命の夢」DVD
 あああれにアフレコ版が載ってるんですか。肝付さんが鬼籍に入られた現在、貴重な作品と言えますね。

>「日本国落城記―地獄のトンネル―」
 これは一応仲間が持ってるので存在は知ってます。ぶんろっくさんの様に未収録作品に詳しい方から情報戴けて有難いですm(_ _)m

 しかし未収録作品だけで松本零士大全集が出来る勢いですよね。陽の目を見る日は来るのでしょうか。

 今後も何か有りましたらコメント戴けると幸いです。


>みはさみさん
 映画のエターナルファンタジーは過去2作と繋がってないし、ダイジェスト過ぎて興行的に爆死したせいか、存在を認めないファンも少なくないんですよ。

 私は嫌いでは無いんですが如何せん例によって未完なのと、松本先生の画力の劣化、更には「気に食わない奴は容赦なく排除」的な攻撃性も見られるんで、あまり勧められる話でも有りませんし。

 昇太と鉄郎が友情を誓う話も未収録な以上、勧めようにも勧められませんからねぇ。
 復刊ドットコム辺りで「未収録作品集」の陳情するのもアリですが、あそこは徹底して復刻に拘るので高額になりがちなのが困ったもんです。

>私の細胞はわたしだけのもよって、メーテルさん
 まあクローンと言っても体が同じなだけで心は別人ですからね^^;
【2018/03/26 17:28】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2184-042121fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB