FC2ブログ
のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ポーランドIV(18)~謎の観光ツアー(1)~
【2018/05/31 21:15】 海外旅行
 ビャウィストク工科大の学会にはオプションとしてツアーが有り、3度目の参加ともなると断り難くなって参加する事に。
 前回は湖で船に乗ったそうだし今回も行き先はその類かと思いきや…。
 バスは工科大を出て西へ西へと…何の事は無い。前回(2015年)代行バスでワルシャワに戻る時通った道です。しかし1時間近く経つと右手の脇道に入りろくに民家も無い未知の領域に突入。ポツンと建っていたこれは教会ですかね?
教会かな?
 予め行先を知らされてなかった(サプライズ?)為、一体何処に連れて行かれるのか不安になって来ます。途中の道路標識を見ても全然知らない地名ばっかりだし。
 脇道に入って20分弱、漸く広場に到着。ヨーロッパバイソンの実物大模型が目を惹きます。
広場に到着
 ここでバスを降りて数分歩きます。道路標識の地名を見ても相変わらずここは何処?私は誰?状態。
何処かサッパリ判らん
 荒れ果てた&修復中の古ぼけた建物に到着。
シナゴーグ
 その建物の傍の案内板で漸く地名判明。TYKOCIN(ティコチン)…知らねぇ^^;
ティコチン…知らん!!
 観光地案内。右のシルエットを見るに「ぼっちゃん(シュバシコウ)」が飛来する様です。
周辺の観光地
 知ってる日本人は殆ど居ないと思うので場所説明。
ティコチン位置関係(全体)
 近郊の位置関係。Googleマップだと車で26分になってますが、実際は1時間以上かかります ̄▽ ̄;
 当初ティコンかと思ったらティコンなのだそうで。そう言えばポーランド語の「C+母音」はサ行ではなくタ行でしたっけ。
 つまり「トロー」ではなく「トロー」か…成程(関係無い)。
ティコチンやや詳細位置
 何故ここに連れて来られたのかと言うと上の建物は大シナゴーグ(Wielka Synagoga)、つまりユダヤ教の教会だからです。戦前のポーランドに350万人も住んでいたユダヤ人とその痕跡は、言うまでも無くナチス=ドイツに因って大半が破壊されてしまいました。
 例外的に難を免れた数少ない地域がこのティコチンなのです。ユダヤ教関係者には有名らしいです。
 中央の礼拝室。外の殺伐とした雰囲気に比べると清楚な美しさを感じる部屋です。
中央礼拝室
 祭壇は壮麗なデザイン。
祭壇
 壁は模様では無くヘブライ語なので何書いてるか全く解りません^^;
壁はヘブライ語で書かれている
 礼拝室横の通路に幾つか資料が展示されてます。これは蝋燭の燭台ですかね。
燭台かな
 恐らくここで式を挙げたりお祝いをした人達の幸せそうな写真。彼等の大半は恐らくガス室送りTДT;…?と、思いましたが良く見ると大半はカラー写真ですね。すると戦後に撮った物なんですかね??
ここで式を挙げた人達は…
 ザッと見てから外に出ると修復中なのも相俟って外壁は横から見ても殺伐…。
殺伐…
 傍に在るユダヤ文化博物館(Muzeum Kultury Żydowskiej)もボロボロですな^^;
 でもこんなド田舎なのに衛星放送はしっかり有るのね。
博物館 
 さり気なくザメンホフの名(ZAMENHOFA)が入ったレリーフ。彼もユダヤ人ですしこの地とも縁が有るそうです。
ザメンホフの名が入ってる
 とゆーかここが博物館なのは中に入ってすぐに判りましたが、地元民の素朴な暮らしを展示してるのかと思ってたんですよ。この記事を書く為に正式名称を翻訳して漸くこれもユダヤ教絡みと知った次第。
 でも展示物は本当に素朴ですね。
素朴な展示物
 地元の人が故郷のさり気ない光景を描いた絵が幾つも飾られてます。ワルシャワの鉄道博物館でも感じたけど、ポーランド人の絵って暖かみが有って好感が持てるわ~。
暖かみの有る絵
 一番気になったのは薬局を再現した部屋ですが。ユダヤの白衣が活躍した部屋…。
薬局再現
 シナゴーグと博物館の向こうに馬の人が。観光用では無く個人的に飼ってるだけっぽい。
馬の人
 表通りに出る途中に在る清楚で可愛らしいヴィラ(リッチな別荘的宿泊施設)。
可愛い店が無いでも無い
 ああぼっちゃぁぁぁぁ~ん…Vv こうアピールしている所を見ると、バードウォッチャーには結構美味しい所なのかも。
ぼっちゃぁ~ん
 ヨーロッパでは夏鳥なので初夏だったら見られたかも…。
見たかった…
 前述した物とは別の周辺図。
周辺図
 シナゴーグからのルート。
シナゴーグからのルート
 正面に見えて来たのは三位一体教会@修復中。
ここが終点と思いきや…
 夜は会食が入ってるのでここでやる物かと思ったら、左に曲がって川を渡り始め…一体何処に行くんや?! ̄▽ ̄;
何処に連れて行かれるのか??
 (2)に続きます。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2216-acfed8d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB