FC2ブログ
のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


YC1系+マヤ34形
【2018/06/03 21:41】 乗り物関連
パッと見電車っぽいデザイン
 今日はJR九州の新型車両YC1形と、マヤ34形が走ると言うので写真撮りに行ってました。
 マヤ34形は以前鍋島駅でねっちり撮ったんでメインはYC1系の方。しかも何故か吉野ヶ里公園駅で1時間も停車すると言う。(後でマヤ34形もこの駅に30分位停まる事を知ったけど、流石に再度行く気にはなれず^^;)

 この車両はディーゼル車で有りながら蓄電池を搭載したハイブリッド車で、今回搬入されたばかりのピッカピカの新品です。主に大村線を走るので普段佐賀ではお目にかかれません。
 んで、吉野ヶ里公園駅に着くと、1番線(下り)に明らかに同じ考えの人達(笑)が10数人カメラを構えてます。この駅は3番線まで有るんでどこに停まるかは事前では不明でした。3番は上り用だし消去法で2番と見てたのですが…。
 こう言う時は鉄っちゃんの行動パターンを信じろって事で、跨線橋を渡って1番ホームに移動。DE10に牽かれてやって来たYC1系は…やっぱり2番に停まったやん(笑)^^; そもそも線路の雑草の生え方が違うから2番は普段使わないんでしょうな。
アナウンスで「通過」って…
 アナウンスで「列車が通過します」と言って「えー?」と思いましたが、旅客扱いしない列車って停まっても「通過」になるんでしたっけ? まあ2番線の端の方に停まったし通常はここまで車両は来ないんでしょう。
通過して行った…?
 まあ1時間停まるんだし1番線と2番線を行き来すれば良いのです。
 ここ何年かのJR九州の特徴なんでしょうが、随所にキャッチフレーズの「YASASIKUTE CHIKARAMOCHI(優しくて力持ち)」と書かれてます。
随所に「優しくて力持ち」

「優しくて力持ち」
 ♪気は優しくて力持ち…がんばれがんばれドカベン~や~まだた~ろう~。
優しくて力持ち2
 これが噂の蓄電池ですか。
これが噂の蓄電池
 川崎重工製を示す紙。
川崎重工製
 検査票が貼られたままで本当に搬入中なんだなと。
未だ搬入中
 その通りこの車両は未だ単独で走れる状態になっていません。窓ガラスやライトにはシールやテープが貼られているし…。
窓のシールを剥がしてない
 
ライトも未だテープ付
 内装は完成してるんでしょうけど何やら計器を置きっ放しです。
何やら計器を置いたまま
 旅客扱いしない為、窓ガラスにくっつかないと中を覗けません。しかも一部の窓は板か何か置いてて全く見えなかったし。
計器2
 何と無く上から目線でも撮ってみました(笑)。
何と無く上から撮ってみた
 あっと言う間に1時間経って列車は佐賀方面に向かって行きました。
時間ですよ
 何時か旅客扱いしている姿が見えたら宜しくね~。
じゃあね~
 それにしても最初10数人だった鉄っちゃんは、最終的に50人位に増えてた様ですが私以外全員男でした(笑)。

 マヤ34形は踏切で撮った程度なんであまり大したネタは有りません。ただ往き(上り)は普通にDE10が牽引していたのが…。
マヤ34形
 帰り(下り)はマヤ34形がDE10に挟まれた形…プッシュプルになってました。
マヤ34形プッシュプル
 この黒い塗装のDE10は元々「ななつぼし」牽引用ですが、2両しか無いと思ってた(ダンナ談)ら実は少なくとも3両有る事が判明。
 YC1系を牽いてたのは1207、マヤ34形は1206と1753でした。へぇ~。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2218-8136ac88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB