FC2ブログ
のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


シンガポール(3)~ジュロン・バードパーク2~
【2018/08/04 20:37】 鳥関係
 「WINGS OF ASIA」…つまりアジアの鳥のコーナー。出入り口前にこの様な看板が有ります。
 主に東南アジアの多彩且つ生存が脅かされている鳥達を集めたコーナーです。
アジアの希少鳥類のコーナー
 鳥の名前だけは日本語表記付です。
名前は日本語表記有
 …が、悪天候で中が暗過ぎて居るのかどうか判らない鳥も結構居ましてね… ̄З ̄; 居たけどろくな写真が撮れなかった物も多々。やはり何時かリベンジを果たさねばならんな!!
載ってる鳥が全部観られるとは限らない
 ミノバトとカンムリバトは他のコーナーでも見かけました。多分自家製でしょうけど繁殖させ易いんですかね?
ミノバト
 特にカンムリバトはあちこちに居たりして。
カンムリバト
 バリ島特産のカンムリシロムク。野生種は絶滅の危機に有りますが人工繁殖は上手く行った例です。
カンムリシロムク
 上野動物園で観た個体は元気なのかなぁ?
バリ島特産
 そうこうしている内にハイフライヤーショーの時間になりましたが、悪天候で開始が遅れる旨のアナウンスが入ります。日本語でも言ってくれる親切設計。
中々始まらない
 ボキャブラリー豊富なキエリボウシインコのお喋りショー。喋るだけでなく歌えます。
ボキャブラリー豊富
 インコやオウムがすぐ近くまで飛んで来るパフォーマンスも有りましたが、マトモな写真が撮れなかったので割愛。やはり悪天候で何時よりも短縮版になった様です。
 最後の方でフラミンゴの群れとペリカンがわらわら出て来るのはここならではかも。
ペリカンとフラミンゴも登場
 カワセミコーナーは話に聞いてた通り一寸目立ちません。そうか新幹線はカワセミのパクリか…(笑)。
カワセミコーナー
 ナンヨウショウビン。ここも悪天候で折角の美しいカワセミ達が暗くて良く見えず。
ナンヨウショウビン
 カンムリバトのコーナー(ROYAL RAMBLE)で営巣中のカンムリバトを観ていたら…。
カンムリバト営巣中
 1羽営業にいらっしゃいました(笑)。動物園って時々こう言う近寄って来る個体が居るよね(笑)。
カンムリバト営業中(笑)
 極楽鳥のコーナーは全く気配無!! 普通姿が見えなくても声はするとかガサガサ動いてるとか有るぢゃないですか。本当に居たのか?と首を傾げる位マジで気配無 ̄З ̄;
極楽鳥は全く気配無!!
 サイチョウ・オオハシのコーナー。外見は似ているけどサイチョウはブッポウソウ目で東南アジア・アフリカ南部・インドネシア・オセアニア(オーストラリアより北)に生息、オオハシはキツツキ目で中南米に生息しています。
 入口に剥製等々の標本が展示して有って一寸した資料館になってます。基本は自家製ではないかと。
サイチョウ・オオハシの標本
 オオサイチョウがごはん~♪
御飯~
 おいおいハッカチョウがご飯をピンハネしてますぜ? こいつ等シンガポールの随所に居るんですよ。そしてあつかましい ̄▽ ̄;
ハッカチョウに取られてますがな
 オニオオハシと「はっしー」。
おおはっしー
 オオサイチョウの時計。ここのキャラデザは日本人好みで良いですな。
オオサイチョウの時計
 ロリキート達の居るLORY LOFT。フードコートも併設されてるのでインコを見ながら食事も出来ます。
フードコートも併設
 色んなゴッシー(ゴシキセイガイインコ)も居るよ~。
色んなゴッシーが居るよ~
 色とりどりのインコ達がすぐ傍まで寄って来て餌を食べてくれます。
間近で餌を食べてくれます
 …が、オーストラリアの鳥は現地のフリーダムっぷりを知ってるので物足りませんねぇ…。マトモ過ぎて(笑)^^;
フリーダム感は薄い
 オオハナインコ。両側の緑が雄で真中の赤いのが雌です。つまりこの雌は雄2羽に言い寄られてるのです(笑)。向かって左の雄と出来ていた様ですが(笑)。
両手に華…?
 しかしやはりオーストラリアの鳥はオーストラリアで観るに限りますなぁ。
オーストラリアの鳥は本場に限る
 トキイロコンドル。この時は猛禽類(BIRDS OF PREY)のコーナーが改装中であまり観られず。
トキイロコンドル
 途中に在った飛べない絶滅鳥のコーナー。さり気なくドードーが混じってますが、人が居たのでドードーさんは記念写真を撮りませんでした。
ドードーが居る
 その先の資料館(BIRD DISCOVERY CENTRE)手前で観た物は!!
しそ君大喜び
 しそ君を連れて行った甲斐が有りました!!(笑)
襲っちゃうぞ~
 …と言う事で次回はBIRD DISCOVERY CENTRE。次の回で終わるかどうかは保証出来ません^^;

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2247-64d91b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB