FC2ブログ
のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


シンガポール(4)~ジュロン・バードパーク3~
【2018/08/08 00:05】 鳥関係
 BIRD DISCOVERY CENTRE…鳥の体の仕組みや人間との関わり等を学ぶ資料館です。
バードディスカバリーセンター
 入ったらいきなりエピオルニスの骨格標本~。
いきなりエピオルニス
 つぶらな瞳ですね(笑)。
つぶらな瞳
 これ前回ドードーと一緒に載っていたのと絵を反転させた物よね?…と思ったら、首の角度や羽毛の描き込みがビミョーに違う様な?? 単にパースが違うので違って見えるだけ? 描いた人は同じでしょうけど。
ビミョーに違う?
 文字の中には羽根や巣材や卵が入ってて何気に芸が細かいっす。
羽根が入ってる
 色んな鳥の風切り羽。何しろ数1000羽の鳥が居るのでかなりの資料は自前で揃うでしょう。
鳥の色んな羽根
 飛行機や新幹線の流線型は鳥のパクリ(笑)。
文明の利器は鳥のパクリ(笑)
 嘴の色々。ハシビロコウの剥製が奥に在るのは謎。ここには居なかった様な…?
色んな嘴
 色んな卵。但し現生鳥類最大のダチョウの卵は余所から入手した物では。
色んな卵
 エピオルニス(鳥類史上最大)・ダチョウ・ニワトリ・ハチドリの卵の大きさ比較。ダチョウの卵は大人が乗っても割れない位丈夫ですが、エピオルニスは何人か乗れそうですね。
最大~最小の卵
 羽毛で作った仮面。これ自体はとても美しいのですが、こう言う装飾品目当てに乱獲されて絶滅した鳥も居るので、素直に美しい~とは言えませんな。
加工品の一部
 ツルの仲間は屋外に居ますが元気そうとは言え風切り羽が切られていると萎えますな ̄▽ ̄; 飛んで行かない様にするには仕方無いんですけどね。
何か用?

風切り羽切られてるのは一寸萎えるね
 園内最大の禽舎・WATERFALL AVIARYに居る鳥達。
最大のバードケージ
 自然環境に近い環境で放し飼いされてます。フードコートも併設されてるので鳥を見ながら飲食出来ます。
かなり自然環境に合わせてます
 奥の方の滝も見所です。
滝も見所
 ライラックニシブッポウソウ。広過ぎて鳥が分散されてしまいあまり良い写真が撮れなかったので割愛。
ライラックニシブッポウソウ
 PARROT PARADISE。コンゴウインコを中心に大型インコが居るコーナーですが、ここの目玉はやはり青いコンゴウインコ。
青いコンゴウインコ
 何しろオブジェの類が全部青いので。
ここの目玉と思われる
 前にも言いましたが青いコンゴウインコはスミレコンゴウインコ(Hyacinth Macaw)、コスミレコンゴウインコ(Lear's Macaw)、アオコンゴウインコ(Spix's Macaw)、ウミアオコンゴウインコ(Glaucous Macaw)の4種居ますが、ウミアオコンゴウインコは既に絶滅しており、アオコンゴウインコは事実上野生絶滅種です。(一応2016年に発見されてます)
 ここではその現存する3種の青いコンゴウインコが居る貴重な所なのです。
4種の内1種は絶滅
 先ずはコスミレコンゴウインコから。
コスミレコンゴウインコ
 スミレコンゴウインコ。コンゴウインコ類最大種。スミレとコスミレは名前の通りパッと見良く似てます。サイズと顔付きが違う位。
スミレコンゴウインコ
 インコを見ていたら突然空を引き裂く様な音が何度も。空軍機が立て続けにスクランブルかけてました。全部で8機位飛んで行きましたが、かなりのスピードだったので撮れたのはこれ1枚のみ…。
突然スクランブル
 一番レアなアオコンゴウインコは何処~?
アオコンゴウインコは何処~?
 …上にぶら下がってた…。ここから動く気配が無かったのでマトモに見たとは言い切れませんね ̄▽ ̄;
ぶら下がってた…
 外に出てペリカン・コーヴ。つらつらと水辺を歩きながら鳥を観る事が出来ます。
ペリカン・コーヴ
 「ペリカン」と言いながらトキ類も混じってます。
トキも混ざってる
 その先に在るフラミンゴ・レイク。ハイフライヤーショーのペリカンやフラミンゴってここから定期的に連れて行ってるのか、或いは別部隊が居るのかどっちですかね? (ここと時々入れ替えてるとか?)
フラミンゴの群れ
 フラミンゴ・ロッジと言う名の観測小屋。宿泊も出来るらしいです。
泊まる事も出来るらしい
 シロハラクイナの雛と思いますが親鳥が何処にも居ません。しかしシンガポールのシロハラクイナは何故こんなに警戒心が無いんだ…(笑)^^;
親は何処よ?
 う~む…やはりここで終わらせたら端折り過ぎなのでもう1回行きます。後は孵化&リサーチセンター・猛禽類ショー・土産位ですね。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/2249-10cd9926
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB