のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


「ツヨシ」モテモテ≧▽≦ノシ
【2008/12/17 08:56】 生物全般
ホッキョクグマも婚活で大変?「釧路のツヨシ」争奪戦も

 釧路動物園の「ツヨシ」、おびひろ動物園の「ピリカ」は、北海道じゃらんで旭山動物園と合わせて特集していたので知っていましたが、「婿」入りしたはずが先日相次いでメスと判明した…と話題になりましたね。

 「今更ツヨコには出来ない」と関係者はボヤいていたけど、ホッキョグマの性別判定って難しい様で。(パンダの判り難さは定評が有る)

 そのツヨシが秋田の動物園から嫁としてラブコール送られて居る事は、メスと報道された直後に報道されましたが、更に他の動物園からも注目されているとか。現時点で未婚の若いメスは3頭しか居ないそうで、ツヨシはその貴重なメスだからもてても当然でしょうか。

 野生のホッキョクグマは地球温暖化の影響で絶滅が危惧されていますし、出来れば動物園の個体で増殖させたいのも思うでしょうからね。

 しかしあまりホッキョクグマの繁殖例を聞かない…と思って調べたら、日本で無事に繁殖出来るような環境を整えるのは難しく、育児放棄とかで無事に成獣になるのは1割程度との事。以前話題になった人工飼育のピースも親が育児放棄でしたっけ。(きょうだいは親に虐待された傷が元で死んでるし)
 数だけは結構生まれては居る様ですが生存率が極めて低いんですね。

ホッキョクグマ婚活「氷河期」 繁殖難しく輸入も減少

 仮にツヨシのお嫁先が決まっても、それで安泰とは言え無いんですよね。相性も有るし番にしておけば希少動物が増えるって訳では無いですから。一見モテモテのツヨシですが、結局人間の都合に振り回されるんだよなぁ…。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/675-5c80cb70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB