のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


オウル大学の凄い?!標本達(1)
【2008/12/27 23:42】 鳥関係
 何度も紹介してますがオウル大学附属博物館は、種類自体は北欧と言う制約のせいで南方よりは少ないけど、代わりにマニアックな標本が結構有ります。(私の趣味に合わせてくれた訳でも有るまいが、鳥ばかり目立っていた様な…?(笑))

 先ずはアルビノ個体のオンパレードから。

 白アマツバメ。
白アマツバメ
 白キタヤナギムシクイ。(ウグイスに近い渡り鳥で日本では迷鳥)
白キタヤナギムシクイ
 白シジュウカラ。
白シジュウカラ
 白カササギ。
白化カササギ
 白ズキンガラス。
白ズキンガラス
 …カササギとズキンガラスは原型を留めているけど他は良く判らんな(笑)^^; アマツバメなんてツバメと思ってしまいかねん。(注:アマツバメはアマツバメ目、ツバメはスズメ目で姿が似てるだけの全く別の鳥)

 海外に行くと結構鳥類図鑑を買う私ですが、フィンランド語版は流石に手を出しませんでした^^; 英語版のヨーロッパ鳥類図鑑(大英自然史博物館で買った)で間に合うし、学名さえ判れば何とかなるから。

 まあ念の為フィンランド語付きの名札を撮っておいた物も有りましたけど…。


 他に以前紹介した雛の成長過程の標本達。カモ類が結構目立ちます。流石に細かい種類までは把握出来ていません^^;

 カモ1。
雛成長過程標本
 カモ2。
雛成長過程カモ類2
 カモ3。
雛成長過程カモ類3

 他にライチョウも。(1枚に収まらなかったので2枚続き)
ライチョウ成長過程

 シギ類の雛達。流石に1種に絞っては無い様子だけど、日本ではシギの殆どが旅鳥か冬鳥だから雛の標本は貴重でしょうね。
シギ成長過程

 しかもフクロウまで!!
フクロウ成長過程

 徹底している種は卵からつぶさに成長過程の標本を展示しまくり!! 剥製の為にちょっと育っては殺していたんだろうか? ̄▽ ̄; それとも地道に集めた結果?? その執念には敬意を表するけど、それで犠牲になった動物達が不憫と思わなくも無いですなT∇T;
 大英自然史博物館でもここまでマニアックではなかったわい^^;

 だがしかし!! 真打は未だ登場していないのだ!!…と言いつつ、長くなったので次回に回します。29日から帰省するんで年内に更新出来るか何とも言えませんがね ̄▽ ̄;

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/682-8d5a716b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB