のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


カモカモ日米対決?!
【2009/03/12 08:02】 鳥関係
 北米で見た鳥のリストを作ろうと思ったんですが、モントリオールはバイオドームの飼育個体ばかりで、ちょっと反則な気がする今日この頃。オーストラリアは向こうの鳥だけだったのに対し、熱帯エリアは中南米の鳥ばかりでしたからねぇ ̄▽ ̄; サンフランシスコは全部野鳥だったけど、それだけ挙げてもなぁ。
 見た鳥全部の同定は済んでいますが、私でも馴染みの無い和名の鳥が非常に多くて、薀蓄を語れるか不安だし(笑)^^;、一般の人は勿論、かなり鳥に詳しい人でも意味不明だろうからなぁ ̄▽ ̄;

 …と言う訳で今回は和名に「アメリカ~」が付いている鳥の中で、日本の種類とかなり印象が違う物の比較をしてみます。まあ判り易い例を挙げると、カモ類に限定されてしまうんでタイトルに「カモカモ」と(笑)。

 
 先ずはオシドリ。生憎野生の物は見た事が無いので、上野動物園の個体で申し訳無い。
オシドリ♂♀

羽根の複雑なデザインが絶妙
 この鳥の上品な色彩は日本人の美意識に相応しいですね~´▽` 昔の人が好んで描いたのも納得。

 対するアメリカオシ@バイオドーム
アメリカオシ♂
 …ケバイ…-Д-; 姿は写真で知ってたけど、実物を見てもその考えは変わらず。なんつーか冠羽がナポレオンの兜を髣髴させます。如何にも欧米人向けの仕様かも。

 メスは日本産とあまり変わりは無いんですがね。
アメリカオシ♀

 
 次にヒドリガモ。この鳥はオシドリみたいな派手さは無いですが、オスの赤茶色の首と額の黄色のコントラストが、シンプルながら美しい鳥です。カモ類では一番好きだし。 
ヒドリガモ♂♀
 額の黄色はもっと鮮やかなんだけどな~^^;
額はもっと黄色い

 対するアメリカヒドリ。実は日本にも少数渡って来るそうです。
アメリカヒドリ♂
 うう~ん…頭の白いコガモっぽい感じ?^^; こちらもメスは日本産とあまり変わらず。(ろくな写真が無いので掲載不可^^;)

 因みにコガモはこんな鳥。この鳥も派手ですなぁ。日本各地の冬場に見られます。
コガモ♂
 余談ですが自分が鳥を見に行く某川には、このコガモが一番多いので正直有り難味が無いです^^;
 アメリカコガモはこれと良く似ていますね。ぶっちゃけ「アメリカ」が付こうが付くまいが、あまり差が無い鳥の方が多い様に感じます。ここに挙げた物は極端な例と言えるでしょう。

 しかしその極端な例で比較してみても、日本の鳥の方が配色が上品に感じますし、私はどちらも日本産の方が好きですが、アメリカでは評価が逆かも知れません。

 まあバードウォッチャーたる者、普段見られない鳥が見られたら、それだけで感激する物なんですよね。例えば日本では普通に居るヒヨドリは、海外の鳥好きの羨望の的らしいし、逆に欧米では有り難味も無いホシムクドリが日本では珍しがられますから。
 私も普段見られない鳥が沢山見られると幸せですし(^^ゞ 

 タイトルに「対決」と有りますが、本気で優劣を決める気は有りませんよ?^^; 念の為。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

>先ずはオシドリ。生憎野生の物は見た事が無いので

えええ! 鳥好きのPinさんにしては以外ですね。
自分は犀川ダム湖(現住所の近所、というか目の前)で、小さい頃に自動車越し(笑)にそれらしき鳥を見た事がありますが、果たしてオシドリだったのだろうか?

と思って調べてみたら、やっぱりオシドリがいるらしい。
http://www.valley.ne.jp/~ikusk000/kankou/kankou/park/mizutori_park.htm
ここは場所によっては道路が湖面に面しているので、自動車からでも水鳥が視認できるのです。
【2009/03/14 13:17】 URL | あるぺ☆ #- [ 編集]

居る所には居るんだけど
>あるぺさん
 野生のオシドリは警戒心が強いんで、観察したかったらそれなりの忍耐心が要る様です。県内西部に有名な飛来地が在って、帰省時に通るんだがダンナが一緒だから見る余裕が無いのさ^^; 

 警戒心が強い鳥って人間の姿には警戒するけど、車には案外平気らしいですよ。車の中で鳥が来るまでじっと待つんだとか。
 そう言えば警戒心が強いと聞いていた、マガンやナベヅル等も車から撮ったせいか平然としていたもんだ。住み着いているマナヅルはもう慣れっこですけどね(笑)。

 そちらの公園では普通に見られるんでしょうか? 望遠ではなく他の鳥に混じって近くでなら羨ましいっす。
【2009/03/14 19:30】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


>野生のオシドリは警戒心が強い

え~、そうなのか? 走っている車から他の水鳥と一緒に見たんだけど。小さい頃のおぼろげな記憶だからなぁ。とはいえマガモと間違えたとは思えんし。

上記のリンク先の写真、右手水面近くに真っ直ぐ伸びているのが道路で、走っている車からでも5~6m先の水面に水鳥が浮かんでいるのが分かります。自分が見たのもこういう所です。

>そちらの公園では普通に見られるんでしょうか?

リンク先の写真だと左手の桜が咲いている所が水鳥公園ですが、ここにはあまり行った事がないので何ともいえないです。他にも水鳥観察ポイントはありますが、どのみち双眼鏡とか望遠レンズは必須でしょう。
【2009/03/15 14:37】 URL | あるぺ☆ #- [ 編集]

車なら有り得る?
>あるぺさん
 オスの色は特徴的ですから先ず見間違いは無いとは思います。他のカモよりは元々山間部で見かける事が多い鳥ですから、ダム湖なら居てもおかしくないし。

 前回のレスに有る様に警戒心が強いと言っても、人間の姿が見えなければ案外平気ですからね。偶然数mの所に居る事も有るんでしょう。(人間が見える場合は20m位が限界らしい。)
 普通観察するなら望遠レンズは欠かせませんな。

 参考サイト(鳥取のオシドリの来る町)
http://ww5.enjoy.ne.jp/~oshidori/

 余談ですがイギリスのオシドリは飼育個体が逃げて野生化した物だそうです。
【2009/03/15 19:36】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/724-982ce9b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB