のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


北米探訪(4)~「地上の」地下街~
【2009/03/23 08:16】 海外旅行
 寒いカナダの中でも特に寒いモントリオール。1960年代の初めに市民が快適に移動出来る様に、市が大規模な都市計画を実行しました。それで出来たのが巨大地下街。(ここのピンクの部分参照
 
 全長33km、面積12km²(1200万m²)には世界最大級。(但し商業面積的にはトロントの方が上らしい)2つの鉄道駅、主な地下鉄駅、バスディーポ(バスセンター)に加え、会社・銀行・ホテル・大学・各種店舗&集合住宅…と、ここに入れば外に出ずに生活出来る位の規模を誇っています。

 学会の会場であるホテルもこの地下街と直結している為、場所の確認と周辺店舗の偵察を兼ねて、早速行って見ました。

 確かに中は非常に広いです…が、上の方が妙に明るい。
モントリオール地下街
 1階の噴水付近から見てもやはり明るい。
地下街1階から
 実はここの地下街、地下よりも寧ろ地上に在る部分の方が多いのです。普通地下街と言うと閉鎖的な印象が有りますが、ここは上階の窓から日光も入るし外も見える為、開放的な感じがします。流石世界的な地下街都市で有りますな。
 
 御自分で確かめたい方は散策ツアーをどうぞ。 


 因みに土産を買う時のアドバイス。空港は当てにならない(時間帯に因っては異常に混む為、早目に行っても買う暇が無い危険性が高い。経費削減で人手が足りないかどうか知らんが、あそこの客の捌けなさは天下一品だ(ノ# ̄□)ノ)ので、事前に街で買っておいた方が賢明です。
 土産屋は西側のMcGill駅から入って行くと最低3軒は見つかります。(東のPlace-des-Arts~Place D'Armes駅間にはこの手の店は無い模様)

 但し、如何にも観光客向けな物ばかりなので、もっと気の利いた物が欲しいと思う方は、地下街を出て個人経営の土産物屋を探してみましょう。中には非常に怪しい店も在りましたが^^; (妙に大人の玩具屋が目立つ街だし ̄▽ ̄;)
 ちょっと良いかも…と思ったのは、ボンスクール・マーケットから1つ入った通りの個人商店かな?

 
 次回、ここで食べた名物ファーストフードについて。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/732-6e1384da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB