のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


母への想い~シロクとお雪さん~
【2009/05/29 18:27】 ナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー
 表紙以外のほぼ全頁の下描きが上がって、取り敢えず枠線引き開始。

 今回は未だ初心者なので、下描き・枠線・フキダシ・基本的なペン入れはアナログ、後の仕上げはコミスタでやろうと思っています。セリフはテキストからコミスタに読み込んで貼るつもりなので、従来の手書きよりはずっと読み易くなる筈です^^;
 
 使いこなせればコミスタは強力なツールにはなり得ます。しかしそれに頼り切ってもいけないだろうなと思いますね。プロでもデジタルに切り替えた途端に、明らかに手抜きになった人が散見されますから。
 テキトーに鉛筆で描き殴った物をスキャンして、テキトーにトーン貼っても何となく奇麗に見えるもんね。それで上手くなるのを放棄して、同人レベルで商業誌に堂々と載ってるのを見る度に嘆きたくなりますよ ̄_ ̄;
 教訓:コミスタは使っても使われるな

 それはともかく既に文章メインの頁(目次や後書き等)に着手してますが、Wordの代わりにコミスタでやっとります。当然文章専用のWordとは勝手が色々と違うのは解っています。時間がかかり過ぎならWordに戻すつもりだったけど、何かなりそうだからまあ良いかと。たった3Pだし。
 出来れば拡張子はPSDに統一したくてね…と思う私は本来Photoshop派。

 さて、以前話したシロクとお雪さんの話。画像に有る様に冒頭を全く変えてみました。ピラルが何気無く言った言葉が、シロクのトラウマを刺激し…って話を進める為だ。スマンな~ピラル^^; でもこうでもしないとフォロル組の出番がろくに無いんだよ~^^;
母への想い 1P目下描き
 1コマ目のシロクのセリフは未定。それとなく専門的な用語を並べるつもりです。

 「こっそりマザー・シルの墓参りに来たシロク」に拘っていた事に比べると、話の流れは随分改善された様な気はします(当社比)(^^ゞ

 この話残り頁数から8P固定…のつもりが、ラストがどうしても詰め込み過ぎだったので、9P(+裏設定1P)に増やしました。おかげで後書きは1Pになりましたが、試しに打ってみたら1Pでも充分と判ったので無問題?!(笑)^^; 
 今回は『変なアヒル。』の時みたいに、解説がそこまで必要でないですからねぇ。

この記事に対するコメント
フォロル組
作業お疲れ様です!
「シロクとお雪さんの話し」の記事も読みましたが
難しいテーマですよね、言葉と心の動きなんでその表現がまた。
ピラルにしかできない仕事ですよ!
彼がこの役に一番相応しいという事で、俳優ピラル頑張った!
そしてフォロル組の活躍も増えた!(笑)
【2009/05/30 05:54】 URL | スミス #- [ 編集]

でもギラグールが目立ってる^^;
>スミスさん
 「悪気は無いけどつい失言しちゃった」ってのは、ピラルが適任なんですよね^^;

 前にも言った様にあのマザコンのシロクが母を失った(しかも裏切り者だった)にも関わらず、本編では全くスルーだったのが気になってまして。

 彼を支えられるのはあの時行動を共にした、お雪さんが一番では無いのかな~と。フォロル組は同族に裏切られたので、彼等がシロクを慰めるのはちょっと微妙と思うし。

 そしてマザコンの少年は大人になる~みたいな?(笑)
【2009/05/30 09:36】 URL | Pin #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/771-6db1fef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB