のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ドイツ旅行記(7)~ドイツ鉄道<その1>~
【2009/11/06 13:33】 海外旅行
 漸くドイツ話に戻れます。ネタが多過ぎな上に新刊の原稿も有るので、年内に終れば万々歳…かも^^;
東駅車両基地
 ドイツは鉄道ファンにはとても美味しい国です。(車ファンにも美味しいけど)日本よりも遥かに広大な土地に縦横無尽に張り巡らされた路線は、8万kmにも達するそうです。
 しかも主要都市にはSバーン(近郊列車)、Uバーン(地下鉄)、トラムがひしめき合い、全部乗ろうとしたら膨大な時間と資金を要するに違い有りません。

 ミュンヘン近郊だけでこの複雑な路線図!!(笑)

 その鉄道網の多くを牛耳るのはドイツ鉄道(DB)。凄いのはGoogleで単に「DB」と入れると真っ先にここが出てくる件。決してドラゴンボールでもデータベースでもない(笑)。

 1週間足らずの滞在で乗れたのはSバーン・Uバーン・トラムの一部と、ドレスデン~ミュンヘンの帰りだけでしたが、それでも延々と語ろうと思えば語れるだけのネタが有るのが恐ろしい(笑)^^;

 取り敢えずは基本的な乗り方について。切符は乗車前に券売機で買います。
券売機(ミュンヘン空港)
 これはミュンヘン空港駅の物ですが、大抵の駅には路線図が表示されてて、料金はゾーン1~4のゾーン制になっています。(一応英語表示も有)

 切符はこんな感じ。実物はもっと色鮮やかですが、如何せん蛍光カラーや金属テープを使っている為、スキャンするとどうしても地味に^^; (左:パートナー用1日券 中:片道切符 右:裏面)
DB切符(ほぼ実物大)
 観光であちこち回るなら CityTourCardと言う1日乗車券(3日用も有)がお勧め。ゾーン内のSバーン・Uバーン・トラム・バスが乗り放題な上に、主要施設の割引特典付きと言うお得な代物です。 

 面白いのは左のパートナー用 Partner。(Tageskarte:~日乗車券 Innenraum:中心地・圏内) これ大人5人(子供10人)までのグループに使えるんですが、実は2人分の切符を買うよりも安いんです(笑)。…つーか真ん中の空港までの切符よりも安いぢゃんか^^; CityTourCardのパートナーも有ります。

 でも切符を買ってすぐに乗車してはいけません。ホームの前に在るこんな機械に注目。
打刻機
 これは打刻機と言って乗車前に切符をこれに入れて、乗車日時を印字する機械です。ドイツでは改札が無い代わりに、これを通す事で初めて切符が有効になるのです。もし忘れて乗ってしまうと、抜き打ち検札で結構な罰金を取られる羽目に。

 大体ヨーロッパの長距離路線の駅は改札が無いみたいです。駅舎に入って行くと何時の間にかホームに辿り着くし。(写真はドレスデン中央駅)
気がついたらホームに
 私の知る限り日本程改札に煩い国は無いですね。海外では往きにチェックするのみか、改札自体が無い国の方が多いのでは。その代わり事前に行き先まで買っておくのが原則で、車内で乗り越し清算が認められない(=無賃乗車扱い)傾向が有る様に思います。

 欧米の他の国では少なくとも乗車の度にチェックしてましたが、ドイツのこのやり方だと結構無賃乗車する連中も居るのでは無いでしょうか? (まあ世の中は良くした物でそう言う時に限って見つかるんですけどね(笑)。)
 しかしハイテクな自動改札機を設置したり、駅員を配置する経費と比べると、多少無賃乗車が居ても恐らくこの方が合理的なんでしょうね。

 尚、電車の乗り方の詳細はこのサイトを御参照下さい。私も大いに参考にさせて戴きました(^^ゞ

 次回はDBの車両達(の極一部)を紹介する予定です。

 

この記事に対するコメント
食いつきました(笑)
こんばんは。
LRT大好きのredrumです。

ドイツは路面電車先進国と聞いていますが、普通の鉄道もなかなかですね。
トラムといえばフィンランドですが(笑)
トラムに限らずVRの旧型車両には打刻機が設置してありましたね。
大昔に初めてフィンランドでトラム乗ったときには、かなりまごつきました。

続編も楽しみにしております(鉄ネタ)♪
【2009/11/06 17:57】 URL | redrum #5fmHXfk. [ 編集]

おや、鉄の方でしたか(笑)
>redrumさん
 「鉄」分も有ったとは意外です(笑)。ドイツがこれ程の鉄道王国だったのには驚きましたよ。ドレスデンから帰る途中の地方都市にもトラムだの、DBに乗り入れてる近郊電車だの結構見ましたし。

 日本もトラムは見直そうとされていますが、ドイツの場合ひしめき合って狭苦しい印象も^^;

 ヘルシンキでもトラムの打刻機の写真も撮りましたが、こっちの方が新しいですね。(確か地下鉄にも有った様な。)個人的には電停名のスェーデン語との違いっぷりを楽しんでました。
 今回も乗って来たので、また取り上げるつもりです。その時は絡んでくださいね~(笑)。

 取り敢えずドイツの鉄ネタは3回位を予定しています。実は3回目?のネタが一番書きたかったり(笑)(^^ゞ
【2009/11/06 19:38】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


こんばんは☆
コメントさせていただくの、とってもお久しぶりです。
最近は遊びに来るあまりできていなかったので
久しぶりに沢山の記事を読んで楽しませていただきました♪

ドイツが鉄道王国とは知りませんでした!(@□@)
車のイメージばかり持っていたので。
利用の仕方も日本とはずいぶん違うので驚きです。
ミュンヘンの鉄道地図、もんのすごいですね!(笑)

それからチャグチャグ馬コですか?
華やかな馬具で飾られた馬の立派なこと!
もともと大きくて立派な馬だけに、装飾に全然負けていませんね。
良い写真を見させていただきました。

あと、新刊も描かれているのだとか(^ ^)
Pinさんの精力的な創作活動には本当に驚かされていますし、
とても良い刺激をいただいております。
またぜひ買わせてくださいね♪
それでは。
【2009/11/08 23:02】 URL | moi #- [ 編集]

就職おめでとう~>▽</
>moiさん
 お久し振りのコメント有難うございます。さっきそちらにコメントして来ましたが、相変わらず御多忙ながらも、充実した日々を送っていらっしゃいますね。

 ドイツには有名な車メーカーが沢山在るんで、どうしてもそちらのイメージが強いですが、実際行く事になって鉄道の多彩さに驚きましたよ。その気になれば本が何冊も書けるんではないですかね?(笑)

>チャグチャグ馬コ
 元々岩手の祭りで装備一式借りてやったのですが、2頭共(帯広市嘱託職員として各地で広報活動中)似合ってましたよ。

 新刊は未だ構想段階です^^; 或る程度のネタは出来ているのですが、一通り思いつかないと執筆にかかれない性分で、GDネタが未だに固まってなくて難航しております。
 冬コミに間に合うのか結構焦ってたりしてTДT;

 ドイツはドイツでネタが多くて、原稿とどちらを優先させるか悩み所…。膨大なネタをどう要約するか手腕が問われます^^;
【2009/11/09 00:55】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/859-4a0e46b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB