のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ドイツ旅行記(12)~城っす@ニンフェンブルク城<その3>~
【2009/12/18 00:04】 海外旅行
 城っすシリーズ最終回は馬車(うまや)博物館 Marstall Museumについて語ります。
馬車(うまや)博物館
 この博物館は城っすの向かって左側に隣接してまして、バイエルン王国の豪華絢爛な馬車や馬具、絵画等が多く展示されており、特にルードヴィッヒIIにまつわる物が多いです。

 さて、中に入ってみると中央のホールで馬の大群がお出迎えしてくれます。
ざっと10頭以上で馬車曳いてる
 全部白馬なので見た目は美しいけど、基本的に皆年寄りと言う事だな^^;

 ふと出入り口の方を振り返ると「がら」が!!
バイエルンの「がら」登場!!
 「がら」は馬車や橇を曳く時のベルト等を引っ掛ける為に、馬の肩に装着する馬具の事です。(使用例:ばんえい競馬)
「がら」と関係する馬具の説明
 この「がら」も良く見ると結構凝ってるんだけど、流石王国は何かとお金を掛け捲ってますね^^; サイズの大きい物はばん馬(の原型)でしょうか。

 馬関係の肖像画やミニチュアも沢山展示されております。これなんて牛馬一体で畑耕してますよ。
ばん馬と牛が揃って牽引
 
 さてここの最大の見所は馬車なんですが…。
豪華絢爛と言うよりケバケバしい

どれだけ制作費を注ぎ込んだのやら…
 ケバイわっ!!^^; 金ピカ過ぎて正直あまり趣味の良いデザインとは思えん ̄▽ ̄;

 メリーゴーランドまで有るのかよ!! 故マイケル=ジャクソンのネバーランドかっ!!^^;
メリーゴーランドまで有ったとは
 但し王国末期にはこの様にかなり質素になった様ですよ。かえってこの方が高貴と思うけどね。
王国末期にはかなり質素な造りに

 因みにこの肖像画にはルードヴィッヒIIが乗っておりますが、馬車のデザインに注目。
ルードヴィッヒIIの乗った馬車
 実はこれが現物なのです。この他にも彼が乗った馬車が幾つも有ります。
肖像画に描かれている馬車現物
 このルードヴィッヒIIは波乱万丈な運命を辿ってて、これはこれで興味深いので機会が有ったらまた。

 因みに2階は王家御用達の陶磁器博物館も兼ねており、これらの陶磁器を制作したニンフェンブルク陶磁器製作所は、王国亡き現在も同じ場所で稼動しております。
陶器博物館の展示の一部
 この食卓なんて上品且つ温かみが有って良いなぁ…´▽`
温かみと上品さが有って良いですね´▽`

 以上かなり割愛しましたが、ここで一旦ミュンヘンを離れ、次回からドレスデンを取り上げます。一応今後の予定。(あくまでも予定。年内に終る保証無)
ドレスデン:市内の主な観光地/日本宮殿に絶望した!!(鳥関係カテゴリ)/世界遺産から剥奪された街
ミュンヘン残り:ドイツ博物館(2回予定?)
ヘルシンキ:3回程度? 前に取り上げられなかった分のフォロー中心
 

 当初はオリンピック公園も予定してましたが、如何せん公園をうろついて鳥に喜んでいた印象が強いし、スタジアム等施設内部には入ってない上に、もう行ってから3ヶ月以上経ってて、年内に終らないかも知れないから今回は見送ります。

 しかし余所の旅行記見ると結構簡便なのが多いですな。私もサクッと済ませれば楽なんだろうけど、個人的に余所で見れば解る様な記事は書きたくなくってね ̄▽ ̄; 少ない滞在期間と言う制限の有る中、極力余所には無いニッチな視点で書こうと思ってるのさ。(勿論余所様を参考にする事は多々有るが)
 そのせいで一旦海外旅行記を書くと、散々割愛しても毎度毎度3~4ヶ月は要すと言う。

 来年3月下旬予定の台北は滞在期間が正味3日?で、観光地はあまり回れそうに無いから、これこそ簡便に済ませられると良いが ̄▽ ̄; それでなくても3月下旬は多忙だし。



この記事に対するコメント
美でしたね!
ドイツ旅行の写真凄かったです!
天井画とか花鳥画とかお城、馬車とか豪華でたまりませんでした!!
もう細かくて美しいとしか・・・!本物を見たらもっと圧倒されるのかなぁ~と妄想してました(笑)
毎週観ている美術系の番組があるのですがそれにも負けないくらいオイシイ写真がいっぱいあって凄く楽しかったです♪
ドイツを満喫した気分になりました有り難うございます☆
【2009/12/18 07:05】 URL | スミス #- [ 編集]

目の保養になりました>▽</
>スミスさん
 お楽しみ戴けて良かったです(^^ゞ

 あまり期待せずに行ったドイツでしたが、想像以上にネタの宝庫で、特に王国関連の展示の豊富さには驚きました。この後紹介予定のドレスデンも、展示物は見られなかったけど建物だけでも圧巻でしたよ!!

 しかしこんな豪華な展示に感動する反面、バイエルン王国の衰退も見えちゃってちょっと切なかったりT∇T;
 金ピカ馬車から一転して黒っぽい質素な作りになった所にも哀愁が…。
【2009/12/18 10:25】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/879-a7d3bf9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB