のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


ドイツ旅行記(15)~ドイツ博物館~
【2009/12/29 10:05】 海外旅行
ドイツ博物館(そのまんま(笑))
 実にそのまんまなネーミングですが、ドイツ博物館はイザール川の辺に在る、ドイツのテクノロジーの集大成となる巨大科学博物館であります。
 通路は全長17km!!も及ぶそうで、全部観て回るには1日は優に要する広大さです。…それを2時間で回ったけど(笑)。自然史博物館の一般展示のショボさと対照的だぜ!!

 航空機の豊富な実物展示(特に軍用機が凄い!!)もお勧めだけど、個人的に推奨したいのは鉱山Miningのセクション。一度入ったら中々出られない、色んな鉱山の内部構造を歴史に沿ってこれでもか!!と再現。閉所恐怖症には勧められないけど、ちょっとした探検気分が味わえるぞ?!(笑)

 先ずは初期の製鉄所がお出迎え。
初期の製鉄所
 この後地下に潜入開始だ!! インディージョーンズのテーマでも歌いながら降りて行こう(笑)。暗いから足元には気をつけてな!!
さあ探検開始だ!!(笑)
 鉄鉱石?のトロッコです。
トロッコ…芥川龍之介(笑)
 鉱山内の機関車展示も豊富。知られざる鉄道ここに在り。 
鉱山内の機関車
 こちらは塩山。山梨県の地名では有りません(笑)。オーストリアにザルツブルクって町が有るけど、ズバリ「塩山」の意味です。
これは塩山
 ブレッツェルの岩塩はこうやって採集されていたのか~。

 …等とこれでもか!!と色んな鉱山体験をして、漸く地上に上がると嗚呼…太陽(灯り)が眩しい…(笑)。さて、次なる目玉は航空機の展示。ミリタリーオタ必見だ!!

 あ、メッサーシュミット。(上Me163 下Me262)気分はわが青春のアルカディアだ。
おっメッサーシュミット!!
 これはBf109。最早ミリオタと松本零士ファンの領域だぜ!!
メッサーシュミットBf109
 V1も有るでよ。
本物のV1
 …と思ったらこっちはV2です。
本物のV2
 上から見下ろしたV2。
V2上から
 他にもドイツ空軍輸送機・ユンカースJu 52/3mとか。
ドイツ空軍輸送機 ユンカースJu 52/3m
 三葉機・フォッカーDr.I。第一次大戦で使用された戦闘機です。
フォッカーDr.I
 …いかん…このまま載せていたら戦闘機だけで終ってしまう^^;と言う位、これでもか!!と展示されております。

 これは本物のUボート。でか過ぎて1枚に収まりきれん^^;
本物のUボート
 後、何故か一部日本の物も展示されていまして、凧が異彩を放っておりました。
何故か日本の凧も有る
 何で福助?!(笑)
何故福助?(笑)

 その他シーメンスの電力制御機器だの、船舶や水利システムだの、宇宙船の模型だのありとあらゆるテクノロジーが集結しておりますが長くなるから割愛。ただ鉄道部門は車両が工事中で、ジオラマ+αしか無かったのがちょっと不満 ̄З ̄;

 しかしミュンヘンに行く機会が有れば、理系嗜好の人は行って損はさせません。特にミリオタは一度入ったら中々出て来れない事請け合いです(笑)。
 私の場合イザール川のオシドリも楽しめたし♪


 取り敢えずドイツネタはここで終わりにします。余裕が有る時に気が向いたらまた紹介するでしょう。次回ミュンヘンからヘルシンキに向かう所で年を越しそう^^;



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://noyonoyo.blog98.fc2.com/tb.php/885-df055b1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB