のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


次元航海31話&ガンフロンティア最終回感想
【2017/03/25 10:48】 ハーロック@松本零士
 もっと早く書きたかったけど帯広の余波+αで手が回らず。しかも今回リアル店舗で買ったら1冊しか無かった上に付録が抜けていたと言うね。ただ今回の付録は正直要りませんがね…。

【次元航海】 
 ブリュッセルの「マスタークラス」の影響で今回僅か16P…。これまでの減頁が22Pだったんで最短記録更新しました。マスタークラスに関しては二代目のブログに詳細が載ってるので気になる方は御覧下さい。(その1から完結編まで全15話!! 読み応え有り)
 
 美少年持ってミーメを探すドクター。クロージングファクトリーって要は被服室ですか。原作でも全員お揃いの服を作ろうと言う話はありましたが、結局投げっ放しになりましたね(苦笑)。ここでこれを入れるって事はちゃんと伏線回収する気は有り?
 しかし次元航海のマスさんは怖さが半端無いですな^^; 何でこんなに殺気に満ちてるの? ̄▽ ̄;

 減頁では有りますがミーメにスポットが当たったのは嬉しい。ただ本作のミーメは大人し過ぎるのがねぇ…。もっと愉快な所も見せて欲しい物です。酒の相手をしようとしたら警報が鳴って去って行くシーンが幽霊の様だよ… ̄▽ ̄;
 トリさんに比べ相変わらずデフォルメしまくりのミーくん。自分の体よりも大きい丼の酒を飲んじゃうの?(笑) そしてワーワーも酒飲めたのね。

 警報の原因ですがマゾーンでは無く銀河鉄道の車両が急速接近しているとの事。…これはさよなら999の幽霊列車!!
 するといよいよ次回ハーロックとファウストとの対峙な訳ですな!!

【ガンフロンティア】
 未だ序盤なのに謎の最終回。
 これまで原作通りに進めていたのが最終回と言う事も有って、1話飛ばして『メガネのバッファロー』のリメイク。『聖バーボンタウンの血闘』で終わらせるよりも、シヌノラや組織の目的がハッキリする回なのでこちらを選んで正解でしょう。
 
 尺の都合とは言え馬肉で大儲けしたであろうお肉屋さんが、マライネンの射撃の的になるシーンが無かったのは何と無く嬉しい。

 しかしアクメータの卑劣&小物ぶりは原作を上回ってますね。原作はもう少し同情すべき面も有ったんですが、こちらは死んでザマーミロみたいな。島崎版は敵が同情の余地無い小物化する傾向が有る様な?

 アクメータはシヌノラが倒しましたが、マライネンと弟はトチローが倒したんですよね? ハーロックのカッコつけたコマは一体何の意味が(笑)。最初ハーロックがマライネンを撃ったのかと思ったけどあんた何もしてないのでは(笑)。

 悪党が3人居て馬も3頭で丁度良かったですね。ラストは各々馬に乗って颯爽と旅立って行くシーン。トチローは足が届くのか疑問ですが(体格が良くなってる様な(笑))、とにかく3人の旅は終わらないのです。
 …と言うか話が全然終わってないのですが!! まるで打ち切り?!と言わんばかりのこの扱いは一体何なんですか!!

 島崎先生のブログによると「決して人気が無いゆえの打ち切りではなく、むしろ雑誌人気アンケートでは常に上位をキープしてきました。」そうですし、実際次元航海よりもこちらの方が好きだった方も散見されます。
 
 人気が有ったのに「連載開始時に出版社と交わした決定事項」だったと言うのは不可解ですね。元々短期集中連載だったのなら予めその旨明記すべきと思いますが、実質連載に近い『幼虫さん』その他のショート枠が読み切り扱いな雑誌ですからねぇ…。
 ただ島崎先生は描く気満々でしょうし、単行本が売れれば再開の可能性は無きにしも非ず…?

 単行本は次元航海6巻と同時発売…は想定済でしたが、『ハーロック&トチロー 単行本未収録作品集』まで同時発売とは。
 ただこの本だけ異常に高いのは何故でしょう。付録版に載ってない分をカラー頁含め完全収録したり、サイズが大きいのならこの値段も解らんではないですが。



 それに今回まんだらけ限定版は出るんですかね? これまで原作の表紙を意識したアレンジしてましたが、原作が5巻までですから元ネタが無い訳で…。

 何れにせよもっと詳細が判明するまで保留ですな…買うけど(笑)。

零コレ2017への道(3)
【2017/03/18 19:34】 ハーロック@松本零士
 リメイクの2作が大体上がったので漸く完全新作の3つ目に着手。
 因みに1作目の新旧比較(途中経過)。
新旧比較1
 この後ミーメの主線や背景を弄った分を抜粋。拡大すると宇宙が未だ雑なのでもう少し手を加えるつもりです。
抜粋1
 2作目はパッと見あまり変わりないですが実は細々弄ってます。(途中経過)
新旧比較2
 こちらは微修正以外はあまり弄らない方が良いかも。
抜粋2
 …さて、本命のつもりだった3作目のラフの1つ。これで誰が誰か判りますかねぇ(笑)。
3作目ラフ初期案
 但しこれ、アナログで結構ラフを描いていて、相談した上で其々の絵を合成したレイアウト見本。
レイアウト見本
 んで今はこの見本をベースに未だデジタルのラフ段階。
 今までペン入れ&ベタ→コミスタ、彩色&仕上げ→Photoshopでやってましたが、この絵は試験的にクリスタで描いてます。
一応こんな感じで
 コミスタEXユーザーは無償でクリスタProが貰えたんですが、通知が来た2012年6月に一応ダウンロードしたまま放置してたんですよね。
 仲間がクリスタ使ってると聞いて、「折角だから使ってみるかな?でも何年も放置していたからもう無効かも…」と思ったら、フツーに今でも使えました。ログインが超久し振りだったんでパスワードやプロダクトキーの場所を忘れてましたけど(笑)^^;

 それで試しに描いているとUpdateの通知が来たんで処理したら、何故かProからEXにVer.Upしてました。ん?ただで貰えるのはProだけでは無かったんすか?
 クリスタPro製品版を買った仲間はProのままらしいんですが…? 元がコミスタEXの製品版だったから?
 だとしたら儲け~>▽</なんですが、何時まで使えるのか少々不安なんで本格的に乗り換えるつもりは今の所有りません。

 多分無償なのはソフトと素材少々なだけで、大半は公式サイトから有償で買えと言う事かも知れません。
 クリスタProが6~7000円、EXは25000円位したと思いますが、48000円のコミスタEX持ってるからってこの大盤振る舞いは一体何故なんだぜ? ̄▽ ̄;

ベルギーに嶋星先生登場
【2017/03/14 20:20】 ハーロック@松本零士
 Kanaと言う日本の漫画のフランス語版を出版している会社が、ベルギーのブリュッセルで3/9~3/13にイベントを開催し、3/11に嶋星先生がいらっしゃったとの事。
 「Master Class」と言う交流会?で、嶋星先生が目の前で実際に絵を描いてみせたり、生原稿を披露したり、今後の展開や裏話紹介・質疑応答に加え、抽選でサイン&記念写真…と言う、中々充実した内容だった様です。

 この嶋星先生は長い間謎の存在でした。2年前の零士Futureの直前に次元航海の1巻が発売されて、現地でサイン本を売った際に御本人が居たにも関わらず顔出ししなかったらしくて。
 当時の絵柄がかなり耽美入っていた事も有り、実は女性では…と思ってましたがフツーに男性でした。(しかも左利きなのね)

 この辺のレポートは実際に参加した方が詳細を書かれています。
 零士ニュースさん(松本作品の情報を発信しているフランスのファン)の御友人でも有り、15時の回に一緒に参加された様です。
(この回のみかと思ったら17時からも有って零士ニュースさんはそちらも参加された模様)
 因みにリビエラ@二代目は零士ニュースさんと仲良くて、日本と海外の零士情報の架け橋となっとります。…凄いな、二代目…。

 訳がカオスなので正確な状況は解りませんが幾つか抜粋してみましょう。

【原文】
· Avant de s’occuper de Capitaine Albator Dimension Voyage , Kouiti Shimaboshi a été assistant de Katsura Masakazu (Zetman, Vidéo Girl Aï) et de Tetsuya Saruwatari (Free Fight New Tough) et qu’il a obtenu la série Capitaine Albator Dimension Voyage via un concours interne au Magazine Champion Red de l’éditeur Akita Shoten.

· Que Leiji Matsumoto supervise l’histoire et intervient beaucoup dans la validation des planches et demande régulièrement des modifications à Kouiti Shimabosh.

· Que Kouiti Shimaboshi a moins la certitude que la série continuera jusqu’à la fin de l’arc des Sylvidres (une excellente nouvelle !) et qu’il est prêt à travailler sur Albator et le Leijiverse jusqu’à sa mort si on le lui demande!

· Ou encore qu’il ignorait totalement l’impact d’Albator en francophonie avant sa venue et que ça le perturbe un peu cette notoriété (ma question ^^)

・桂正和先生と猿渡哲也先生の元アシ
・次元航海連載までの経緯
・松本先生はストーリーの監修はもとより、設定やチェック等もかなり介入し、定期的に嶋星先生に指示している
・今後の展開等々
 次元航海がマゾーン編終了まで続く場合、嶋星先生は死ぬまでハーロックと運命を共にする宣言(?)
・フランスでのハーロック人気を嶋星先生は御存じ無かったらしい
 
【補足】
*次元航海日本未発表(次号掲載分?)生原稿披露
*基本的な原稿はアナログの人らしい
*参加者30名の内、サインは抽選で20名(絵付12名 サインのみ8名)


 レポ主の感想抜粋してみましたが…。
「私には凄く解っている。私は陶酔していた」とか「クリスマスの朝を待つ5歳の子供のように興奮!」「帰宅途中、私は胸が一杯、思い出が一杯」「私はこの魔法の日を忘れる事は無い」「嶋星先生がいらっしゃったらまた会いに行きたい」等々、レポートされた方の興奮度合いが伝わって来ます。(訳がカオスなので意訳してます)

 日本のファンよりもフランスのファンの方が熱心だろうとは思っていましたが、こんなにストレート且つ情熱的に感動を言えるのって、或る意味清々しくて羨ましいですよね。

 それにしても日本では正体不明だった嶋星先生の色んな情報が、ブリュッセルで解禁されたのは意外でした。

 ところで訳がカオスで「嶋星光壱」を人名として認識出来ない様で、「島本幸市」「コイティ島本」「島内コイチ」「シマボシ・コイティ」「シマボシ・コイチ」とバラバラなのは何故なんだぜ? ̄▽ ̄; Twitterでは「清徳 Shimahoshi」とかになってたし…。

 尚、次回のREDは3/17~21不在に付き21日に帰ってからリアル店舗で購入予定、次々回はマンチェスターと日程が被る為、感想は遅れる見込みです。
 しかも次回何故かガンフロ最終回…。

 もう1つ、今日は旧TV版ハーロック放映開始記念日です。
 幾つになっても私にとってハーロックは永遠の男っすよ!!
#1放映開始記念
 そしてミーメは永遠の嫁!!
ミーメは永遠の嫁

零コレ2017への道(2)
【2017/03/07 12:40】 ハーロック@松本零士
 1枚目のペン入れが大体済んだので2枚目の修正に着手。
 元の絵のペン入れ&ベタの段階がこう。
旧Ver.
 それをこう修正。
修正Ver.
 旧Ver.は視線が合ってないのが気になってましてねぇ…。
旧ペン入れ途中
 んでハーロックの顔の向きを変えたけど未だ合ってない ̄▽ ̄;
やはり視線が…
 一旦これでペン入れ終了。
一旦ペン入れ
 更に視線を変えてほぼ完成。後は微修正したら着色に入ります。
更に修正
 関係無いけど丁度仲間の1人がデジタル初心者だった為、二代目と一緒にレイヤーについて説明した時の絵。
レイヤー説明用
 実は普段Photoshop5.5で塗ってるんですが、既に動作保証対象外で直接印刷が出来なくなってまして、資料の印刷用にCS6を開いていた為、何時もよりも表記に高級感が出ています(笑)。

 さ~ていよいよ本命の完全描き下ろしに入りますかね。ただコミスタでやるかクリスタでやるか未だ決めてません。
 前述の2人がクリスタだから本当は合わせた方が相談し易いんでしょうが使い慣れた方が…^^;

零コレ2017への道
【2017/03/03 19:03】 ハーロック@松本零士
 完全描き下ろしの本命作品はキャラのポーズが中々決まらず、ここ数日「このやるせないモヤモヤ」状態が続いておりましてな。
 漸くそちらの構想が固まったので加筆修正分を先に着手。もう少し線を修正しますが1作目は大体こんな所かな?
線画修正版
 再掲しますが元はこんな絵でした。
元の絵
 2枚並べた後で二代目に「元の絵のここが違和感有ったけど修正版で直ってる」と言われました。
ここが違和感と指摘された
 成程…襟の向きもだけど修正前は視線はミーメの方向いてないし、ドクロマークが何と無く歪んでるんですよね^^;
主にこの辺を弄った
 まあ線画は概ねこれで行くとして問題はタイトルが決まってない事^^; 元々『次元航海1巻発売記念』とか『自給自足結婚祝い』言ってましたからね。
 便宜上『信頼』にしてますが何か気の利いたタイトルは無い物か…。

 んで今2枚目を修正中です。こちらは『まどろみの時II』でほぼ確定。
修正中
 修正前はこんな状態。…あのさぁ~何で昔の絵はハーロックがミーメを見つめていないのよ?! ̄З ̄;
修正前
 ついでに修正前のペン入れ+べ手を入れた状態の全身図。こうして見ると下半身に比べて上半身が細過ぎますねぇ ̄▽ ̄; 何で気づかなかったんや…。
修正前ペン入れ中
 いやこの2枚はどちらも元々自分用の絵だったし、時間が無くて突貫で描いた部分も有るから手抜きと言えば手抜きなんですが、比較すると色々粗が出て来ますな-Д-;

 自分のハーロックはここの所絵は変わってないと思ってましたが、比べてみると2年前の「修正前」はやや顔が幼くて頭も大きく見えるし腕や胴体も華奢な感じ。
 更に顔の向きとか肩の繋がりとか細々気になる箇所が少なくないですね。 

 その辺がきちんと直せたなら自分の絵は未だ上達の余地が有ったと言う事になりますわな ̄▽ ̄;

縮小マジック
【2017/02/26 00:36】 ハーロック@松本零士
 『The松本零士ファンコレ2017』(今気づいたけど名前縮まったのね)に向けて細々着手中です。
 私は二代目みたいに「天辺獲る!!」的な烏滸がましい考えは持って無い(せめて大きく掲載はされて欲しいが…)のと、これまでの経験から力入れた物に限って評価が低い事を痛感している為、3枚中2枚は既存のハロミメ絵を加筆修正して出そうと思ってます。(残る1枚は完全新作、しかも普段描かないキャラばかりですが未だ発表の段階では有りません)

 候補に挙がってるのはこの2枚。『自給自足誕生祝2015』は元々怒涛の海外遠征の合間に描いた事も有り、出来に不満が有った為ペン入れからかなり直す必要が有ったとは自覚していました。
こっちの方が要修正と思ったんだがなぁ
 対するこちらの『自給自足結婚記念祝い2015』(自己流Ver.)は次元航海絵を意識したVer.よりも作画が楽だった事も有り、先ずはこちらを多少修正して色塗ればOKと思っていた訳ですよ。
割とイケる様には見えたが…
 二代目に「コスモドラグーンの向きを逆にした方が良い」と言われ早速その作業に取り掛かりました。
銃の向きを変える様言われた
 しかし拡大すると思ったよりも雑だったのです∑( ̄□ ̄Ⅲ;)
拡大すると雑過ぎた
 如何せん修正するにも元絵にベタを入れてしまって居た為、現在ベタを消して線画にしている所ですが、線がガタガタになるんでいっそ最初からペン入れし直すべきでは…と思いかけてますTДT;
ベタを消している途中
 そもそも単なる修正だけでなくハーロックの顔の向きや表情も修正の余地有り過ぎでした…。
 いや~縮小すると上手く見えるってのは本当ですね~ ̄▽ ̄;


「烏滸がましい」が読めずに今調べましたwおこがましい二代目です。
【2017/02/26 10:52】 URL | リビエラ@二代目 #- [ 編集]
謙虚謙虚
>二代目
 どうもっ謙虚な初代です(笑)。
 しかしササッと仕上げるつもりが予想以上に手こずってるのは確か ̄▽ ̄;
【2017/02/26 20:43】 URL | Pin@管理人 #j3GclXO2 [ 編集]

次元航海30話&ガンフロンティア5話感想
【2017/02/20 21:09】 ハーロック@松本零士
【次元航海】
 コスモグラフ記憶器発見の回。ヤッタランが「お宝」に血湧き肉躍るのは実に彼らしい。何故機関長の頭にくっ付いていたのかは謎ですが、見落としそうな小ささなのにアルカディア号のコンピューターがパンクする程の凄まじい情報量なのは原作と同じですね。
 これはこの後デスシャドウ島分析回が来るんでしょうが、アンタレスガニにミーメが挟まれてハーロックが慌てて…なんてやってくれそうにも有りません。

 何しろ記憶器発見にミーメの出番が無かった位ですからね ̄З ̄; 尤もハーロックですらこの場に居なかったのですが。

 そのハーロックは仕事サボって中枢大コンピューター室で妄想思い出に耽っておりました。コンピューターのデザインが旧TV版準拠なのは何気に嬉しいですね。原作では『宇宙海賊』内ですらコロコロ変わってるし、デジタル化してからは段々ゴテゴテし出してあまり好きになれませんでしたから。

 しかし「遺伝子記憶の回想」だの「何世代前の記憶」だの、特に記憶分析器にかけなくても思い出せるんかい。 (トチロー@コンピューターが再現してくれたのかも知れませんが)
 『マシンナー・バン』とか『ネアンデルタール』等々、先祖代々の記憶が受け継がれる設定は読みきりで何度か見てますが、ハーロックにそう言う超人設定は付けて欲しく無かったです。 
 単なる先祖から自動的に引き継がれるのではなく真田一族同様、クローンに代々の記憶を移植するパターンだったとしても…。

 トチローとの最初の出会いは燦~天河無限~』、或いはアニメ版ガンフロを意識してるんでしょうか。サムライなトチローは違和感無し。寧ろ正に「海賊」スタイルなハーロックが何だか新鮮(笑)。
 あ~でもガンフロもリンクさせちゃうんだ~。今はカッコつけてる次元ハーもあちらの世界では女好きなのか…^^;
 とは言え今回は貴重なハロミメ回として評価しておきますかね(笑)。

【ガンフロンティア】
 先月号から掲載位置が下がって来たと思ったら早くも巻末とは。〆にかかってる『ワンスモア・エイジ』より転落が半端無い。

 う~ん…今の所ほぼ原作通り進んでいて展開に意外性があまり無いんですよねぇ…。おっさんな次元ハーよりも若々しいガンフロハーの方が好きと言ってる人も居るんですが、単行本1巻分貯まるか否かでこの位置はかなりヤバいのでは?

 しかし遂にハーロックとシヌノラがやっちゃう回か…^^; 原作読んだ時ショックで一旦本閉じたもんですが、こちらはイマイチエロくないんですよねぇ。これを次元ハー絵で描いた方が生々しくて正直キツイと思います^^;

 摩耶にいきなり大声で話しかけるなトチロー。原作に比べると島崎版は全体的に「騒々しい」んですよね。原作通りだとリメイクの意味が無いしアレンジするのは良いんですが、ただでさえ詰め込み気味なので余計に気になるんですよ。
 
 原作ではヘデルノヤ敵討ちで摩耶に接近したのに、何故こちらでは妻にしてやろうとしたら拒否られたと言う、実にみみっちい理由に変えたんですかね?
 イエロークリークと絡めるなら原作の理由で良かったのに。

 でもこちらの摩耶は仲間とはぐれて孤独だったんだね…。 




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB