のよのよ in Zの悲劇?!
鳥全般・海外旅行・ばんえい競馬・アニメ&漫画etc.…ニッチな情報提供も目指します。

最近の記事 ×

プロフィール ×

Pin

Author:Pin
出身:福岡県。長年住んだ出雲から佐賀へ移住の白衣好き主婦。
趣味:同人活動ではハーロックに原点回帰。(他にナノセイバー・恐竜惑星・ジーンダイバー)、ばんえい競馬、鳥関係全般、(科学者用)白衣等々。海外に行った時は旅行ネタ多目。


カテゴリー ×

月別アーカイブ ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

FC2カウンター ×

カレンダー ×
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


松本零士 in 有田陶器市
【2018/05/03 10:44】 ハーロック@松本零士
 5/2に行われた有田陶器市の目玉企画・松本零士トークショーに行って来ました。ぶっちゃけ翌日から帰省第二部とか、翌週からシンガポールとか、悪天候とか、色々無理しましたが無理しただけの甲斐は有りました>▽</

 有田駅に到着した時「15時30分からご当地グルメ会場にて松本零士先生のトークショーが…」と連呼してましたよ。
 原画展は日本各地でやってますが、有田での開催は初めてな上に有田焼とコラボはこれまで無かったですからね。
 会場入り口に有る看板。正面から撮りたかったに思いっ切りトラックが邪魔してたので、斜めから撮った物を画像修正してます。
入り口に有る看板
 作品展示は有田町東出張所2階の特設会場で5日まで開催中。
作品展示は2階
 …ただ会場は結構狭いです。10~12㎡位?…ぶっちゃけ我家の方が未だ広いかと^^;
 目玉の皿が大中小合わせて13枚、壁の版画&原画が20点程度と、知ってる範囲で最も小さな会場です。
 この画像はサガテレビの『かちかちPress』からですが、皿の配置が違ってたので別の日に撮った物の様です。
部屋は結構狭い
 ハーロックは最近描かれた物にしてはかなり良い方なので、価格が折り合えば一寸欲しいと思いましたが…。
ハーロックは最近の作にしてはカッコいい方
 大(直径30㎝):270000円 中(26㎝):216000円 小(22㎝):162000円(消費税込)…は正直買えん!!^^;
 製作元が地元で最大手の香蘭社、更に松本先生直筆の一点物だから適正価格なのかも知れませんが ̄▽ ̄;
 この様に先生がこの絵を描かれている証明写真と直筆サイン色紙も付いて来ますからね。
先生が描いてる写真と色紙付
 見た限りでは皿13枚中 メーテル:大2 中2 小1  沖田艦長:大2  ハーロック:大1  おいどん:大1  エメラルダス:中1 小1 ミーくん:中1 巻き毛のロン:中1と言う配分で、皿を含め全体的にメーテルが多くハーロック少な目でした。
 メーテルは複数成約済みなのに貴重なハーロック皿が売れてなかったのは何故…。
ハーロックは売れて無かった…
 カラー書画が最も高くて486000円だったのですが、横に貼って有った広告(「先生の傘寿をお祝いして限定5枚で受け付けます」云々)の見本よりも現物のハーロックが酷くて、仮にハーロック皿買っても展示見本並のクオリティが維持されたかどうか…-Д-;
直筆故のクオリティ…
 狭い部屋で粘るのは限界が有るのでトークショー会場に移動。「ご当地グルメ会場」は広場の仮設テントで、しかも結構な雨が降ってましてね…。
 椅子は約45席用意して有りましたが、後ろの飲食スペースから見ていた人も居たので全部で60~70人位? 多く見積もっても100人は居なかったかと。
会場は仮設テント
 …さて作品展示及びトークショーは「撮影禁止」のアナウンス。3月開催の帯広では「撮影OK」と聞いてた為、やっぱりかよ…と思ったのに、トークショーが終わりサイン会になった途端、皆写真を撮り捲ってたと言う(笑)。
 特に注意が無かったのを良い事に便乗して私も松本先生撮り捲りました(笑)。(ただ零士Futureその他のイベントでは、撮影OKの所が多い様だからここが特殊なのでは。美術品の撮影禁止は解るけど…。)
松本先生執筆中
 色紙1発目はおいどん。
1枚目はおいどん
 この方とお連れさんはインタビュー受けててTVに映ってました。
この方と連れはインタビュー受けていた
 生ハーロックだ!!
生ハーロックだ!!
 生ハーロック完成版。
生ハーロック2
 トチローの眼鏡がおいどんとゴッチャに…^^; (名前出ちゃってますが宣伝になるから良いかな?)
トチローがおいどんとゴッチャに…
 松本先生、インタビュー中。
先生、インタビュー中
 TVではこうなってました。
TVではこうなった
 この有田焼企画は嬉しかったそうです。
結構嬉しかったとの事
 最後はメーテルのライブドローイング公開。
ライブドローイング中
 完成版。
メーテル完成版
 いや~「撮影禁止」と言われた時は残念と思ったけど、最後は想像以上の大盤振る舞いでした(笑)。色紙描いて戴いた方も希望者全員に写真撮らせてくれましたし会場は和気藹々ムード。
 2年前に佐賀玉屋でやった時は、スタッフが散々「撮影禁止」と注意してたし、赤の他人に自分の色紙の写真撮らせてくれる人も居なかったんで、こちらの方が遥かに収穫が有りましたね。
 色紙は先着25名の筈が椅子は15名分、実際に描いて貰ったのは12人で定員割れ?と思いましたが、「初日に東京や大阪から来て購入したのに当日来れなかった」と言う方が結構居たそうです。そりゃただでさえ平日なのに雨降ってたもんなぁ…。

 ところで『かちかちPress』でこのニュースを再度取り上げてたんですが、この佐賀大名誉教授の新井先生は日本宇宙少年団の武雄分団長で、理事長の松本先生とは何度かお会いしているそうです。
先生と面識が有った
 お互い九州出身となれば世間が狭くもなりましょう。
世間は狭いねぇ
 それにしても松本先生は御年80歳になられても、相変わらず良い意味で少年の心を失わないお方だと改めて実感しました。
 これが若さの秘訣かも知れませんね。

松本零士公式FCの驚くべき話
【2018/04/22 12:22】 ハーロック@松本零士
 前回意味深なコメントを残しましたが、名ばかりの「公式」FCで信じられない事実が発覚しました。

 未だ現代表の反応が無くて決着はついてないのですが、リビエラ@二代目が事の詳細を本人のブログに書いてますので、取り敢えず該当記事のリンクを貼っておきます。

 第403話 最後の聖戦 再演

 第404話 最後の聖戦・四

 第405話 最後の聖戦・五

 二代目も私もとっくに脱会しているので、この件については本来口を出す筋合いは有りません。
 しかし「松本零士公式」を名乗りながら、やってる事は先生や会員に対する裏切りとしか思えない位酷い有様です。

 その仕打ちに対する怒りは隠せませんが…本当は被害者である現会員が「こんひろし氏」に直接苦情を言うべきではないでしょうか。

 【忙しい方の為にザックリ解説】

 2014年 7月? 
       松本零士公式FC発足
       しかし年3冊発行される筈の会報が遅れに遅れた上に、遅延に関する告知もろくに無く、問合せにすら応じない事態頻発
 2015年 8月 
       松本先生が「会報2号遅延のお詫びに会員全員に色紙を描く」と言う動画がYouTubeにUPされる
       しかしスタッフはこの動画をデマ問題にすり替え、居るかどうかも解らない「デマ犯人」捜しに躍起

 2015年 12月
       遅れ捲った会報3号が届くも「色紙」同封されず、それに対する告知も更新期限の告知も全く無
 2016年 1月
       色紙が別送で届くも海外会員に対しては更に対応が遅れ捲り
 2016年 2月末
       第二期更新期限が来るも、これまでの仕打ちに多くの会員が愛想を尽かし脱会
       (最大公称200人の会員の内、残ったのは数10人だったと思われる)
 2016年 4月
       FC第二期開始に伴い代表がこんひろし氏から、発起人の1人であるM氏に交代
       「1年に4回出す」と宣言した会報は現時点で2冊しか出ていない
 2017年 12月
       零士Futureにて、こん氏が会報遅延に対するお詫びと「最新号は2018年4月に発行する」と発言
       しかし参加してなかった殆どの会員には何の告知も無
       更に2018年4月末現在、最新号が出る気配は全く無

 2018年 4月(ここ数日)
       『松本零士インフィニティ』と言う謎のサイトが発足。この代表はFC二代目代表のM氏であった
       リビエラ@二代目がM氏にFCの件を問い合わせると、何とM氏は2年前にFCを去っていた事が発覚
       *恐らく会報4号が出た2016年夏には既に辞めていたと思われる
        
        しかも別の発起人・T氏もFCとは縁が切れていた事が発覚

        両氏とも既にFCに対する権限は無くなっていた物の、二代目には丁寧な回答が有り、結局現FC代表はこん氏で有る事が判明

        二代目がFBのFC垢にコメント←今ここ

 
 この辺りの経緯をTwitterで見ていた現会員の中に怒りを露わにする者が現れ、一部はFCのFacebookに問合せした様だが現時点でこん氏の反応は無。

 …まあとにかく「反応無」「連絡無」「告知無」の連発なんですよ、この名ばかりの「公式」FCは。

 会報が遅れるにせよ会員にきちんと事情を話してさえいれば、こんなにヘイト溜め込む事も無かった訳で。
 「元会員」の二代目や私がとっくに部外者で有りながら、未だにこの問題に触れざるを得ないのは、ひとえに「公式FCの癖に松本先生に恥をかかせ続けているから」に他なりません。

 公式サイトが閉鎖されてるので正確な文章は思い出せませんが、「松本先生の活動を支援」とか言いながら、会報発行遅延のお詫びに先生に色紙を書かせ、しかも実態不明のデマ犯人探しのダシにするとは何処まで恥知らずなんですか。

 ぶっちゃけこんひろし氏がどうなろうが知った事では無いですが(自業自得)、松本先生や会員達に迷惑をかけ続け、しかも知らんぷりする様な輩は許せません。

 但し、何度も言う様に私達は「元会員=部外者」ですので、この件に関する問題提起や援護射撃はしても、実際に動くべきは被害者である「現会員」なのです。
 
 …それにしても今回の事件の発端となった「インフィニティ」を始め、松本零士関係は胡散臭い事業が後を絶ちませんな~ ̄▽ ̄;
 明らかに別人が描いてるのに「松本零士描き下ろし」を謳う商売が、私は大っ嫌いです。 (その意味ではインフィニティも信用出来ない)

999第2話&次元航海43話感想
【2018/04/21 16:19】 ハーロック@松本零士
 【999】
 今回はセンターカラー。1話の表紙よりも絵的にはこちらの方が良いかな。ただメーテルのカラーが現時点で顔のUPばかりなのは一寸単調。
センターカラー
 街の復興がほぼ完了したと主張して回るボルカザンダ。何だかフツーですね~次元航海ではすっげーキャラ立ってたんで物足りない(笑)。
 まあ復興が完了したのは富裕層居住地区だけで、貧民層居住区は廃墟状態なんですけどね。
同一人物とは思えん(笑)
 機械化人にも色んな人がいると語る鉄郎。とても映画で機械化人皆殺しを宣言した人物には見えません(苦笑)。
 そもそも「機械化人=悪」と決めつける方が短絡的なのです。人工臓器や義手義足も一種の「機械化」ですし、生まれつき体が弱かったり病気や事故で体を欠損した人が、それらで機能を補う事を否定するなら、彼等に生きる権利は無いと言ってるも同然ですからね。
 真に倒すべきは機械伯爵の様に「遊びで生身の人間を殺す」連中で有って、大半の庶民は体の作りが違うだけで心は生身の人間と変わらないのです。
とても映画であんな事言ったとは思えん
 ミライが寂しげに見つめる様子に気づく事も無くメーテルとの思い出に浸る鉄郎。…嗚呼青春の幻影。
青春の幻影
 我に返った所に夜森先生に見られ、照れ隠しも兼ねて至急必要な部品を取りに向かう鉄郎。しかし途中で日が暮れてしまい、辺りは機械化人との抗戦で廃墟化したままの真っ暗な地域。
 そこに鉄郎を狙うエネルギー弾が!! (バイクが壊れた様だけどこの後部品を取りに行けたんですかね?)
 犯人達は機械化人に家族や仲間を殺され、鉄郎は機械化人の手助けをする「裏切り者」と思っている連中でした。
 鉄郎はフルボッコにされつつも必死に否定しますが、奴らには偽善者としか思えません。
蟠りは深く…
 鉄郎、絶体絶命!!…と思った所にエメラルダスが颯爽と登場。主人公は簡単には死なないのです(笑)。
颯爽と登場
 エメラルダスが鉄郎を助けたのはずっと監視していた…もとい(笑)メーテルが消滅したから。
メーテルは何処に?
 行方の知れないメーテルを「呼び寄せられる」のは鉄郎しか居ない。999に乗れば必ずメーテルと巡り合うと。
 しかし松本作品って「運命」「宿命」と言う言葉良く出るよねぇ(笑)。
運命最強伝説
 夜森先生に事情を話し都合良く明日の朝に発車する(笑)999に乗る事を決意した鉄郎。
 旅立ちの時、ミライがミーくんを連れて見送りに来てくれました。…車掌さん何だか子供っぽくなってない?
車掌さん子供になった?!
 鉄郎への仄かな想いを滲ませ別れを言うミライ。いよいよ発車時間になり鉄郎はミーくんを彼女に預けるのですが、ミーくんがミライの手を振り切り必死で999を追って来る形相が凄い^^;
必死の形相
 このままではミーくんが可哀想…と思った所に突然現れるクレアさん。何故「まんが肉」なんだ(笑)。
まんが肉…(笑)
 まんが肉のおかげで何とか999に乗り込めたミーくん。感動のシーンなんだろうけどギャグとしか思えない ̄▽ ̄;
ギャグなの?
 クレアさん復活もしミーくんを無理矢理引き離さずに済んだのも嬉しい。…でも無賃乗車なんですよねぇ。999には切符かパスが無いと乗れない鉄の規律が…。
 なのに何故クレアさんに言いくるめられてOKになるのよ?(笑) 銀河鉄道管理局も甘くなったもんだ(笑)。
銀河鉄道管理局も甘くなったな
 そうしている内に999は宇宙へ…。さあメーテルを探す旅の始まりだ!!

 ここで場面は宇宙に移るかと思ったら、ラストで「──しかし暗黒の闇は容赦なく地球に近付きつつあったのだ」と来たもんだ。
 この「暗黒の闇」はダークィンの事でしょうが、エターナル編みたいに「太陽系毎消滅」をやる気ですか? 

 【次元航海】
 原作終盤の展開まで来て終わりそうな雰囲気がひしひしと…。
 「我らに後退の二文字は無い」と言クレオと、「民は戦いに倦み始めている」と言うテシウス。アニメのテシウスは民を連れて脱走し、クレオを通して死ぬキャラでしたが本作ではどうなるんでしょうね。
 ところで何故クレオは目を閉じたままなんですか? ミーメみたいに力を開放する時のみ目を開ける設定なんですか?
何故か目を瞑ったままのクレオ
 テシウスと描き分けるつもりでも、この様に2人共目を閉じたら紛らわしいんですけど。
まあ確かにそっくりではあるけど
 そこにラフレシアのお言葉が。民の苦悩を思い「試練」を終わらす為には、「苦難=ハーロック」との決着を着けねばならない。
 イメージシーンは完全にリブートのキービジュアルですなぁ。次元航海が賛否両論のリブートのリベンジだと改めて思いますな。
丸でリブートだね
 ハーロックを「戦士」と認め自ら打って出ると言いだすラフレシア。決戦の時は近い。
直接対決とな?!
 最後に脱がされるかどうかは保証しませんが(笑)。
脱がされた(笑)
 一方アルカディア号でも最終決戦が近い事をひしひしと感じてます。
最終決戦…
 ところでこのコマを最初に見た時、「何故プレゼントBOXが置いて有るの?」と思ってしまいましたよ(笑)。魔地機関長とヤッタランなんですがこのアングルでモブだと結び目がまるでリボン…^^;
プレゼントかと思った^^;
 ヘビーメルダーのトチローの墓のシーン。遂に墓参り来るー!! 原作では最終回にやったシーンですよ!!
墓参り来るー!!
 何処かの部屋(装甲室??)で静香と話すゼロ。彼女の正体はゼロには見抜かれてました。
ゼロは見抜いていた
 嘗てのゼロなら静香の正体を見抜いた途端に葬り去ったでしょう。しかしハーロックに出会いまゆと触れ合う事で、新たな感情が芽生え「まゆ至上主義」になったゼロはそんな事しません。
めっちゃダイバーゼロ
 …「愛」じゃないかな…?(笑)
愛…じゃないかな?
 旅立つアルカディア号の寂寥感半端無い。
マジで終わりそうな雰囲気
 キリタもハーロックを認めましたからね。
キリタも認めたか
 とにかく今回「もうすぐ終わりそうな雰囲気」がビンビンしています。全9巻だとしたら残り2回で終了して島崎版999に引き渡す事になるのでは…。

 しかしここで本当に終わったら原作に無い要素を盛り込み捲った癖に原作以上に放り投げる事になりませんか?
 「原作がここで終わってるから次元航海も終わり」なら、他の松本作品との整合性を図らずに「ハーロック」の話だけやるべきです。
 打ち切りなら仕方無いですが本気で風呂敷を畳むつもりなら、「マゾーン編は終わるけどここから原作では描かれなかった新たな話が始まる」…かも??
 次回はセンターカラーですし判断はその展開次第ですねぇ。
次回センターカラー



 ところで気の早い話だけど島崎版999のまんだらけ限定版って出るんでしょうか? 次元航海は元々秋田書店だから旧サンデーコミックスの装丁にニヤリと出来ますが、少年画報社→小学館の999ではそのお遊びがやり難くそう。
 ただ次元航海だけ出して999は出さないってのも不公平だし一応出す気は有るのではないかと。

 後、ガンフロの時から思ってましたが島崎版って原作よりも子供っぽく見えませんか? 次元航海と纏めて読むと特にそう感じます。
 最初は少年誌掲載でしたし主人公も少年だから、ハーロックより「子供向け」になってもおかしくは無いんですが、原作では少年誌だから子供っぽいとは思えなかったので。
 鉄郎があまり似てないのも一因ですかね。ガンフロと違いコピペは殆ど無いんですが、カッチリ描き過ぎて絵が固い印象受けますし。
 …まあ好みの問題と言われたらそれまでですが。

次元航海8巻修正箇所
【2018/04/17 21:50】 ハーロック@松本零士
 零コレは戦アルも一応描く予定ですが次のREDが届く前に恒例の修正箇所。修正しているか否か微妙な部分は割愛してます。
 こうして付箋を貼ってみると意外と修正している様な。
こうして見ると結構修正してる?
 【36話】
 ハーロックの顔を翳りの有る表情から目を描く様に。
36話修正1
 螢とジョジベルの決闘。螢のUPから倒れるジョジベルを支える為駆け寄るシーンに変更。
 UPだけだと何やってるのか解り難かったんでこの方が良いかも。
36話修正2
 捕らわれの台羽。汗を消しただけかと思ったら妙に顔が綺麗になってる(笑)。
36話修正3

36話修正3UP
 雑誌では鍵が抜けるだけでしたが壊れて抜ける様に変更。
36話修正4
 【37話】
 修正箇所では無いんですがラフレシアのガタイが妙に良いっすね(笑)。次元航海のキャラは下半身ががっしりする傾向が有りますが、これは一寸体格良過ぎませんかね?
ガタイが良い(笑)
 椅子の上で立ってる様にしか見えなかったハーロックの前に窓の部分追加。机に見えたのは窓枠だったよと。
 以前ツッコんだ甲斐が有りましたかね?(笑) アシさんがここを確実に見てるので嶋星先生にも幾らか話が行ってるでしょうし(笑)。
ツッコんだ甲斐が有った?(笑)
 キリタの距離感修正。雑誌分では大き過ぎるとの判断か?
距離感修正
 【38話】
 2頁に渡ってコマ割りを修正。雑誌では「いや」の絵が次頁に使われてましたが、ボルカザンダのUPを強調する為に前に持って来た?
2P分修正1

2P分修正2
 静香の切り裂かれた服の修正。
服を破いた
 ヘルマザリアの言葉に怯える効果を追加。
怯える所追加
 【39話】
 零次元無限電磁バリヤーの所でオケアノス(よね?)を追加。丸い部分の大きさが違って見えますが、デジカメで撮って補正しているせいで実際は変わりません。
オケアノス加筆
 睨みつける目線から目を閉じるファウストに修正。静かな怒りを表現?
目を閉じた
 ボルカザンダをビビらせる効果追加と一部背景描き足し。
効果を追加
 腕が逆だったので描き直したのでしょうけど、ぶっちゃけ前の方が可愛かったですね。
前の方が可愛かった
 【40話】
 ボルカザンダと台羽の距離感修正。雑誌分よりも遠くなってます。
距離感修正2
 投げたソファの向き修正。
ソファの向き修正
 台羽の汗を消しただけ…と思ったら、代わりにコスモドラグーンのトーン追加。
台羽の汗とトーン修正
 コスモドラグーンの向き修正。まゆを助けた時同様、手が逆になってた為描き直したんでしょう。
コスモドラグーンの向き修正
 今回零コレが手こずった事も有りすげー疲れたのでクレームはなるべくお控え下さい^^;

零コレ2018への道(3)
【2018/04/16 11:37】 ハーロック@松本零士
 散々苦労したセクサロイド4、先程漸く投稿!! これ以上弄ってたら何時まで経っても終わらないんで最終稿としました。
 メイキングその他諸々はまた何時か。
セクサロイド4
 因みに「全般」枠は激戦…と言うよりも他の2つの資料が少な過ぎて描き様が無い為、或る意味「捨て枠」なんですが普通にハーロック投稿しても面白くないんで、「加工」の方で差別化を図りました。
スクラッチ風ハーロック
 これも実はかなりのVer.違いが有りまして、どれがもっとも映える配色か散々悩みましたが、レインボーグラデ+細々加筆修正にしました。
 …レインボーグラデのみだといかにもデジタルっつーか平板になりますからね。
普通にグラデのみ
 さ~て最後の戦アルは資料も殆ど無い事だし、時間も押しまくってるんでサクッと行きたいもんですねぇ ̄▽ ̄;

零コレ2018への道(2)
【2018/04/13 10:03】 ハーロック@松本零士
 現在本命のセクサロイド4の作業が難航している為、ブログを更新する暇も無ければ録画を編集する暇も無く…TДT;
 シンガポールの準備もせにゃならんのに、一旦彩色に入ってから仲間のリテイクが入り更に難航しております-Д-;
 これは昨夜仲間のアドバイスを元に修正中の物ですが、ここから細々弄るので大分印象は変わる筈。
リテイク中
 2年前の『蜃気樓綺譚』も相当リテイク出したけど、キャラが多い分今回の方がリテイクが多く、メイキングしようとしたら膨大な数からのチョイスが大変そうです ̄▽ ̄;

 しかし見る方は一瞬だからこうして「苦労してる」と言わないと気付かないでしょうねぇ…^^;

 それと配色は初期設定のカラー絵を参考にしてますが、なるべく原作に忠実にと思いカラー絵から色を吸い出して塗ったら、元の色が淡過ぎてやたら白いのが困りもんです ̄▽ ̄;
白過ぎる…
 初期設定と決定稿が変わるのは当然としてもジェームズ変わり過ぎ(笑)^^; 今の所初期設定のままで描いてますが変えた方が良いんですかね? 顔も違えば服装?も違いますし。決定稿に少し寄せつつアレンジしますかねぇ…。
ジェームズ変わり過ぎ(笑)
 私は装甲服含め全体的に初期設定の方が好きなんだよぅ~。

フランスで私の絵が話題に?!^^;補足
【2018/04/10 11:33】 ハーロック@松本零士
 前回「フランスで松本先生が描いた事になっていた私の絵」についての補足。
 私の描いた絵は初回零コレに出したこれ。
自分が描いた絵
 但しこの絵は松本先生のこれを参考にアレンジした訳で…。
松本先生の元絵
 初めて見たのはクリアファイルBOOKでしたけどね。
松本先生の絵

 一応「上の方に大きな海賊旗が描かれている」「ハーロックとトチローが居る」「背景が青っぽい」と言う共通点は有るので、良く知らない人が画像検索で適当に選んだら、これになる可能性が全く無いでは有りません。
 それでも素人の絵を「松本先生作」と堂々と載せたままのフランスのサイトの担当者の目は節穴としか思えませんが。

 話は変わって有田陶器市で5/2に松本先生がいらっしゃるそうで。行こうと思えば行けますけど主催者が「あそこ」と言う時点であまり気が乗らないんですよねぇ。 
 マイセンの元ネタになったと言う点では、有田焼や伊万里焼は自慢出来る佐賀県の特産ですが、陶器自体あまり興味が無いと言うか、見ている分には良いけど置き場所や保管に困る(割れ物だし)為、好き好んで買いに行く習慣が無い物で。 
 場所が有田駅から一寸離れている様だし行った事無い為、本当に行くかどうかは未だ決めかねてます。

 ところでこの主催者のイベントは「(表看板以外)撮影禁止」の筈なのに、4/8に帯広に先生が来た時の写真をUPする人が散見されたのが気になってます。
 当日「撮影可能」だったのなら良いんですが、これまで観に行った所では散々撮影禁止言ってたので意外ですな。
 もし有田でも撮影可能ならここで紹介するかも知れません。(行くとは言ってない)
 *少なくとも帯広では「撮影可能」だったらしいです。

 尚、昨日漸く次元航海まんだらけ限定版が届きました。通常版発売から半月以上経過している事も有り、今更加筆修正部分をのせても需要有るまいと思ったら、二代目に「他に感想書く人が居ないから需要しか無い」と言われました(笑)^^;

 始まったばかりの頃はブログで感想言ってる人も居ましたが、今はTwitterかAmazonレビュー位しか見かけません。
 マジでコンスタントにネタ絵も含めて(笑)次元航海の感想書いてるの私だけの様です ̄▽ ̄;
 
 但し来週は次のRED発売ですし、比較画像はその感想と合わせて(記事は分けるだろうけど)書く事にしますかね。
 来月のシンガポールの準備やポーランド旅行記IVも残ってるんで、こればかりに時間は割けません。
 「遅くなっても良いから読みたい」と言う方だけ宜しくお願いします。






サイドメニュー ×
メニューA  メニューB